2017年ベトナムの経済成長率は6.8%と大きな伸びを示しましたが、ベトナムのIT産業についてはどうだったのでしょうか?各ニュース記事などから、ベトナムIT産業(特にソフトウェア開発)の市場規模や就労数を調べてみました。(表紙の画像は、IT教育にも力を入れているGreenwich大学より引用)

New 東京(恵比寿)でベトナムITビジネス無料セミナー開催。お役立ちベトナム現地情報を紹介!<4月16日(月)・4月17日(火)・4月18日(水)>

1. 2017年ベトナムのIT産業は、まだハードウェアが中心

2017年ベトナムIT産業の総売上は、2016年に比べて約13.15%増加した1,723兆ドン(約8.6兆円)となりました。(12/22付のニュース報じられたベトナム情報通信省発表データより) そのうちハードウェアが1,507兆ドン(約7.5兆円)とありますので、差額216兆ドン(約1.1兆円)がベトナムのソフトウェア産業の総売上と考えられます。

2017年の名目GDP総額は、5,007兆8,570億ドン(約25兆円)と先日発表されていますのでベトナム経済全体におけるIT産業の存在感は、大きなものになってきていますがIT産業といってもハードウェアが大半であることがわかります。

これは輸出において特に顕著でありIT産業における輸出総額は1,554兆ドン(約7.8兆円)と2016年比14.4%増加したものの、ソフトウェア輸出はわずか58.5兆ドン(約2,925億円)で2016年比4.4%増加でしかなく、輸出のほぼ全て(7.5兆円分、約96%)がハードウェアの輸出によるものです。先日取り上げたサムスン社は、2017年500億ドル超を輸出という報道もありますので、ベトナムのIT輸出を支えているのはサムスンとも言えますね。

(画像は、2017年4月12日付のBAOMOI TONGHOP.NETより引用)

ちなみにこのソフトウェア輸出58.5兆ドン(約2,925億円)が、2017年ベトナムオフショア開発の市場規模とも考えられます。またソフトウェア産業の全売上高から輸出額を差し引いた、158兆ドン(約7,875億円)がベトナム国内向けのソフトウェア市場規模と考えることもできそうです。今後ベトナム国内に様々なITサービスが展開されていく事を考えると、この国内向け(ベトナム市場を対象とした)ソフトウェア市場は大きく伸びていくものと考えられます。

2. ベトナムIT業界、企業数も就労数も年10%超の増加

ベトナムにおけるIT企業の総数は2017年現在27,000社2016年は2.4万社であったので2015年から2年ほど毎年11%超、増加しています。

またIT産業の就労数も1年前の2016年に780,926人とあり、2015年から10.8%増加とあるので、企業数の増加なども考えると現在85万人ほどと考えられます。

いずれもハードウェア開発を含む数値ではありますが、ベトナムのIT産業がGDPの成長よりも大きく成長していることがわかります。

3. ベトナムIT人材(就労数)は、2020年までに100万人へ

エンジニアの供給部分ですがベトナムでは国を挙げてITエンジニアの増加を促進しており、ベトナム国内600以上の大学のうち250の学校でICT(情報通信技術)教育を行っています。2016年の情報通信省の調査結果によると、ICT教育を受けている在籍者は68,883人で全学生の9.84%にもなります。また2017年の白書によるとIT業界における大卒者の割合は、77.12%であり、毎年5万人超の卒業生がIT業界に入ってくるため、2020年までに100万人がIT業界で働くことになりそうです。

Cao Thi Phuong Huyen, 19, a beneficiary of the GPOBA Vietnam Education Project studies in Hung Vuong University, Viet Tri city, Wednesday, April 23, 2014.

(画像は、2017年9月28日付のTHE WORLD BANKより引用)

ベトナムのIT人材は、HackerRank2017において23位、学生の世界プログラミングコンテストで128位中34位と世界的な評価も高いものの、同じ報道記事では、大学などで訓練を受けたIT人材の30%だけが企業ニーズを満たす人材であり、残り70%は企業内で追加訓練が必要といった分析も紹介されており、大学における教育の質にはまだまだ改善の余地がありそうです。

4. 2008年から10年!ベトナムオフショア開発

バイタリフィバイタリフィアアジアは、2008年から約10年間ベトナムオフショア開発のパイオニアとして蓄積したノウハウを元に、経験を積んだエンジニアを活用したソフトウェア開発を提供しております。スマートフォンアプリ開発、Javascriptなどを活用したシングルページアプリケーション開発に加えて、最近ではベトナムオフショアを活用したAIの研究開発などにも力を入れております。お気軽にご相談くださいませ。

本記事内の画像は、表記の各サイトより引用したものであり、その権利は各権利者に帰属します。