昨年はVR元年と呼ばれHTC Vive、Oculus Rift、PSVR等本格的なVR端末が出揃いました。
在庫も落ち着いてきたので、そろそろ購入を検討している方も多いのではないでしょうか?
数ある端末の中でPSVRはどんな立ち位置なのでしょうか。我が家にPSVRがやってきたので特徴と感想をレビューします。

PSVRとは

PlayStationを使ったVRが10月13日に満を持して発売されました。
発売日が一番新しいPSVRですが、既に魅力的なコンテンツが多数揃っています。
今回私はVR WORLDSとDrive Club VRを購入しました。
どちらも没入感が強く、静かな部屋でプレイしているとまるで実際にその世界にいるような奇妙な感覚に陥ります。

実際に体験してみた-VR WORLD

最初にプレイしたのはVR WORLDのディスクでした。
VR WORLDはVR入門用ソフトとなっていて、5つのコンテンツがセットになっています。
今回はその中から2つのコンテンツを紹介します。
Ocean Descentのモードでは自分がダイバーとなり深海の闇を体験でき、
コントローラーは一切使わず映像を見ることに主眼を置いたコンテンツとなっています。
水中に潜っていき、熱帯魚や亀が泳ぎ回る綺麗な景色から突如として鮫が飛び出して来るといった表現は水中版のジェットコースターとも言われています。

VR LugeのモードはVRならではの面白いコンテンツとなっています。
街中の坂をハイスピードのソリで滑り降りるのですが、顔を傾けた方向にソリは進みます。
生身の自分に対して街中ではトラックなどが走り回っており、車の下をくぐり抜けて衝突を回避したりとスリル満点のコンテンツです。
VR LugeはVRだからこそ面白さが発揮されるコンテンツだと思います。
コントローラーで操作したら平凡に感じるものがVRで新しいコンテンツとして生まれ変わるという事も面白い点だと思いました。

実際に体験してみた-Drive Club VR

Drive Club VRは調べてみた中だと一番コンテンツボリュームが大きそうなので購入しました。
こちらはで元々VR向けに作られたゲームではなくVR向けにリメイクした作品となります。
普段あまりゲームをしないのですが、レースゲームの世界を変えるようなコンテンツだと感じます。
実際車に乗車しているのと同様にミラーには後ろの風景や後続車がうつり、地面の凹凸に合わせて自分の視点も動きます。
コントローラーを傾けての操作なので、実車に乗車しているのと感覚的にかなり近いです。
迫力のある排気音が臨場感を更に高めています。
このコンテンツをプレイしていて、テレビのスピーカーではなく臨場感のあるスピーカーが欲しくなりました。

装着感について

最初、装着方法に少し戸惑うものの重量配分のおかげか重さもあまり気になりません。
1時間-2時間程度の装着であればコンテンツに集中していることもあり違和感を感じることはありませんでした。

他のVR機器と比較して

PSVRは他のVR端末と比べて以下の点で優れていると感じました。

1.PCがいらない

HTC ViveやOculus RiftをプレイするのにはPCが必要です。
しかも、かなりの高性能PCが要求されるので推奨環境をみて諦めたかたもいるのではないでしょうか。
推奨環境を見てみると本体と合わせて20万円以上はかかってしまう構成となります。
PSVRであれば本体を別途購入したとしても8万円程度です。

2.セットアップが簡単

接続するケーブルの数が少ない上にPS4専用なので、繋げればすぐ使えるといった安心感があります。
PCと違いPS4では性能差等はないので、同じ環境、同じセッティングで使える事はメリットだと感じます。
また、別途アプリケーション等をインストールしなくていいという点もあります。
カメラ自体もテレビの前に気軽における程度のサイズとなっているので場所を取りません。

PSVRのコンテンツのこれから

現状ではまだ発売されているタイトルも少なく、これからの発展が期待されます。
発売予定のものもいくつかあるので、今後が楽しみです。
また、開発ナレッジがまだ少ないということもあり、画面の揺れが最適化されていないためにVR酔いが起きてしまったり、解像度が低かったりする部分についても、今後は改善されていくのではないかと思います。

PSVRは買いか?

PSVRは新しい体験ができるという点で十分買いだと思います。
ですが、今後コンテンツが充実してから買うというのも悪く無いはない選択だと思います。
体験にどれだけの費用を払えるかといった点を考慮して決断しましょう。