ユーザーとのコミュニケーションがより重要になっている今、チャットボットを導入している企業も増えてきています。

まだチャットボットを使ったことがない方は、どんなチャットボットがあるのか、どんな効果が期待できるのかがわからないので導入に至っていないという方もいるかもしれません。今回は、どんなチャットボットがあるのか、導入しやすい無料のチャットボットがあるのかなどをご紹介していきます。

1. チャットボットとは?

無料で使えるチャットボット
チャットボットとはどのようなものなのでしょうか?
チャットボットとは、テキストでリアルタイムにやりとりをするチャットと、自動応答のボットを組み合わせたもので、人工知能を組み込んでユーザーが入力したメッセージを解析して自動で返信を行うようなシステムを指しています。場合によっては人工知能は入らず、プログラムしたものだけで対応するものもあります。

サービスのお問い合わせページでチャットボットを導入して、よくある問い合わせに対応したり、お客様の声をチャットボットから聞いたりと言った使い方ができます。

2. どのようなタイプのチャットボットがあるの?

チャットボットにも様々なタイプがあり、それぞれ用途に応じて使うことが必要になってきます。
まずはどんなタイプがあるのかを見てみましょう。

2-1. ルールベース(シナリオ)型

無料で使えるチャットボット
ルールベース型とは、事前に用意しておいたシナリオに沿った会話を展開していくものです。イメージとしては、YES/NOの診断テストに近いものが多いでしょう。
基本的には人工知能も搭載されておらず一定のルールに従うため、柔軟な対応はできません。

選択肢型と呼ばれるチャットボットにはこのようなものが多く、選択肢を先に決めておき、ユーザーに選択させていくことで答えを出していくものです。例えば問題解決のためのページに誘導する、予約をするなどの単純なものはこのシナリオ型で対応できます。

2-2. 機械学習型

無料で使えるチャットボット
機械学習型のチャットボットは、大量のデータを学習させて対応できるようにしたチャットボットです。最初のうちはユーザーからのインプットに対して的外れな対応をしたり、答えられなかったりすることもあるかもしれませんが、データが集まれば集まるほど更に学習してより正確に答えられるようになります。

サービスのトラブルの解決や、操作方法の案内をしていくなどの用途で使われます。

2-3. 辞書型

無料で使えるチャットボット
辞書型のチャットボットとは、予めキーワードを登録しておいて、そのキーワードに対応する応答を返すものです。辞書型でも大量のデータが必要になるため、事前にキーワードをより多く登録しておくことで自然なやりとりを実現することができます。

上記の選択肢型と、辞書型を組み合わせたり、適宜機械学習を入れていくことでより良い対応をできるチャットボットを作っていくことが可能になっていきます。

無料でチャットボットを試してみる

3. チャットボット導入によって得られるメリットは?

どのようなタイプがあるかがわかったところで、チャットボット導入によるメリットも確認しておきましょう。

3-1. 自動対応により人の対応の負担を減らせる

無料で使えるチャットボット
チャットボットの何よりのメリットは、今までカスタマーサポートなどで対応しなければならなかった部分をチャットボットに置き換えることで負担が減るということでしょう。

もしチャットボットがなかったらユーザーからの問い合わせは電話かメールで受付、それに対してカスタマーサポートの担当者が一つずつ対応していくことになります。

チャットボットを導入することで、今まで対応に追われていたような電話・メールを削減することが可能です。同じような質問や問い合わせ内容に関しては、チャットボットで応対しておくようにすることでカスタマーサポートの混雑が緩和され、より困っている人へサポートが行き届くようになります。

3-2. ユーザーにスピード感を持って対応できる

無料で使えるチャットボット
問い合わせの時に電話がつながらない、メールの返信が遅い、などでイライラした経験がある人は多いのではないでしょうか?ユーザーにとっては、サポートに電話しているのになかなかつながらず問題が解決されないというのは大きなストレスです。
場合によっては企業のブランドに悪い印象を与えることにもなるでしょう。

チャットボットを導入すれば、ユーザーがよりスピーディに問題を解決することができる可能性が上がります。

例えば、電話やメールをするほどではなくてもサービスを使っていてよくわからないことが出てきた時に、QAページを探したがなかなか出てこず時間を多く使ってしまうこともあるでしょう。そんな時にチャットボットに問題を入力することで、自動でQAページに案内されるようにしておくと、ユーザーにとっても企業にとっても時間を節約できます。

3-3. データを集めユーザーの分析に活かせる

無料で使えるチャットボット
チャットボットを長く使っていくうちに、ユーザーがサービスを使っていてどんなことに困っているのか、どんなことがユーザーの関心事なのかがデータとして蓄積されることになります。

開発者の立場では絶対にわからないような簡単なところでユーザーが詰まっていたり、逆に思いもしないような使い方をしていたりといったこともチャットボットを使うことで見えてくるでしょう。

そのデータを活用してサービスの改善につなげたり、よりユーザーが簡単に参照できるような使用案内を出したりといったアクションにつなげていくことができます。

カスタマーサポートなどでもユーザーのニーズや悩みは吸い上げますが、忙しくてどのような悩みが多いのかをまとめる時間も、振り返る暇がないことも多いかもしれません。チャットボットであれば、ユーザーからの入力データは自動で集められますので、週次や月次でそのデータを分析して、改善案を出すなどする機会を設けることができます。

4. 無料でチャットボットを試せるサービスは?

メリットがわかったところで、無料でチャットボットを試せるサービスをご紹介します。
もちろん機能の制限や使える期間の制限はありますが、今までチャットボットを使ったことがないのでとりあえず試したいという方には、これから紹介するようなサービスの無料体験を行うと良いでしょう。

4-1. FirstContact (ファーストコンタクト)

チャットボット

FirstContactは、AIを搭載したWebチャットだけでなく、Webプッシュを利用した追客、販促ツールとしても利用可能なサービスです。自動応答に対応した国産のAI搭載Webチャット、チャットボットでは最安値で、スマートフォンにも対応しています。シンプルな機能で使いやすいチャット型Web接客ツールなら「FirstContact」がおすすめですね。

月額2,980円でチャットが使い放題ですが、20日間の無料体験があります。こちらは、実際にサイトに設置して無料で試すことが可能です。

プッシュ通知での返信」や「AI対応ON/OFFの切り替えが可能」、「LINEやFacebookとの連携も可能」などの細かい機能もあるため、商品の申し込み件数が0件から60件以上にアップした実績もあるようです。

FirstContact無料トライアルのお申込み

4-2. Repl-AI (レプル・エーアイ)

無料のチャットボット

Repl-AIは、NTTドコモとインターメディアプランニングが開発したチャットボット作成サービスです。簡単にシナリオ型のチャットボットが作れるのに加え、SNSなどにも連携することができます。また、過去の会話などを記憶して次に活かすことも可能なため、より自然な会話を実現させることができます。

4-3. Anybot

無料のチャットボット
Anybotも無料でチャットボットを試せるサービスです。
アイコンやUIもカスタマイズすることができ、よりブランディングに合わせたチャットボットを導入することができます。作ったチャットボットは、HTMLを1行挿入するだけでサイト内に表示することが可能です。

4-4. HubSpot

無料のチャットボット
HubSpotでは総合的なマーケティングやカスタマーサービスの総合的なCRMを提供していますが、その中にチャットボットサービスもあります。
HubSpotでは豊富なテンプレートが準備されており、初めての人でも簡単に始められるように工夫されている他、ある程度のカスタマイズを加えてより自社に合ったフローのチャットボットを作成することも可能です。

マーケティングツールを提供していることもあり、メールなど様々なツールのと連携もでき、有望な顧客になりうると判断した場合はチャットボットで完結せずに担当者に引き継ぐなどの対応も可能です。

5. まとめ

多くの企業で導入されているチャットボットは企業の生産性をあげるとともに、ユーザーに良い体験を提供するものです。
まずは無料で試してみて自社にメリットがありそうだと感じたら開発をしてみるのもおすすめです。

6. チャットボット関連記事一覧

▼今からでも間に合う!本気でマーケティングしたい企業のためのLINEとチャットボットの使い方!

今からでも間に合う!本気でマーケティングしたい企業のためのLINEとチャットボットの使い方!

▼テレワーク導入の課題解決!チャットボットという選択肢

テレワーク導入の課題解決!チャットボットという選択肢

▼チャットボットのサービス比較〜AI搭載機能もご紹介〜

チャットボットのサービス比較

▼チャットボット広告ってどんなもの?~会話が生み出す広告体験~

チャットボット広告ってどんなもの?