東南アジアの中でも安定して経済成長を続けるベトナムは、ITサービス分野においても現地で収益をあげる「マーケット」として注目をされています

しかし現地法人を設立して販売活動を行う場合、投資金額も大きくなりうまく行かなかったときのリスクも大きい為、なかなか進出に踏み切れない会社も多いです。

そこですでにベトナム進出済みの当社がお手伝いすることで、現地法人設立前でもできることについて紹介します。

1. ベトナム市場を狙ったテストマーケティング・お試し販売

日本や他国で展開中のITサービスやソフトウェアがベトナムで売れるのか、ニーズがあるのかを知りたい、試しに売ってみたい。しかし現地法人を設立するとなるとコストも高いし、上手くいかなかった時にすぐに撤退できない(税務調査などで閉じるまで1年超といった話もあり)リスクの大きさがネックになっている・・・そんなお悩みのお客様へ。

ベトナムのネットを利用者は増加中

お客様のITサービスやソフトウェアを当社を活用して試しに販売(小売り・卸売り)することが可能です。

販売方法としては、ダウンロード販売やライセンス型、サブスクリプション型での提供、月額課金といった様々な形態で対応可能ですし、ソフトウェアの導入サポート(インストール作業)、保守対応、ITコンサルといった各種サービスの販売をすることも可能です。

試しに一時的に販売活動を行って結果を見てから、自社現地法人設立の判断ができるのでリスクを大幅に低減できます

2. ベトナムでの雇用や日本人の常駐対応

ITエンジニア以外に、販売活動を行うにあたって必要な専任の営業マンをベトナムで採用することや、市場調査段階では専任者を雇用して調査させることもできます

またお客様のご担当者がベトナムへ常駐する際は、短期/長期ビザや労働許可証の手配、所得税や社会保険料の申告対応、住居手配や生活面でのサポート致します。

オフィス内には当社の日本人が10名ほどいるため、初めてのベトナムであっても安心してお仕事、困ったときは日本語で相談できる環境があります。

3. ローカライズ対応・自社拠点開設の準備

ベトナムでテスト販売をするにあたって、ベトナム語版の開発を行ったりユーザーサポート体制を構築するといったローカライズ対応、そのチーム構築ももちろん可能です。

営業活動を行う販売チームと開発チームとが同じオフィス内で密に連携を取り合うこともできるため、現地法人設立前に自社のベトナム拠点として活用することができます。

その後、事業の拡大が見えたタイミングで現地法人立ち上げを行い、そのままチームメンバーの移行(移籍)も可能となります。

4. お客様の開発チームのマネジメントサポート

当社の社内に開発拠点を設置頂くことで、ベトナム人ITエンジニアのマネジメントについてサポート対応が可能です。

ベトナムオフショア開発のパイオニアとして2008年から丸12年のオフショア開発経験を活かし、例えば採用の際に注意すべきポイント・・・ベトナム人エンジニアのどういった所を見ればよいのかや、従業員から昇給や退職の要望があったときの対応方法といったアドバイスできます

また上記の写真の様に、社内で頻繁に実施している勉強会などに、お客様のエンジニアも参加してスキルを高めることもできます。

5. 上記に該当しないケースでもご相談下さい

バイタリフィのベトナム子会社であるバイタリフィアジアでは、ベトナム国内において上記対応が可能なビジネスライセンス(営業許可)を取得しております。

もちろん素早く新サービスの立ち上げを行いその後サービスをグロースさせたい、人手不足なのでエンジニアを確保したいといったオフショア開発、AIを活用したサービス開発・商品開発も対応可能です。

上記に直接該当しないケースであっても、できる限り柔軟に対応したいと考えておりますので、まずは下記より一度お問合せいただけましたら幸いです。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ