オフショア開発は自社でもメリットになるのかわからないという方は多いのではないでしょうか?
今回は代表的な9場面をご紹介いたします。

自社に当てはまるものはないかチェックしてみてくださいね!

【1場面】開発を外注するならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット

コロナウイルスの影響で派遣やSES契約を終了してしまい即戦力となる人材を探している。
自社サービスを行っているが社内のエンジニアが少ない。
予算の縮小が決まったため外注費用を抑えたい。

派遣・SES任せはリスクがありませんか?開発を外注するなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【2場面】ハイエンドなエンジニアをスピーディーに確保するならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット2

新規サービスの構築を検討中でスピーディーに開発を進めたい。
既存システムのリファクタリングを考えている。
該当する言語に対応できるエンジニアのリソースが社内にはない。

Laravel、ReactNative、Go言語など、ハイエンドなエンジニアをスピーディーに確保するなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【3場面】研究開発やモック制作など新商品開発を能動的にサポートするならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット3

新商品開発をしたいが最低限動くものを作らないと社内プレゼンできない。
企画予算内で技術的な可否の検証をしたい。
社内の企画部門で対応できるエンジニアがいないのでサポートが必要。

新規事業に挑戦しませんか?研究開発やモック制作など新商品開発を能動的にサポートするなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【4場面】スタートアップ企業であり、スピーディーにサービスのリリースをするならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット4

起業から間もない為、優秀なエンジニアを採用できない。
開発を継続的に依頼できるアウトソース先を探している。
スタートアップなので初期コストを最低限に抑えたい。

スタートアップ企業を支援します。新たなスマホアプリやWebサービスをスピーディにリリースなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【5場面】アジアに進出してグローバル展開するならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット5

現在は日本を中心にサービス展開しており、今後はアジアに展開したいと目論んでいる。
国内需要の頭打ちを懸念しており、海外進出戦略を立てている。
グローバル展開を考えており、海外に専属チームが欲しい。

時代はアジア!ベトナムに進出して、グローバル展開するなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【6場面】コスト50%削減可能?!受け身の保守から攻めの改善に変えるならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット6

既存事業をよりパワーアップさせたいがコストは限られている。
定期的にアプリやWEBサービスのバージョンアップを行いたい。
ユーザーからの要望をスピーディーにサービスへ反映させたい。

エンハンス開発のコストを50%削減?!受け身の保守から攻めの改善に変えるなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【7場面】ECcubeやWordpress,Salesforceのカスタマイズならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット7

なるべく安いコストで自社に合ったカスタマイズ開発をしたい。
パッケージサービスのカスタマイズ実装をしたいが社内で対応できるものがいない。
ノウハウのある優秀なエンジニアチームにスピーディーに対応して欲しい。

ECcubeやWordpress、Salesforceなどカスタマイズ専門部隊が理想を形に変えるなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【8場面】DX推進に向けた御社専属チームを作るならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット8

既存のシステムが複雑化しており新しい手法やテクノロジーを導入できない。
DX専属チームを作りアジャイル開発でプロジェクトを成功させたい。
DXを推進すべきと理解しているがリソースやノウハウが足りない。

これからはDX時代のIT戦略が必要です!DX戦略の御社専属チームを作るなら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

【9場面】D2C企業必見!ECサイトの構築ならベトナムのオフショア開発で

ベトナムオフショア開発メリット9

管理画面や自社の独自機能などを自由度高くカスタマイズできる開発チームが欲しい。
最初はコストをなるべくかけずにECサイトを構築したい。
D2Cの環境を構築したいが社内のリソースが十分に確保できない。

「D2C」を始めたい企業必見!ECサイトの構築なら完全日本語対応のバイタリフィのオフショア開発がおすすめです。

ベトナムでオフショア開発をするなら+αのサービスとメリットがあるバイタリフィへ

Offshore_1280x720

バイタリフィ並びにベトナム子会社のバイタリフィアジアでは、ベトナムでのオフショア開発に加えて、将来ベトナムのマーケットを狙っていきたい企業のお手伝いができるよう現地情報の提供を行っております。

また、ハイリスクかつ費用の高額な現地法人設立の前に低コスト&リスクでベトナム進出を試せる拠点開設プランなど、11年以上に及ぶベトナムでのオフショア開発経験を活かした+αのサービスとメリットを提供しております。無料でご相談頂けますので、ぜひ一度お気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

ベトナムオフショア開発メリット10
問い合わせ

ベトナムとオフショア開発の関連記事

▼【ベトナムオフショア開発の単価】ベトナムは日本の3分の1って本当?

【ベトナムオフショア開発の単価】ベトナムは日本の3分の1って本当?


▼【No.1老舗企業が教える】オフショア開発の課題・デメリットとは?

【No.1老舗企業が教える】オフショア開発の課題・デメリットとは?~ベトナム編~


▼【富士通クラウドテクノロジーズ様 インタビュー】オフショア開発で運用コストが半減!

【富士通クラウドテクノロジーズ様 インタビュー】オフショア開発で運用コストが半減!


▼オフショア開発の活用がリモートワークの品質と生産性向上へ【金内様インタビュー】

オフショア開発の活用がリモートワークの品質と生産性向上へ【金内様インタビュー】