LINEは国内で最も利用者数の多いSNSであるにも関わらず、SNSマーケティングでよく利用されるのはTwitter・Facebook・Instagramです。
この記事で紹介している方法(FirstContact導入事例)を使えば、LINEで他社には負けないような効果的なマーケティングをすることが可能です。

1.LINEの現状

株式会社 ICT総研の調査によると、日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者(アクティブユーザー)は年々増加しており、国内におけるSNSの利用者数は7,523万人となりました。その中でも、ネットユーザーに占めるLINE利用率は81%。国内で1番利用されているSNSはLINEです。

 ICT総研

しかしながら、SNSマーケティングに関して検索しても、あがってくるのはTwitter・Facebook・Instagram・YouTubeばかり・・・。

SNSマーケティング SNS別

国内で1番利用されているSNS”LINE”で効果的なマーケティングができたら最良ではないでしょうか。

2.LINEID連携とは

実際、自分でLINEを使っていて、公式アカウントの友達追加をして、そのあとすぐにブロックした経験はありませんか。
むやみやたらに一斉配信すると、ブロックされるまたは未読スルーのままの恐れがあります。
そこで、一斉配信ではなく、ユーザーセグメントをしてメッセージをLINEで配信できるID連携がLINEのマーケティング機能として注目されています。
ID連携とは、自社サービスのユーザーの会員IDとLINEアカウントを紐付けることで、企業のLINEアカウントの友だちが自社データベース上のどの会員なのかを判別できるようになり、LINEで効果的なマーケティングを行うことができるようになります。
代表例としてヤマト運輸ひかりTVショッピング等があります。
実際に、一斉配信と比較して、属性分けしたセグメント配信のCTRが約7倍に達したデータもあります。

EC会員情報とLINEアカウントのID連携

とはいえ、LINEだけでは精度が高いというわけではないので、本格的にLINEにてマーケティングがしたいという企業様にはFirstContactの導入を勧めております。

3.LINEID連携だけのマーケティング法

LINEIDonly

LINEID連携により手に入れた情報はLINEのデータベース上に蓄積されていきます。
しかし、管理画面とWEBは直接つながっていないため、LINE上ID連携を利用して属性を基にセグメントは正確なものではなく、マーケティングをやる上では不都合です。
配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地等でスタンプや文章から類推します。
管理画面からどのLINEのアカウントがどの情報かまではわかりません。
返答もキーワード完全一致によるBOTでの返答となるので機械的なものになります。

4.FirstContactを導入するとここまで変わる

LINE×FirstContact

FirstContactを導入すると、すべてと直接つながるプラットフォームになります。
つまり、Googleで検索した履歴などWEBの持っている情報全てでセグメントができ、精度の高いターゲティングが可能で、LINEマーケティングに適しております。
配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地・名前・興味・関心・訪問履歴等リターゲティングのPRも可能であり、ファンの確保、ナーチャリングに非常に役立ちます。
また、FirstContactの画面からどのLINEのアカウントがどの情報かまでも個別にわかるので、1対1の個別メッセージを送りプッシュしていくことも可能です。
また、キーワードの完全一致の機械的なものではなく、AIによるものであるため言葉の揺らぎ等にも柔軟に対応可能です。

5.まとめ

LINEもうまく使いこなせばマーケティングの武器になることをご理解いただけたでしょうか?

POINT
1.LINEID連携に対応!
2.AIとコグニティブ(Watson)のBOT【LINEだけではできない!】
3.WEB情報を元にPUSH通知できる【LINEだけではできない!】

LINE×FirstContact=最強のLINEマーケティングをすることができます。
さまざまなFirstContact(チャットボット)実績や活用事例などご興味お持ちでしたらこちらまで。

今なら20日間の無料のお試しキャンペーン実施中!!!
AI搭載の追客型チャットボット『FirstContact』のお問合わせはこちら

 FirstContactデータ