こんにちは。Vitalify Asia(バイタリフィ アジア)営業/PRの渡久地です。

ベトナムも、時はエンジニア採用 戦国時代。

越僑からの投資を元に「何か面白いこと始めるらしいぜ」的ローカル系スタートアップから、欧米・シンガポール資本の高額給与提示はアタリマエ企業に、未だガンガン進出してくる日系オフショア開発会社と、ベトナムのIT人材の獲得市場は、常に群雄割拠しております。

この記事では、そんなベトナムで開発者を探すために企業が行っている基本的なことについてまとめました。
結論としては、日本と求人や採用の手法はそう変わりません。しかし、代表的な「人材紹介会社や求人サイトを利用する」等の方法だけではなく、エンジニアのコミュニティに参画していく、ちょっとチャレンジングな試みもあるので、そちらも次回、後編でご紹介させていただきます。

ステップ1:マネージャー層の採用はまず人材紹介会社を頼る

遂にベトナムに上陸!オフィスの目星も付き、いよいよベトナムでエンジニアを雇っていきます。
方針として、立ち上げ期に10名以上は採用していきたいと考えている貴社。
でも、10名以上の規模を最初から検討するのであれば、まずはマネージャーもしくはマネージャー候補人材が必要となるのではないでしょうか。また、管理職として据えるのであれば、英語か日本語の語学力はマストで欲しいところ。どうやって採用しましょう?

マネージャーのように技術・経験・語学力がハイレベルかつ、大量には必要としない人材が欲しい場合は、人材紹介会社を頼るのが有効です。
ベトナムには大小様々に人材紹介サービスを行う企業があります。

人材紹介会社の特徴としては

・完全成果報酬型で、紹介した候補者が企業に採用されて初めて手数料が発生する
・一般ワーカー的な人材よりも、ポテンシャル人材や組織の中核になる人材を紹介することに長けている
・手数料は候補者に企業が提示する給与の、年収の20〜30%程度が相場

というところです。

費用としては、上記にも記したとおり「紹介した候補者のボーナスを含む年収の20%〜30%」が大体の相場になります。
費用計算をイメージしてみましょう。

例:希望給与800$ のエンジニアAを雇う場合

※ベトナムでは、一般的に旧正月にあたる1月〜2月頃に、通常の月給+ボーナスとしてもう一ヶ月分を支払いますので、年収を月給13ヶ月分と仮定します。

800$×13ヶ月× 0.2 = 2,080$ 〜
800$×13ヶ月× 0.3 = 3,120$

800$レベルのエンジニア一人の採用で、30万円前後の手数料を支払うことになります。手数料計算に、通勤費用や住宅費用の補助などの手当を上乗せすることもありますので、金額はもう少しプラスになることだって予想されます。

さて、以下に、代表的な二社を紹介します。

◆ICONIC (アイコニック)◆
2008年にホーチミンで立ち上がった人材紹介会社さんです。最古参の中の一社で、その為ベトナム人の間でも知名度もあり、求職登録者数もかなりの数に上ります。ベトナムには、ハノイ、ホーチミンに拠点があり、採用とは別に、人事労務にかかるコンサルティングも行っています。

◆Jellyfish HR◆
2013年にハノイからスタートし、ハノイ、ホーチミン、ハイフォンに拠点があります。
こちらも採用以外に日本語通訳派遣やベトナム語翻訳のサービスも提供しております。総合紹介ですが、Webサイトを見るとキャリアアドバイザーにITバックグラウンドを持つスタッフがいるようですので、候補者選別に有効かもしれません。

人材紹介会社はこの二社に限らず、多数存在しています。企業ごと、営業担当者ごとに個性があり、大変面白いと感じます。
ただ、中には、ベトナムで働きたい”日本人”求職者のみを紹介しており、ベトナム人は扱っていない会社もあるので、事前に確認しておきましょう。

ステップ2:その他エンジニアは求人情報サイトで大量応募を狙う

さて、マネージャー層探しに目星が着いたら、次はスタッフクラスも同時進行しましょう。

先に挙げた人材紹介会社でひととおり探すと、最初からある程度スクリーニングされたCV(履歴書・職務経歴書)が届いて楽なのですが、いかんせん全てを賄おうとすると、頭が痛くなる金額になってきます。

そこで、頼りたいのが求人情報の媒体サイトです。運営会社に問い合わせ、求人広告掲載の見積もりを取るなどして検討してみてください。
ポジションや提示給与によっては、想像以上の利益とコストパフォーマンスを発揮します。

◆Vietnam works◆
紛うことなきベトナムの総合求人情報サイトのNo.1です。
2013年にエン・ジャパンに人材紹介サービス事業共々買収されてからも益々大きくなっています。
ほとんど全ての業種・職種に対応しているので、ベトナムでは、職探しする方も、人探しする方もまずは登録するのが当たり前のサイトとなっています。

◆top ITWorks◆
Vietnam works のIT人材専門ページです。エンジニア等への需要が高まり、下記に紹介するITViecの登場も受けて、専門のページを作ったのかな、という印象を受けます。
1頁まるごと、その企業の紹介ページを作成できます。素材の収集や編集、内容のチェックなどは手間ですが、それぞれに工夫した、個性のある企業PRを行うことができます。

◆Jobtown◆
エンジニア、デザイナー等のIT人材専門の求人情報サイトで、ベトナム国内向けに展開しています。
特徴としては” 応募数保障プラン” があること。CVの獲得件数を10件、20件、30件とそれぞれ保障するプランがあり、保障件数に達しなかった場合は、保障CV数との差額を返還します。
ベトナムに進出したばかりで、あまり認知がないスタートアップ企業でも、要望に合った応募を獲得できますし、運営元には日本人スタッフがいるため、問合せのハードルが低く、おすすめです。

◆IT Viec◆
こちらもエンジニア、デザイナー、PM等のIT人材専門の求人情報サイトです。
Vietnamwrksは、中堅レベル以上の優秀であったり、少しマイナーな言語を扱えるエンジニアを採用しようと思うとなかなか応募が集まらないことがあります。そんな時はITViecがおすすめです。
一般的な言語とレベルの求人でも、VietnamWorksに比較すると、数十件単位でCVを集めることが出来ます。

IT Viecの求人掲載料金については、普通プランにあたるHot Job(一枠14,000円弱)と、より応募者を増やすための特別プラン、Super Hot Job(一枠29,500円)があります。


それぞれの通常料金は決まったものがあるらしいのですが、利用企業が太客かどうかや、ディスカウントキャンペーンなどで、結構見積金額が変わってくるようです。
直近で弊社から求人を出した際には、正規料金から35%offされました。

ステップ3:将来的には、リファラル採用にもチャレンジ

さて、社員が一定数集まり、貴社は遂に運営を本格的にスタートさせました。
立ち上げ間もない頃は、人的マネジメントもいっぱいいっぱいで、もしかしたら一時的に人の入れ替わりも発生するかもしれません。

それが落ち着いてきて、早急にではないけど、また少しずつ増員したいなと考えるようになったら、一度リファラル採用を検討してみてください。
リファラル採用は、ご存知のとおり自社の社員から、その企業に相応しい人を推薦・紹介してもらう採用手法の一つです。

優秀な社員の紹介する人は優秀な人が多い傾向にあるのは、経験のある方には分かるかと思います。
また、自社の社員から既にリアルな話を聞いてその上で受けてみたい、という方ですから、採用後のミスマッチやそれに伴う退職リスクも防げるというものですよね。いざ入社しても、社内には最初から最低一人は知り合いがいる状態でのスタートとなります。

リファラル採用に挑戦する際は、単純に「良い人がいたら紹介してね」という口頭でのお願いではなく、
①全社員に、自分が紹介した候補者が採用されたらいくらのインセンティブを渡します。
②こういう適正やスキルを持った方を探しています。

と詳しく伝えましょう。必要であれば、人脈の広そうなスタッフに個別に当たると良いかもしれません。ちなみに②は、都度状況が変わるかと思いますので、その度にアップデートしてお知らせします。でないと皆、そのうちそんな仕組みがあったことを忘れ去ってしまうでしょうし、最新で必要とする人材の情報を共有する必要もあるからです。

理想としては、チームごとに、メンバーにそれぞれ自分の知人に会社のことや人を募集している旨のPRをしてもらい、実際に人事担当者に紹介してもらえるようなキャンペーンや取り組みを行うことです。
が、難しいですよね。相当なやる気と、継続するための根性がリファラル採用担当者に求められることになります。
仕組み化して上手に運用している企業が他にいれば、お手本に研究したいものです。

少しだけ長くなってしまいました。
その他の方法については、また後日別にまとめてアップさせていただきます。

おわりに:私たちは、9年にわたり、数百人のエンジニアを採用してきました。

この記事を書いているVitalify Asiaは、2008年にベトナム ホーチミンでスタートしてからこれまで、数百人のエンジニアと面接を行ってきました。ベトナム人エンジニアの特性や思考についてよく理解しており、採用に関しては蓄積されてきたノウハウがございます。
オフショア開発をご希望の貴社のために、スキル的にも、キャラクター的にもピッタリの人材を選抜し、貴社専属の開発チームを構築致します。
ご興味がありましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

オフショア開発のご案内