VOICE ベトナムと一緒なら、きっと未来は明るい ベトナムと一緒なら
きっと未来は明るい

お客様の声Customer's voice

ベトナムでのオフショア開発事例インタビュー

FREESALE VIETNAM CO.,LTD.
General Dorector 小川悟様

ベトナムでのオフショアインタビューアイコン ベトナムでのオフショアインタビューバーアイコン ベトナムでのオフショアインタビュー質問アイコン

御社の事業内容を教えてください。

当社フリーセルベトナムは、株式会社フリーセルの100%出資子会社として設立しました。フリーセルの制作・開発部門としての機能を持たせており、主な事業内容はフリーセルからの受託業務となります。

今後は、これを足掛かりにして、ベトナム国内で、進出予定の日系企業や地場の企業に対するソリューションサービスを提供していけるようにしたいと考えています。

ベトナムでのオフショアインタビュー質問アイコン

バイタリフィアジアのラボを採用した理由をおしえてください。

バイタリフィアジアとの最初の出会いは、前身企業のデジパベトナム様のときにさかのぼります。

フリーセルでは2005年以降、「中小・ベンチャー企業向けWebコンサルティング」を本格的に推進し始め、累計で約6,000社の企業にサービスを提供してきました。同時に保守・運用管理中のWebサイト数も増加しており、中小・ベンチャー企業のWeb戦略の成熟度の高まりや競争激化に合わせて、求められるサービスや技術のレベルも高まってきた背景があります。その課題解決策として、フリーセル側のリソースをより上流にシフト・集中させていくことが決まりましたが、同時に受け皿となる制作部門を別に準備する必要が出てきました。

当初は全て内制化していましたが、お客様の求めるサービスレベルに見合う成果をあげるために必要な人件費とお客様のご予算とを考慮した際、上流~下流まで全ての工程を内制化することが難しくなってきました。

そこで出た選択肢がベトナムでのオフショアでした。ただ、当時、小規模のWebサイトの制作・保守をオフショアに出すというのは、この業界のコスト構造上、前例がないものでした。であるにも関わらず、フリーセルからの要望は、「日本と変わらない品質、納期で、かつ安価なコストで、やり取りは日本語で、例外対応にも柔軟に対応してもらえるように、人月ベースのラボ型契約(※注1)がしたい」というフリーセル側の半ば無茶な要件に対して、快諾してくれたのが新生バイタリフィアジア様でした。

※注1(ラボ型契約)
ベトナムにあるバイタリフィアジアのオフィス内に、お客様専用の開発ラインをご提供。 ラボ契約を結んでいただく事で、日本国内と比べても遜色のない専属の開発ラインを確保できます。現地での技術者の管理や開発環境の整備などはバイタリフィアジアで行いますので、 低価格で上質な開発リソースを確保する事が可能です。 特にWEB系(PHP+MySQL)、中でもスマートフォン系(iOS、Android)の開発に強みをもっており、 既に多数の実績がございます。

ベトナムでのオフショア開発のコミュニケーションツール
ベトナムでのオフショア開発にて音声ミーティング
バイタリフィアジア Skypeミーティング風景
ベトナムでのオフショアインタビュー質問アイコン

実際に成果はあがっていますでしょうか?

業界でも前例のない取り組みでしたので、両社間で試行錯誤しながら進めてきました。結果、2009年の発注開始の頃から比べれば段違いに成果があがっています。

発注を続ける間にフリーセルも2009年、2011年と視察を行いましたが、都度、制作環境や教育内容等についてオープンにご説明頂けました。

2011年4月、フリーセル側も、顧客増とサービスレベル引き上げのために、発注量を倍増する予算計画が出たのですが、中長期的に考えると自社で海外現地法人を設立した方が良いと判断するようになりました。

それは、バイタリフィアジア様への発注スキームがうまく回っていたからという理由もあります。しかし、いざ進出するとなると、分からないことばかりです。フリーセルにとっても初の海外現地法人の設立ですので、バイタリフィアジア様への相談も増えていきました。

そこでご提案頂いたのが、一部事業譲渡という形で、フリーセルが発注していた業務をご担当されていたスタッフ数名の譲渡・移籍を含む、進出支援コンサルティングでした。

Web系人材についていくらポテンシャルが高いと言われているベトナムであっても、諸々の採用コストがかからないのはもとより、フリーセルの業務について業務フローから温度感まで含めて理解し、既に数年間のコミュニケーションが取れているメインスタッフが同時に移籍してくれるとなると、スタートアップ環境としては最高のお膳立てでした。

バイタリフィアジア様のご提案がなければ、仮に進出は無事できたとしても、立ち上げに苦労するばかりでなく、その後の組織構築にも影響を与え、フリーセル側の目標達成の大きな遅延要因となるところだったと考えており、そうした意味でも大変感謝しております。

ベトナムでのオフショアインタビュー質問アイコン

ベトナムでのオフショアを検討されている企業へアドバイスをお願いします。

まずは現地を視察した方が良いのではないかと思います。

フリーセルの場合、2006年5月にベトナム人派遣スタッフの受け入れをおこなった経緯があります。そこでベトナム国内にある日系オフショア企業数社と関係構築が始まり、Webサイト制作におけるベトナム人の得手不得手、起こり得る認識相違等の把握ができており、さらに慎重深く視察をさせて頂けたお取引先様があったというきっかけがありました。

当時、発注側だったフリーセル側として私が自チームの管理者に説明を徹底したことは、「発注先のチームスタッフを自分の部下だと思って接してほしい」ということでした。

私が懸念していたのは、どちらかと言うと自社のオフショア発注の経験不足でした。少し歩み寄った程度で、「希望通りに上がってこない」、「依頼するのが面倒」と判断されてしまっては、うまくいくものもうまくいきません。

自分の部下のことであれば、「希望通りに上がってこない」、「依頼するのが面倒」と思っても実際口にしたり、「部下を変えてほしい」とはなりません。「どうやったらうまくいくだろうか?」という建設的発想が生まれ、問題解決力が身についていきます。

私も当時、その温度感をどこまで持ち続け、管理者に熱意を持って説明し続けることができるのか?と不安に感じてもいましたが、実際に視察を重ねることによって不明瞭だった点やおさえるべきポイントが明確になり、不安が自信へと変わり、自分の言葉で強く伝えられるようになっていきました。

フリーセル側としても、中小企業向けのWebサービスで累計約6000社のサービス提供実績がありましたので、丸投げがいかにリスク要因となるか、コミュニケーションロスによる非生産性、依頼精度の向上が成果物の品質向上に繋がるといった暗黙の了解は、管理者一同に身を持った体験、認識があったため、その後は発展的成長を遂げていったように記憶しています。

フリーセル側としても、ベトナム人に対してどのように伝えれば分かってもらえるのか?認識相違を減らし歩留まりを高められるのか、どんなことを理解していないがために起こっている成果品質なのかといったことについて、社内で議論を繰り返し発注体制の見直しも同時に進めていきました。

従来のSI企業等であれば、そうしたノウハウはおそらく十分に蓄積されていると思うのですが、フリーセルのようなWebサイト制作系の企業ではまだまだ十分とは言えないところが多いのではないかと考えていました。

結果論かもしれませんが、そうした両社間の小さな努力の積み重ねが相互理解を促し、双方にとって大きなメリットをもたらしたことは言うまでもありません。

そういった意味で、仮にフリーセルのように進出を視野に入れていないオフショアをするにしても、オフショアの成果を最大化するためには、発注サイドとして現場を知ることは大変重要なのではないかと考えています。

ベトナムでのオフショアラボ開発現地視察の様子
フリーセルベトナムの皆さま
(フリーセルベトナム設立記念パーティーにて撮影)

CONTACTお問い合わせ

ラボ型オフショア開発についてのご相談は
  バイタリフィまでお気軽にご連絡ください。

資料請求•お問い合わせはこちらから

03-5428-6346