ベトナムでのオフショア開発の株式会社バイタリフィ

Q&A

よくある質問

ラボ型オフショアサービスについて
ベトナム視察について
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 海外に依頼する事が不安です。

バイタリフィアジアには経験豊富な日本人、BSEが多数在籍しておりますのでご安心ください。
また品質管理体制、仕組みが整備されていますのでご心配は不要です。

オフショア開発をサポートする日本人マネージャー
日本人スタッフが多数在籍
日本語力が強いBSEオフショアスタッフ
日本語が堪能なBSEスタッフ達
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 バイタリフィはどのような案件が得意?

日本法人でも得意としているスマートフォンアプリの開発案件が得意です。
2008年当初はガラケーの公式サイトの開発などを行っており、バックエンドではPHP/MysqlでCMSを構築し、フロントはFlashという案件をよくやっていたので、ネイティブアプリだけでなく、Webやサーバーサイドの開発も得意です。
自社でWebサービスを行っているお客様も多く、フロントからバックエンドまで幅広く開発しているのが特徴です。

スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 どのように教育しているの?

即戦力に近い人を採用していますが、弊社のやり方に慣れてもらうためにリーダーの下について毎日朝夕に日次チェックを行います。
予定のタスクは問題ないが、スケジュール通りか、困っていることは無いか。
3ヶ月に一度のコンプライアンス研修に参加してもらったり、第二言語を習得してもらったりは、全社員共通です。
不定期ですがテック系のイベントを開催し、競い合ってもらうことで技術力向上に繋がる環境を構築しています。

オフショア開発メンバーで勉強会
新技術レビュー会の様子
エンジニアとマネージャーでコミュニケーション
日本人マネージャーとランチMTG
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 コミュニケーションはどのように取ればいい?

契約形態にもよりますが、基本的にはBSEを立てますので日本語コミュニケーションを取ってもらうことが可能です。
基本的なコミュニケーションスタイルとしては、対面もしくはスカイプでの定例会議、ChatWorkというビジネスチャットを利用した日々の細かいやりとり、タスク管理にはRedmine、バージョン管理はGit hubを利用しています。
貴社が標準で利用している開発環境やコミュニケーションスタイルに合わせることも勿論可能です。

スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 日本で使用している仕様書でも伝わるの?

はい、日本で使用している仕様書、資料をそのままご提供いただくケースが殆どです。
特別な資料をご用意いただく必要はございません。

日本語勉強会を行うエンジニアメンバー
日本語勉強会の様子
オフショア開発に関して説明をする風景
日本人スタッフも日本語をサポート
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 どのような業務が適している?

同一の管理者の元、長期間に渡り、複数のメンバーで業務を行うのであれば何でもできます。
そういった意味では既存のサービスやシステムの保守運用、エンハンスなどは向いていると言えます。
仕様の説明があまりいらないもの、複雑でないものも向いています。
iOSをAndroidやWebに移植する、既存のサービスと類似品の作成など。
研究開発、モックの作成などフィニッシュワークが必須でないものにもスピーディに力を発揮します。
逆に広告制作などで細かな修正が頻繁に発生するもの、デザインワーク、要件定義や提案などはラボには向いていないです。できないわけではないので、そういった方は別途ご相談ください。

スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 リテンション対策はどうしていますか?

2年、3年勤務で退職するエンジニアは多いと言われています。
評価や日々の上司とのコミュニケーションを活発にしてモチベーションの維持に努めるとともに、チームビルディングにも、力を入れ、飲み会やイベントを開催することで仲間意識を醸成しています。
また万が一に備え、サポート体制を築いており、すぐにリプレイスできるようにも努めています。
PMOにて組織の最適化に留意し、サステナビリティを意識した体制の構築をしております。

優秀なエンジニアを表彰するマネージャー
MVP授賞式の様子
日本本社からベトナムへオフショア開発の勉強会へ出向
日本法人との交流会の様子
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 担当者をベトナム駐在にしないとダメ?

駐在していただく必要はございません
仕組み、体制を構築しますので遠隔コミュニケーションのみでも運営できます。

音声ミーティングで遠隔コミュニケーション
日本とオンラインチャットを行うBSE
オフショア開発を行っているエンジニア
環境、通信インフラも充実
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 何人体制からスタートできるの?

パフォーマンスを十分発揮し、安定した運営を可能にするため、基本的に5名(BSE1名、PG4名)以上を推奨しております。
ご要件によってはそれ以下の人数でスタートする場合もございます。

オフショア開発ではセキュリティ対策を行っている
デスクはラボチーム毎にコミュニケーションを
視察をお出迎えするオフショア開発メンバー
クライアント様ラボ視察パーティーの様子
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 残業や休日出勤は対応できるの?

目的や理由を明確に説明し、双方が納得をしたうえで残業や休日出勤に対応しています。
やりがいをもって対応することができていますので、パフォーマンスに影響が出ることもありません。

スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 おススメのホテルはどこですか?

リーズナブルなホテルは3000円程度から、一般のビジネスホテルは5000円程度から、5つ星ホテルは12,000円程度から多数おススメできるホテルがございます。詳しくは担当までお問い合わせください。

スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 おススメのレストランはどこですか?

ベトナム料理、日系レストラン、ホテルでのビュッフェ、高層ビルのラウンジなど多数のスポットがあります。
ご予算や目的に応じてご案内いたします。

ベトナム料理はリーズナブル
現地料理はボリューミーでリーズナブル
ベトナム有名店Pizza 4P's
有名店「4P's」のピザ
スマートフォンアプリ開発とベトナムでのオフショア開発に関する質問

 おススメの観光スポットはどこですか?

ホーチミンから日帰りだと、メコンデルタ、クチトンネルが有名です。
近場ではブンタウというビーチリゾートにも日帰り可能です。
都心部にも多数の観光スポットがございます。担当までお問い合わせください。

ベトナム観光地のご案内
近場リゾート地ブンタウ
ベトナム観光地のご案内
ブンタウ観光名所「キリスト像」

CONTACTお問い合わせ

ラボ型オフショア開発についてのご相談は
  バイタリフィまでお気軽にご連絡ください。

資料請求•お問い合わせはこちらから

03-5428-6346