子会社であるバイタリフィアジアのAIチームが2018年から開始した2Dの画像から3Dモデルを生成するという研究で、区切りとしてデモアプリを作成しました。
以下、こちらの記事を翻訳と追記した日本語の記事となっております。

1.この研究をする理由とは

3Dモデルは、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、エンターテインメント、教育、インテリアデザインなどに広く適用されており、中でも、2D画像から3Dモデルを生成することは、AI研究の最新トレンドです!
しかし、3Dモデルの作成には時間がかかり、熟練したプロダクトデザイナーが作業する必要があります。
果たして、携帯電話やカメラにて、撮影した画像を使って簡単に3Dモデルを作成することは可能なのか?

カメラ

現状でこの課題を解決すべく、たくさんの研究がされていますが、我々バイタリフィアジアも2018年にこの研究を始めました!
そして、誰でも簡単に、パソコンか携帯電話で2D画像から3Dモデルを生成することができるように、バイタリフィアジアではデモアプリを公開しています。

2.デモアプリを実際に使ってみよう

◆立ち上げ

まずはじめに開始するために、このリンクにアクセスしてください!

3Dモデルギャラリーを参照したり、サンプルから3Dモデルを自分で生成することもできます。

◆ギャラリーを見る

ホーム画面でカテゴリを選択します。そうすると、2D画像と対応する3Dモデルのギャラリーが表示されます。

ギャラリーを見る

◆自分で生成してみる

自分で好きな画像を選択して3Dモデルを生成することもできます。

メニューの中からサンプルを選択し、生成したい3Dモデルをオブジェクトのタイプを選択します。
例えば、コップや椅子や車など・・・。
各カテゴリごと複数枚イメージ画像があります。
1つまたは複数の2D画像を選択して、[Generate]ボタンをクリックします。
そうすると、選択した画像の3Dモデルを作ることができます!

3D

3.まとめ

まだ、このやり方は未完成のものであり、2D画像から3Dモデルを構築するのは難しい工程であるため、より多くのデータを収集し、アルゴリズムを最適化することでプログラムを改善していきます。

team

このトピックに興味がある場合、または特定のオブジェクトの3Dモデルを作成したい場合は、弊社のAIエンジニアが喜んでサポートします!
こちらより、お問い合わせください。

4.ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2019.7.19

「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら