海外旅行に行くときに悩むのが、現地での通信方法。
これからベトナム旅行に行こうと計画している人の中には、WifiやSIMカードをどうしたらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、ベトナム旅行に行くときのWi-FiやSIMカードについて解説いたします。

1. そもそも、ベトナムでWiFiやSIMカードは必要?

ベトナム旅行での通信
街中にフリーWiFiがよく飛んでいるような国(韓国など)だと、そもそもWiFiもSIMカードも要らないのでは?と思いますよね。
ベトナムを含む東南アジアの国々は、公共のWiFiやカフェのWiFiが使えるところも多いと聞くし…と気になっている人も多いかもしれません

実際、ベトナムは、街中のフリーWiFiはほとんどないもののカフェやレストラン、ホテルはほとんど WiFiが完備されています。
街中で過ごすような短期の旅行では、カフェなどに立ち寄ってWi-Fiに繋げば良いのであまり必要ないかもしれません。

ただ、ベトナムでの主な移動手段はバイクやタクシーになること、それらを利用するためにGrabアプリなどを使用することから、わたしは現地にレンタルWiFiやSIMカードを持っていくことをおすすめしています。

道を歩くときにマップがいつでも使えた方が安心ですし、また、ベトナムは英語が通じない人も多いため、Google翻訳アプリなどを通じて会話することもあるかもしれません。

そのようなシーンを考えると、なるべく常に通信ができる状態にしておく方がよいでしょう。

2. SIMロックってなに?どうやって確かめるの?

ベトナム旅行での通信
ベトナムでどのような方法でインターネットを使うかは、あなたのスマホがSIMロック端末かそうでないかで変わってきます。
日本の通信会社はSIMロック端末を提供しているところも多いため、なにも知らずに、現地でSIMカードを使うつもりで渡航したら使えなかったということが発生する可能性もあります。

まずは自分のスマホがSIMロック端末なのかそうでないのかを確認しましょう。

確認方法はiPhoneやAndroidの端末によって異なり、基本的には「他の事業者のSIMカードをさしてみる」という方法が簡単かと思いますが、なかなか都合よくSIMカードを持っていることは少ないですよね。

そのため、最も一番簡単な確認方法は、いま使用している通信事業者(auやdocomoなど)のお店にスマホ本体と、運転免許などの本人確認書類を持っていき、お店の人に確認してもらうことが最も手軽です。

3. WiFi、SIMカード…どのような選択肢があるの?

ベトナムでインターネットが使えるようにするには、下記のような選択肢があります。

1. レンタルWiFi
2. 日本からSIMカードを持っていく
3. ベトナム現地でSIMカードを買う
4. 日本の通信会社のデータローミングサービスを使う

それぞれについて詳しく解説します。

4. レンタルWiFi

ベトナム旅行での通信
日本でポケットWiFiをレンタルしていく方法です。
スマホがSIMフリー端末ではないが、ベトナムで現地で通信をできる状態にしておきたい場合は、レンタルWiFiを使うことになります。

日本で事前に申し込んでおけば、ベトナムへ出発するときに空港で受け取り、ベトナムから戻ってきた際に空港で返却できます。

レンタルWiFiのメリットは、ポケットWiFiは数人でシェアして使えるので、友達や家族と一緒に旅行に行くときに一つ申し込んでおけば全員で使える点です。
ただ、機種によっては同時接続できる人数に制限があるので注意してください。

わたしが使ったことがあるのは グローバルWifiですが、ベトナム旅行中も特に通信状態に不便もなくどこでも問題なく使えました。

料金は、グローバルwifiの通常の通信プランで1日770円です。
これに、空港での受け取り手数料500円がかかります。
なので、3日間使用するとすると4350円になり、SIMカードを使用するよりも高くなります

手軽で使いやすいものの、ベトナムでレンタルWifiを使うデメリットとしては、
・料金がベトナム現地のSIMカードよりも高い
・レンタルWiFi端末の充電が必要
・レンタルWiFi端末の持ち運びが面倒
・数人でシェアしていた場合別行動すると使用できない人が出てくる
・事前に申し込みをしなければならない
などがあります。

5. 日本でSIMカードを買う

ベトナムのSIM
初めてのベトナム旅行で、英語もあまり得意ではない、現地で買うのに不安がある人はこちらの選択肢がおすすめです。
日本のAmazonなどで事前にベトナム対応のSIMカードを買っていく方法です。

メリットとしては、普通のオンラインショッピングと同じように、好きなベトナム対応SIMカードを買って家に配達してもらいます。
説明書に従って設定するだけなので非常に簡単ですし、ベトナム現地に着いてからすぐに使えるので安心です。

基本的にSIMカードの料金はデータ量や旅行日数によって変動しますが、ベトナムでも使用できるSIMカードはAmazonでだいたい500円前後で買えます。
ほとんどが15日〜30日間使用でき、10GBほどなのでどれを選んでも特に困ることはないでしょう。

料金も安く使いやすいですが、デメリットとしては、
・SIMロック端末では使用できない
・家へ配送してもらうため余裕をもって準備しておく必要がある
・自分でSIMカードを設定しなければいけない
などがあります。

6.ベトナム現地でSIMカードを買う

ベトナムのSIM
個人的なおすすめはこちらです。
ベトナム現地に着いてからSIMカードを買う方法です。

ベトナム旅行の日までバタバタしていて事前にSIMカードやレンタルWi-Fiを手配できなかった人も、気軽に現地で買えますので慌てなくても大丈夫です。

ベトナムのどの空港も、イミグレーションがある場所や、到着ロビーにSIMカードを売るお店があります。
だいたいは英語のメニューがありますので、コミュニケーションにそれほど困ることもなく、15days 10GBなどの情報だけ読み取ればいいので、英語が苦手な人でも難なく買えるはずです。

日本でSIMカードを買うと大抵「何かあるといけないのでお客様自身で設定してもらっています」と言われますが、ベトナムでは好きなSIMカードを選んで、SIMカードの代金を払えばその場でスタッフの人が全部設定してくれます。

もちろん設定料金は無料です。
私はSIMカードの設定が苦手なので、非常にありがたいです。

料金は10万ドン(約500円)〜17万ドン(約800円程度)で、電話も可能です。

6-1. ベトナムの空港でSIMカードを買えなかったら?

SIM
写真はTechSignより引用

空港で買うのを逃してしまっても、街中の携帯ショップで買うこともできます。
こちらの「The Gioi Di Dong」という電気屋さんでもSIMカードを売っており、設定までしてくれます。

店舗は中心部に多くあるため、マップで探すとすぐに近くの店舗が見つかります。

また、小売店やコンビニでも売っているところがありますが、そちらは少し値段が高かったりするので、街で買うなら上記の電気屋さんで買った方が良いでしょう。

非常に手軽な現地SIMカードですが、デメリットとしては
・SIMロック端末では使用できない
・日本でSIMカードを買うよりは高くなる場合もある
・買うときに英語などでコミュニケーションを取る必要がある
という点でしょう。

6-2. ベトナムの通信会社はどの会社がおすすめ?

ベトナムの主な通信会社は
・Mobifone
・Viettel
・Vinafone
の3つです。

上記のような携帯ショップでSIMカードを買うときには「どれにする?」と聞かれるかもしれませんが、通信速度や使える範囲にほとんど違いはないので、使用日数とデータ容量に合わせて買うと良いでしょう。

7. 日本の通信会社のデータローミングはおすすめ?

ベトナムのSIM
日本では多くの人がdocomo、au、SoftBankなどを使用しているため、日本の通信会社の海外データローミングも選択肢にいれるかもしれません。

基本的には他の選択肢よりも高額になるのでおすすめしませんが、どうしてもWiFiの設定やSIMカードの設定がわからない人は事前に携帯ショップに行って設定してもらうのも良いでしょう

auでは世界定額パッケージで24時間980円のプラン、docomoも24時間980円または定額パケホーダイで1日2980円のパック、SoftBankは1日1980円で使用できる海外パケットし放題などが準備されています。

ただし、対象となる通信はネット検索や電話のみ、テレビ電話は非対応だったりという条件があり複雑なため、あまりおすすめしません。

8. まとめ

特に初めてのベトナム旅行では、なるべく常にインターネットを使えるようにしておくことが楽しむコツとも言えます。
ベトナム旅行中に、街中で調べ物をしたいのに、すぐにネットを使えないような不便な思いをしたくないもの。
この記事で紹介した方法はどれも簡単ですので、自分に合った方法でベトナムでもインターネットを使えるように設定しておきましょう!

9. ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2019.7.19

「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら