ベトナムで楽しめるものといえば、コーヒー。
日本のカフェでも、「ベトナムコーヒー」として練乳が入ったコーヒーを楽しむことができますが、ベトナムの本場のコーヒーを楽しみたいという人も多いのではないでしょうか?

ベトナム国内にはコーヒーチェーン店が多くあり、どのカフェも人が多く入り皆コーヒーを楽しんでいます。
ベトナム旅行の際に楽しめるコーヒーチェーン店をご紹介いたします。

オススメのコーヒーチェーン店その1: HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)

ベトナムのコーヒーチェーン店
ハイランズコーヒーは1998年にベトナム系アメリカ人によって設立されたコーヒーショップで、今やベトナム全土に80を超える店舗を構えています。

安くて美味しい、お店が綺麗、バインミーなどの軽食もあるということで客層としてはベトナム人がほとんどです。

ベトナムコーヒーは29000ドン(約145円)から楽しめます。カフェラテ、アメリカーノ、フルーツティなど、飲み物のバリエーションが多いので、誰と行ってもみんなが気軽に楽しめるカフェでもあります。

ハイランズコーヒー公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その2: Trung Nguyen Coffee(チュングエンコーヒー)

ベトナムのコーヒーチェーン店
チュングエンコーヒーもハイランズコーヒーに匹敵する、べトナム全土に展開するコーヒーチェーン店です。
ハイランズコーヒーが安くて美味しい、どんな人も楽しめるカフェなのに対して、チュングエンコーヒーは、ベトナムコーヒーは4,5000ドン(約225円)からありますが、一番高いベトナムコーヒーが150,000ドン(約750円)と相場に比べて非常に値段が高い、高級路線のコーヒー店です。

ベトナムを代表するコーヒー豆であるロブスタ豆を使用したコーヒーは香りがよく、ベトナムコーヒーでも、ブラックコーヒーでも深みがあり美味しいです。
また、コーヒー豆の販売も行なっており、ジャウネコのコーヒーも売っているのでお土産が欲しい方にもぴったりです。

ホーチミンにはお店の中に砂が敷いてある、リゾート感を味わえる店舗もあるのでぜひ一度足を運んでみて下さい。

チュングエンコーヒー公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その3: Passio(パッシオ)

ベトナムのコーヒーチェーン店
緑の看板が印象的なパッシオは、カジュアルな雰囲気のベトナムコーヒー店です。
ホーチミンでは60店舗ほど、ハノイ、ダナンは10店舗ほどと前述したカフェに比べると少ないですが、お手頃な値段と、癖のない味で人気を獲得しています。
ベトナムコーヒーは2,5000(約125円)ドンからと安く、クロワッサンやサンドイッチも提供しています。
フルーツティーや、スタバのようなクリームがのった甘いラテなどもあり、飲み物のバリエーションも広いです。

ハイランズコーヒーはファミリーや大人数で来るカフェというイメージがありますが、パッシオコーヒーはハイランズコーヒーよりも落ち着いた客層が多い印象です。
個人的には、軽食がサクッと食べられるものばかりなので、カフェに寄って軽食を食べながら軽く作業、という時にはぴったりだと感じています。

パッシオの公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その4: The coffee house(ザ・コーヒーハウス)

ベトナムのカフェチェーン店
写真はgooglemapより

ベトナムの若者に人気のコーヒーチェーン店といえばコーヒーハウスです。
カフェの内装にこだわりのある店舗が多く、広い店内で、オープンな雰囲気が共通して作られています。

ベトナムコーヒーは29,000ドン(約145円)から。
私はよくアメリカーノを頼んでいますが、酸味のあるコーヒー豆を使用しておりとても美味しいです。紅茶マキアート、抹茶マキアートなども甘くて美味しいですし、マンゴーやブルベリーのスムージーもあり、比較的年齢層の低い人たちがよく来てドリンクを飲みながらおしゃべりしています。

ザ・コーヒーハウスの公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その5: Cafe MILANO(カフェ・ミラノ)

ベトナムのカフェチェーン店
写真はgooglemapより
カフェミラノは、前述したカフェとは違っておそらくローカルの人々が営業するフランチャイズ店。なんともベトナムらしい半野外のカフェがほとんどで、ストリートに低い椅子を出して営業しているようなところが多いです。

コーヒーは1杯1万〜2万ドン(約50円〜100円)からと破格の安さ。コーヒー豆からちゃんと挽いているところもあり、味はしっかりしています。

ほとんどのお店では、メニューはベトナムコーヒーのみというところが多くドリンクのバリエーションはありませんが、安い、ベトナムらしさを感じられる、という点で、旅行中に見つけたらぜひ一度挑戦して欲しいお店でもあります。

カフェ・ミラノの公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その6: Phuc Long Coffee & Tea(フックロン)

ベトナムのコーヒーチェーン店

フックロンは、1968年にベトナムでお茶とコーヒーの提供を始めたという老舗コーヒー店です。その名の通り、コーヒーだけではなくお茶、紅茶も提供されているのが特徴です。

ベトナム全国で60店舗を越しており、どんどん拡大している勢いのあるフックロンですが、私のオフィスの近くにあるフックロンも常に人でいっぱいで、地元の人に愛されるコーヒーショップという感じです。

私はフックロンに行くときは大抵ミルクティーを頼みますが、茶葉の味がしっかり出ていて渋みがありつつも程よい甘さが楽しめるのでオススメです。
お土産用のコーヒー豆も売っている他、コーヒー豆の量り売りを行なっている店舗もあります。

フックロンの公式サイト

オススメのコーヒーチェーン店その7: CONG CAPHE(コンカフェ)

ベトナムのコーヒーチェーン店
写真はgoogle mapより
コンカフェは、他の店舗と違って明確に「共産主義」というコンセプトを持って店舗の設計をしているカフェです。お店のインテリアは全て共産主義を強く打ち出したものとなっているので、歴史に興味がある方にはたまらないかもしれません。

プロパガンダのイラストや、古びた本、低い机、どれをとっても日本人にとっては新鮮に映るためトラベルガイドブックではよく観光地としてあげられているカフェでもあります。

ベトナムコーヒーは35,000ドン(約175円)から楽しめます。
オーソドックスなベトナムコーヒーの他に、ココナッツミルクコーヒー、ピーチティーとパッションフルーツティー、ココナッツミルクとドリアンのシェイクなど変わり種な飲み物も多く、新しい味に出会ってみたい人にもオススメ!

私が初めてハノイの店舗に行った時に驚いたのは、内装がかなりレトロな感じだったのに加え、お店でひまわりの種もフードとして提供しているため、床にひまわりの種の殻が散乱していたこと。

最初に見たときはびっくりしましたが、長く住むとコーヒーとひまわりの種はセットで楽しむものとされていることがわかってきました。コンカフェの店内やお店の周りの野外の席ではみんなひまわりの種を食べています。もちろん殻は床に落としていくスタイルです。

コン・カフェの公式サイト

コンカフェが最もベトナムを感じられるカフェチェーンかもしれませんので、特に歴史に興味が強い人は行ってみてくださいね。

オススメのコーヒーチェーン店その8: Cafe RuNam(カフェ ルーナム)

ベトナムのコーヒーチェーン店
ルーナムカフェはおしゃれで高級、ハイクラスなカフェです。
ベトナム全土の店舗数が15店舗ほどとそれほど多くはありませんが、雑貨などを一緒に販売している店舗も多く、いつも観光客、特に欧米系の人で賑わっています。

ベトナムコーヒーは88,000ドン(約440円)と相場からすると高いですが、接客レベルも高く、雰囲気料だと思えば納得のお値段です。
店舗によっては食事も充実しているので、がっつりご飯を食べたいという人は食事メニューが充実しているRuNam Bistroなどを選ぶといいでしょう。

オリジナルのティーセットや、お菓子セットも売っており、プレゼント用にとても良いです。アラビカ豆100%のコーヒー豆のパックは1000円ほどで店舗で買えます。パッケージが可愛いので、お土産にぴったりです。

カフェルーナムの公式サイト

まとめ

ベトナムコーヒーは、ベトナムに来たら是非一度挑戦してみてほしいものの一つです。
チェーン店も各々で特徴があるので、お気に入りのカフェを見つけてくださいね。

ベトナムでオフショア開発をするなら+αのサービスとメリットがあるバイタリフィへ

Offshore_1280x720

バイタリフィ並びにベトナム子会社のバイタリフィアジアでは、ベトナムでのオフショア開発に加えて、将来ベトナムのマーケットを狙っていきたい企業のお手伝いができるよう現地情報の提供を行っております、

また、ハイリスクかつ費用の高額な現地法人設立の前に低コスト&リスクでベトナム進出を試せる拠点開設プランなど、11年以上に及ぶベトナムでのオフショア開発経験を活かした+αのサービスとメリットを提供しております。無料でご相談頂けますので、ぜひ一度お気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ

ベトナムとオフショア開発の関連記事

▼オフショア開発とは?
http://vitalify.jp/app-lab/whatisoffshore/
▼オフショア開発はなぜベトナムがいいのか?
http://vitalify.jp/app-lab/why_vietname_is_best_for_offshore/
▼【No.1老舗企業が教える】オフショア開発の課題・デメリットとは?
https://vitalify.jp/app-lab/offshore_merit_issue/
▼【オフショア開発】2019年のベトナムエンジニアの平均給与は?
https://vitalify.jp/app-lab/20200204-vietnam-salary2019/
▼【ベトナムオフショア開発の単価】ベトナムは日本の3分の1って本当?
https://vitalify.jp/app-lab/20191004_offshore-price/