2016年世界におけるモバイル広告市場規模が、パソコン向けオンライン広告市場規模を上回ったとベトナムで報じられました。そこでベトナムのオンライン広告市場について調べてみました。

世界のオンライン広告においてPCとモバイルが逆転

eMarketer社によると世界のモバイル広告の成長率は、2016年20.3%と2015年19%よりも加速し、結果モバイル広告収入は、1,090億ドルとオンライン広告全体の55%を占めてパソコン向け広告市場を初めて上回りました。同様に世界のインターネットアクセスもモバイル経由でのアクセスがパソコンからのアクセスを上回ったと報じており、インターネットアクセスにおいてモバイルが51.2%、デスクトップが48.7%となりました。

記事内では、Appota社のレポートを基に2016年ベトナムのオンライン広告市場についても述べております。ベトナムのオンライン広告市場規模は、4億ドルでその内モバイル広告は2億ドル、モバイル広告は年35%の勢いで成長中と紹介しています。世界で20%なのでそれよりも成長しています。

ベトナムオンライン広告、ECサイトや不動産、保険会社などを目にすることが多い

しかしながら広告収入は、他のモバイル広告が高成長している国と同じ水準ではなくeCPM(1,000回あたり)の広告収入は0.3ドル、アメリカの4ドル、シンガポールの2ドルに比べても非常に低い水準でしかありません。

eCPMは、インプレッション課金(表示回数ベースでの課金)では無い広告を表示回数ベースに換算した指標であるため、ベトナムでは広告が表示されても実際にクリックや登録といったアクションにまで結びついてはいない様です。結果ベトナムは世界のインターネットユーザー数の上位20ヵ国にランクインしており4,000万台のスマートフォンがあるものの、ベトナムのモバイル広告による収入は、世界の一般的なレベルを下回ることになると報じられています。

ベトナムのモバイル広告で全画面広告や動画を使った広告例

ちなみに同じ記事でNewzoo gaming market research companyによると2016年のベトナムにおけるモバイルゲーム市場は、3,500万ドル(最も早く成長している東南アジアで5位)、今年は2倍の7,000万ドルになる見込みとあり、こちらも急に伸びているようです。

ベトナムのモバイル広告市場も急拡大

そこでAppota社のサイトからより詳しいデータを調べてみました。ベトナムのモバイル広告が、ベトナムのインターネット広告全体または、ベトナムのメディア広告(TV等も含む)に占める割合は以下の通りです。

モバイル広告 / インターネット広告
2014年:29.9%
2015年:46.2%
2016年:57.4%
2017年:64.4%
2018年:68.2%

ちょうど2016年に過半数を超え、ベトナムではオンライン広告の6割弱がモバイル広告となっている様子がわかります。

モバイル広告 / メディア広告全体
2014年:8.7%
2015年:15.6%
2016年:22.2%
2017年:27.8%
2018年:32.1%

2016年のモバイル広告の市場規模が2億ドルであるのなら、ベトナムのメディア広告全体の市場規模は約9億ドルと考えることができます。

ベトナムにおけるモバイルゲームの宣伝について


ベトナムではモバイルゲーム(スマホアプリゲーム)の宣伝にあたってどのようにFacebook広告を活用しているのかでは、
・ゲームアプリのインストール 51%
・エンゲージメント※ 24%
・WEBサイトへのクリック 13%
・WEBサイトへのコンバージョン 6%
・ビデオの表示 3%
※いいね!(Like!)、コメント、シェア、クリックなど

とあり、モバイルアプリアプリのインストールを促す形で使われていることがわかります。またモバイルゲームの宣伝にあたって各種指標においては、

CPM(Cost Per Mille、1,000回表示あたりの費用)1~2ドル
CPC(Cost Per Click、1クリックあたりの費用)  0.03~0.1ドル
CPI(Cost Per Install、1インストールあたりの費用) 0.3~0.8ドル

とあることがわかりました。広告市場自体も拡大していることがあり、今後日本のアドテクノロジー企業もさらにベトナムへ進出していくものと思われます。

ベトナムへの進出をお考えなら

ベトナムへ進出されるならホーチミンで約9年、オフショア開発・アプリ開発を展開しているバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。上記のようなベトナムのビジネス情報提供に加えて、オフショア開発のリスクや費用を極限まで抑えた『拠点開設プラン』も用意しております。またベトナム向けIT・WEBサービス/アプリの開発支援、ローカライズ、テストマーケティングといった進出支援に加えて、日本や他国向けのオフショア開発やアプリ開発も行っております。