日本から飛行機で6時間ほどでいけるベトナム、連休を利用して旅行しようと考えている人も多いのではないでしょうか?
いつも南国のイメージが強いベトナムですが、実は地域によって天候が全然違ったり、シーズンによってはなかなか思い通りに旅行できなかったりということがあります。
せっかく行く旅行、思いっきり楽しむためにはベストシーズンを狙っていくことが大切です!
今回は、ベトナムの地域ごとのベストシーズンを解説します。

1. ベトナム南部のベストシーズンは11月〜3月

ベトナム南部は、ホーチミンに代表されるような温暖な場所と中南部の高原地帯で気候が異なります。

1-2. ホーチミンやニャチャンは乾季がおすすめ

ベトナムのベストシーズン
ベトナム南部、ホーチミンやニャチャン、ブンタウなどの都市は、いつでも暖かく過ごしやすいです。
雨がほとんど降らず、湿気も少ない11月から3月がベストシーズンでしょう。
カラッとした天候で、ビーチに行くのにも街歩きをするのにも良い気候です。
夜と昼の寒暖差もほとんどないので、服装もTシャツジーパンだけでも大丈夫です。

逆に、雨季に入ってしまう4月から10月ごろまではスコールが多く、なかなか出歩けない上に道路も冠水してしまうことが多いためお勧めできません。
日本の夏休みにあたるので観光客も多くなりますが、急に雨が降るため傘が必須になります。

ホーチミンでカフェ巡りや美術館、博物館に行くようなコースであればそれほど影響はないでしょう。
ニャチャンのビーチで一日のんびり…など、ずっと外にいるようなコースの場合は、ある程度雨に備えた計画にしましょう。

1-2. 中南部ダラットは避暑地に最適

ダラットベストシーズン
中南部の高原にある街ダラットは、フランス人の避暑地として開発されてきた場所です。
ホーチミンから夜行バスで5〜6時間程度の場所にあるので、週末にちょっと行くのにちょうどいい場所です。

特別な観光スポットがあるわけではありませんが、のんびりした空気感と、いつでも涼しい気候が人気なので、ベトナム人カップルの新婚旅行地として選ぶことも多い場所です。
乾季は12月〜4月、雨季は5月〜11月なので、雨を避けたい人は乾季に訪れてみるといいでしょう。

2. ベトナム北部のベストシーズンは11月〜2月

ハノイのベストシーズン
ベトナム北部、ハノイもベストシーズンは11月から2月ごろまでになります。
北部はホーチミンと違って四季があり、1月〜2月は冬にあたるので寒くなりますが、湿気が少なく過ごしやすいです。日中は18〜25度前後ですが、夜は10〜15度まで冷えるので上着やセーターを持って行くのがおすすめです!

2月後半ごろからは、気温は23度〜30度前後まで上がりますが、湿気の多い気候になります。スコールはあまりないですが、霧雨はよく降ります。
5月ごろからはホーチミンと同じように雨がよく降るので、旅行の際は傘を持って行くのをおすすめします。

ハロン湾クルーズを計画している人は、台風シーズンである10月ごろは避けた方が良いでしょう。

3. ベトナム中部のベストシーズンは2月〜5月

ダナンのベストシーズン
ベトナム中部、ダナンやホイアンは一年中暖かく、多湿な気候です。
1月から7月は乾季なのでいつでも楽しめますが、特によく晴れる2月から5月がベストシーズン。
この時期はよく晴れてビーチを楽しむのにぴったりのシーズンです!

中部は嵐がよく来ることで知られています。9月から12月は雨季で、雨が非常に多く降るのでビーチを楽しみたい人には不向きです。

4月下旬ごろにはダナンで多くの国が参加する国際花火大会が行われることもあるので、イベントもチェックしてみてください。

4. 旧正月シーズンは人がいないので避けるべき?

ベトナムのベストシーズン
気候とは関係なく、観光を避けた方がいいのは1月下旬〜2月中旬(年によって変動)の旧正月シーズンです。「テト」と呼ばれるこの時期は、日本の年末年始と同じようにベトナム人はみんな故郷に帰り家族と一緒に過ごすためお店が軒並み閉まってしまいます。

特に都市部は地方から働きに来ている人が多いため、人がいなくなりガランとしてしまいます。
逆に、この旧正月前の1月頃は街が旧正月のためにデコレーションされて華やかな雰囲気なので、この雰囲気を楽しみに来るのはおすすめです。

5. まとめ

ベトナムは天気の良いベストシーズンが一番おすすめですが、飛行機の値段や観光ルートによってはオフシーズンに来るのも良いでしょう。
ベトナムは地域によって色々な気候が楽しめるので、カラッとした天気の広がるベストシーズンだけではなくあえて雨季に来てみるのも、東南アジア感を楽しめるかもしれません。

6.ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2019.7.19

「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら

参考:ベトナムまとめサイト