日本に住んでいた頃は、買い物は基本的にAmazonで済ませていた私。
ベトナムに来てから、オンラインショッピングサイト(ECサイト)はよくわからず、お店に足を運んで買っていました。

しかし、ベトナムに住んで約2年。だんだんと周りのベトナム人がECサイトをかなり頻繁に利用していることがわかってきました。 
仕事中でも、荷物の受け取りに出る様子をよく見ます。

ベトナムの実店舗で欲しいものを探すのは難しいので、ECサイトが使えたらとても便利ですね。そこで、今回はベトナムでよく使われているECサイトを調べてみました!

在宅勤務中の皆さんもぜひ活用してみてくださいね!

ベトナムのECサイト1:Lazada(東南アジアのAmazon)

ベトナムのオンラインショッピング
LazadaのURL:https://www.lazada.vn/
ベトナムでのECサイトといえばLazadaです。
Lazadaは、シンガポールに拠点を置くラザダグループが運営するECサイトで、東南アジア6カ国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)に展開しています。
ラザダグループは元々は2012年にドイツのインキュベーターであるロケット・インターネットにより設立されましたが、2016年にはアリババグループも経営権を獲得するなど、東南アジアでのECサイトとして多くの投資家から注目されています。

日用品や化粧品から、電化製品まで多くの商品を取り扱っており、掲載商品は2億6千、販売者数は14万以上、ブランド出店数は3000を超え、まさに東南アジアのAmazonといった感じです。

カテゴリーとしてはファッションカテゴリーの人気が高いようです。

ベトナムのECサイト1-1:Lazadaを実際に使ってみた感想

私も何度かLazadaを使用しています。
サイトの基本言語が英語にも変えられるので、外国人にも使いやすいのが嬉しいですね。UI自体は一般的なECサイトと同じなのでそれほど操作に迷うことはありませんでした。

商品や出店者の評価が見られるようになっているので、なるべく評価の良い出店者から買うようにすると良いでしょう。

配送は通常2日〜1週間ほどで完了しますが、こちらも出店者のロケーションなどを見ながら判断できます。
例えば、家がホーチミンなのに、ハノイにある出店者から商品を買うと配送は少し長くかかってしまいます。

商品の中には、たまにコピー商品なども混じっていますので、あまりに安く売っているものはやめておいた方が無難です。
商品選び、出店者選びをきちんとすれば何の問題もなく商品を買うことができますので、オススメです。

ただし、配送は日本のようにきちんとはしていないので、壊れ物や精密機械などを買うのはオススメしません。

ベトナムのECサイト2:Shopee(ベトナムで最も有名)

ベトナムのオンラインショッピング
ShopeeのURL:https://shopee.vn/
Shopeeも、シンガポールで2015年に設立されたオンラインショッピングプラットフォームです。
現在は東南アジアを中心に、台湾、日本、ブラジルにも展開しています。

オレンジがトレードマークで、ベトナムでもよくCMをやっています。
2019年には月間アクティブユーザー数、アプリダウンロード数でLazadaを抜いています。

Lazadaと同じように、取り扱いの商品の幅は広く、日用品からファッション用品、カメラ、パソコンなどの電化製品まで扱っています。
キャンペーンなどが多いせいか同じ商品でもLadazaより安く買えることが多いのも特徴です。

ベトナムのECサイト1-1:Shopeeを実際に使ってみた感想

Shopeeも一度使ってみましたが、とてもスムーズに注文できました。
私は化粧品を注文しましたが、注文して2日後には届き、梱包もきちんとしていて好印象。

決済は現金やクレジットカードを選べます。
現金の場合は、受け取り時に配送業社に直接支払いで、日本の着払いと変わりませんね。

ベトナムのECサイト3:Tiki(2時間以内で配達も可能)

ベトナムのオンラインショッピング
TikiのURL:https://tiki.vn/
TikiはベトナムのB2Cオンラインショッピングサイトです。本社はホーチミンで、何と注文から2時間以内に配達されるというオプションもあります。
サイトがベトナム語になるので、適宜翻訳しながら使う必要はありますが、こちらも一般的なECサイトと同じような使い勝手なのでそれほど難しくはないと思います。

幅広い商品を取り扱っているのは他のECサイトと同じですが、商品のカテゴリーが他のサイトよりも、とても細分化されています。
価格帯別、メーカー別、2019年リリースの製品などの切り分けでもカテゴリーが作成してあるので、すでに買いたいもののメーカーが決まっている人、新しいものが好きな人などは商品にたどり着くまでが短く済みそうです。

ベトナムのECサイト4:Thegioididong(実店舗がベトナムに800店舗以上)

ベトナムのオンラインショッピング
ThegioididongのURL: https://www.thegioididong.com/
実店舗も持っており、電化製品店として有名なThegioididongもECサイトがあります。
実店舗はベトナムに800店舗以上あり、絶大な信頼を誇っています。

ベトナムでは特にスマートフォンなどの電化製品に関してはフェイクなどもあり、高い買い物になるだけに慎重になりたいもの。
こちらのThegioididongはかなり信頼できるので、スマートフォンやパソコンを買うときはこちらのサイトを使うのが良いかもしれません。

サイトもわかりやすく、高品質!バグが多いベトナムのサイトの中では珍しいほどちゃんとしたECサイトです。

ベトナムのECサイト5:Facebook(C2Cの取引も多くあり)

ベトナムのオンラインショッピング
FacebookのURL: facebook.com
ベトナム人は、オンラインショッピングにおいてもFacebookを活用します。
物の売り買いをするためのグループが多く存在しており、C2Cの取引が行われています。

ベトナム人は副業として小売などをする人が多いので、個人バイヤーや個人商店のスタッフがグループで品物の宣伝をしています。

特にバイク、家具などの中古品などはFacebookでのやりとりが多いです。
もちろん取引相手がちゃんとした人かどうかはきちんと見極めなければなりませんが、ちゃんとした人との取引では品物をお手頃な値段で買えることも。

ベトナムのECサイト6:AgataJapan(日本製品を販売)

ベトナムのオンラインショッピング
AgataJapanのURL: https://vn.agatajapan.com/
ベトナムのECサイトで日本製品を買いたいと思っても、なかなか見つけるのが難しい…。怪しい日本語が書いた製品ばかり検索にヒットしてしまうこともあります。

AgataJapanは日本製品を取り扱うECサイトで、STARMARK HOLDINGSが運営しています。2016年時点で取り扱いブランドは150を超えており、商品数自体はそれほど多くないものの日用品や食料品は多く取り揃えられています。

サイトが日本語で使え、最短で即日受け取れるのも嬉しいですね。
また、連動型の実店舗カフェもホーチミンにあります。

日本製品を買いたいけど見つからない!という人はこちらをのぞいてみてくださいね。

ベトナムのECサイト7:Chopp.vn(生鮮食品のデリバリー)

ベトナムのオンラインショッピング
Chopp.vnのURL: https://chopp.vn/
Choppは、生鮮食品を主に扱うデリバリーサイトです。ネットスーパーという感じの立ち位置ですが、Grabフードなどのように、ご飯やドリンクの配達もできます。
ターゲットはおそらく外国人、ベトナム人富裕層ということもあり、質の高い食品が揃えられています。

健康食品やオーガニック食品にも力を入れているので、ベトナムの食品に不安があるという方、ヘルシーなものを好む方はこちらのサイトで食品を探すといいでしょう。

私も一度利用しましたが、カスタマーサポートも英語を話せるのでとても安心で、とにかくユーザビリティがよかったです。

ベトナムのECサイト まとめ

ベトナムでECサイトを使うと、やはりフェイク商品がないか、配達が大丈夫なのかなどが気になります。
確かに中には質の悪いサイトもありますが、上記にあげたところはどこも使いやすくおすすめ。
出店者や出品されている商品をしっかりチェックして、ぜひベトナムでのオンラインショッピングを楽しんでくださいね。

在宅勤務でも、ショッピングを楽しみましょう~!

ベトナムでオフショア開発をするなら+αのサービスとメリットがあるバイタリフィへ

Offshore_1280x720

バイタリフィ並びにベトナム子会社のバイタリフィアジアでは、ベトナムでのオフショア開発に加えて、将来ベトナムのマーケットを狙っていきたい企業のお手伝いができるよう現地情報の提供を行っております、

また、ハイリスクかつ費用の高額な現地法人設立の前に低コスト&リスクでベトナム進出を試せる拠点開設プランなど、11年以上に及ぶベトナムでのオフショア開発経験を活かした+αのサービスとメリットを提供しております。無料でご相談頂けますので、ぜひ一度お気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ