オフショア開発とは、近隣諸国へ開発を頼むことです。その際に絶対に発生するのが言葉の壁。当然開発はコミュニケーションの齟齬なく進めたいものですが、日本語をパーフェクトに理解できる外国人はそれほど多くありません。
今オフショア開発を頼もうと考えている人の中にも、英語が必要かどうか悩んでいる人もいるでしょう。
今回は、オフショアに英語が必要なのか?英語でやり取りするメリットが何か?など、気になる英語事情をご説明します。

1. オフショア開発に英語は必要?

オフショア開発に英語は必要?
結論から言うと、日系のオフショア会社に頼む場合は英語は不要です。
オフショア開発を頼むことを検討する場合、基本的にはベトナムなどの東南アジアや、ミャンマーなどの南アジアの方がメインになってきます。

各国にオフショア事業を展開している日系企業があり、大抵は通訳やブリッジSEが日本語でのコミュニケーションをサポートしてくれますので英語力はそれほど重要ではないです。

1-2. 日系の場合は基本的に不要だが…

日系企業に頼む場合、基本的には英語が不要と説明しましたが、英語ができることで得をすることはたくさんあります!

フィリピン、インド、マレーシアなどの国では英語が公用語になっていることもあり、英語でのコミュニケーションが他の東南アジアの国々と比べて容易です。
安いオフショア先というよりは協業できる会社を探している、スキルセットがマッチして質のいいエンジニアが揃っているオフショア会社があり、そこに開発を頼みたい…と言う場合にも、英語ができれば、オフショア先に日本人がいなくても技術力や得意とすることからオフショア先を探すことができるので選択肢が広がります。

特にインドは「インドのシリコンバレー」と呼ばれるほどIT産業が盛んな都市もあり、数学に強い、AI分野に詳しい人が多いなどの特徴があるのでオフショア先の選択肢に入れたい人は多いかもしれません。

2. オフショア開発にて英語でコミュニケーションするメリットは?

オフショア開発に英語は必要?
では、英語が公用語でない国へオフショア開発を頼む場合に英語でコミュニケーションをするメリットはあるのでしょうか?
向こうも自分たちも母国語ではない言葉なので、それほどメリットを感じづらいかもしれませんね。

しかし、オフショア開発をする上で英語ができて損をすることはありません。
オフショア開発で英語を使ってコミュニケーションをすることにどのようなメリットがあるか解説していきます。

2-1. オフショア開発に必須のブリッジSEや通訳など、日本語話者を挟む必要がない

オフショア開発チームも英語ができて、自分も英語ができるので英語だけでコミュニケーションができる場合、通訳やブリッジSEを挟む必要が無くなります。
自分でマネージする手間は多少増えるかもしれませんが、オフショア開発費のコストカットにも繋がります。

また、オフショア開発では技術的なバックグラウンドがない通訳をつけると情報が上手く伝わらないということがよく起こりますが、自分で説明することができればいくらか伝わりやすくなるでしょう。
エンジニア用語のほとんどが英語なので、オフショアエンジニアにとってもそちらの方が理解しやすい場合もあります。

2-2. オフショア開発国のレベルの高い人材にリーチしやすくなる

どのオフショア開発国でも、日本語ができて、技術力も高いエンジニアというのは本当に探すのが難しい稀な人材です。
日本語力を重視すると、オフショア開発国のレベルの高いエンジニアにリーチする確率をガクッと下げてしまうことにも繋がりかねません。

一方で、技術力もあり英語もできるエンジニアは東南アジアのオフショア開発国でも探すのが比較的容易になります。
技術力が高いエンジニアは大抵英語でエンジニアリングについて勉強している人が多いため、英語を書いたり話したりすることに大きなハードルを感じていません。
日本国内では探すのが難しい、または高単価になってしまうような優秀な人材でも、英語ができればある程度リーチしやすくなるのが大きなメリットです。

ちなみに、EF EPIの英語能力指数調査によれば、ベトナムの英語能力は41位、49位の日本より上と言われています。

3. オフショア開発を英語で行う場合、どの程度のレベルが必要?

では、どのくらいの英語レベルがあればオフショア開発を英語で進めることができるのでしょうか?
ビジネス英語くらいできないといけないんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、オフショア開発は基本的にテキストでのやり取りが多いので、実はそれほど英語スキルを必要としないというのが個人的な実感としてあります。

もちろんインドなどの英語ネイティブの国にオフショア開発を頼む場合は、もう少し高いレベルの英語が必要となりますが、非ネイティブの東南アジアであればテキストベースで、簡単な英語の会話で十分コミュニケーションがとれます。
オフショア開発で必須となる仕様策定や進捗確認のミーティングなどは事前にアジェンダやコンテンツを貰っておき、準備することである程度は乗り切れるはずです。

込み入った話をするのは少し大変かもしれませんが、今はGoogle翻訳もありますし、オンラインでもリアルタイム字幕が出るようになっているので、英語でのコミュニケーションはとてもハードルが下がっています。

もちろん、どうしても認識齟齬がおきてしまうというのは英語でも日本語でも有りうるので、重要な内容の時は適宜通訳をアサインしてもらうなどの工夫は必要でしょう。

3-1. オフショア開発を英語で進行するために…オススメの勉強法は?

オフショア開発に英語は必要?
オフショア開発を機に英語を勉強してみよう!という人におすすめの勉強法を紹介しておきます。

3-1. オンライン英会話

オフショア開発を英語で進められるような会話力を鍛えたいなら、DMMやNativeCampなどのオンライン英会話がおすすめです。
忙しい社会人でも毎日25分のレッスンなので負担なく続けることができます。

英語にあまり自信がないのであれば、まずは日本人講師から始めても良いですし、比較的シンプルな英語を喋るフィリピン人講師もおすすめです。
レベル別にコースが用意されているので、自分にあったものを選択することができます。

3-2. テック系ラジオ/PodCastを聞く

エンジニアなら、こちらの勉強法の方が興味関心がある分野なので進みやすいかもしれません。
最初は難しいかもしれませんが、耳が慣れてくるとだんだんわかるようになって面白いですよ。
下記2つは言語についての話、エンジニアのマインドセットの話など、幅広いテーマがあるので好きなテーマを探して聞いてみてくださいね。
Accidental PodCast
Developer Tea

プロダクト作り全般はこちらがおすすめ。
How I build this
Side Hustle School

4. まとめ

オフショア開発を英語でやるなんて無理…と思ってしまうかもしれませんが、やってしまえば意外になんとかなった!という声も聞きます。
エンジニアであれば英語ができることで学習がかなりはかどったり、最新情報を手に入れやすくなるメリットも。
必要以上に構えずに、簡単な英語コミュニケーションから始めてみるのがおすすめです!

5. ベトナムでオフショア開発をするならバイタリフィへ

もちろん、日本語で開発を進めたい、「開発の経験がなくてあまりわからないので相談したい」という場合は、ぜひ弊社へご相談ください。
バイタリフィバイタリフィアアジアでは、ホーチミンで2008年から10年超のオフショア開発経験と実績を活かし、優秀なベトナム人エンジニアを活用したソフトウェア開発・サービス開発/保守運営が可能です。

また、当社は、ベトナムに子会社(バイタリフィアジア・スクーティー)を設立しています。
バイタリフィアジア・スクーティーでは、当社で受けた案件の開発部分をベトナム拠点に依頼するようなオフショア開発ではなく、お客様がベトナム拠点と直接関わり、案件進行して頂く事によりコストを抑えたリソース提供を可能にしています。

お客様の専属エンジニアをベトナムにもって頂くようなイメージでの開発が可能となっていますので、「どのようなチームで、どんな風に開発を進めれば良いのかわからない…」と迷っている場合にも一度お気軽にご相談ください。
当社で受託するのがよいのか、バイタリフィアジアへお繋ぎするのがよいのか、お客様にとって適切な開発体制をご提案しています。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ