突然ですが、皆さんベトナム人学生のリアルライフ、気になりませんか??

気になるけれど、ネットで検索しても載っていない…知る手段がない…

ということで、実際に大学に行ってベトナム人学生にインタビューをしてきちゃいました!

1.突撃インタビュー!

今回のインタビューでは、『ファッション』『娯楽』『食事』の三つの分野に分けて、計14名の学生に調査しました。

 

1.1 ファッション編

ファッション編では、好きな洋服屋、その店をどこで知ったか、一ヶ月の洋服代の3つを聞いてきました!

ベトナムで、どこで洋服を買えばいいか分からず、悩んでいる方は若者の流行ブランドが知れるチャンス!是非、参考にしてみてください。
(ちなみに私がそのうちの一人です)

- 好きな洋服屋はどこですか?

 Libé
 yame
 the new playground

女子学生が多くあげていたのは、Libéというお店でした。

引用: https://www.instagram.com/libeworkshop/

男子学生からのおすすめは、yameというお店があがりました。

引用:https://www.instagram.com/yame.shop/?hl=ja

やはり実際に現地学生に聞いてみないと、分からない店名ばかりですね

どうやって、そのお店を知りましたか?と、聞いてみると皆口を揃えて

『『『instagram』』』

と言っていました。時代はSNSですね。

-一ヶ月にかかる洋服代はいくらですか?

1位 150万ドン
2位 100万ドン
3位 200万ドン

基本、皆100~200万ドン(5000円~10000円)でした。

 

↑12月はクリスマスセールがあり、安く買えるのでいつもより買いすぎてしまった…といっていたオシャレな3人組の学生

 

1.2 娯楽編

娯楽編では、休日はどう過ごしているのか、若者の間で流行っているものを聞いてきました!

- 休日はどう過ごしていますか?

 Cafe
 Shopping
 Gamecenter
 Karaoke

大半の人が、cafeで友達と喋りながら過ごす、と言っていました。

日本人だとよく行く映画やボーリング、と言った意見が1つも出てこなかったのが意外でした。

 

↑いつも休日は、郊外に写真を撮りに行くそうです。

- 現在、若者の間で流行っているものはなんですか?

Instagram
Facebook
YouTube

先ほども言いましたが、時代はSNSですね。

皆、即答でこの3つをあげていました。

ちなみに、ベトナムでtiktokはそこまで流行っていないそうです。

 

1.3 食事編

日本と違い、ベトナムにはレストランの他にも安く食べられるストリートフードが多く存在します。

↑これはxôi

そこで食事編では、好きなレストラン、ストリートフード、一ヶ月の食費の3つを聞いてみました!

- 好きなレストランはどこですか?

1位 pizza 4p’s
2位 baozi
3位 ngọc sướng seafood restaurant

好きなレストランを聞いたところ、超有名店 “pizza 4p’s”が堂々の一位!

次に多かったのが“baozi”というおしゃれな台湾料理屋。こちらのお店の名前は初めて聞きました。

皆、おしゃれなお店をたくさん知ってます。

この他にも、よく寿司を食べに行くといっていた学生や、street foodが好き!と言っていた学生も…

 

そんな熱い支持もあるストリートフードの中でも一番人気だったものが…

『『『cơm tấm』』』

cơn tấmと言われてもイメージつきませんよね。

こんな感じの食べ物です。

甘いタレ味付けされ、炭火で焼いた豚肉がご飯の上に乗っています。

とても美味しいです。

ベトナム人にはもちろん、日本人の口にも合うお味で、納得の人気ストリートフードです。

- 一ヶ月にかかる食費はいくらですか?

1位 100万ドン
2位 200万ドン
3位 150万ドン

いつも家で食べる、と言っていた学生以外は、皆100万ドン以上(5000円以上)はかかっていました。

食費にかかるのは200万ドン(10000円)、と答えた学生が一番多かったです。

食費は日本と比べると、かなり安いですね。

実際に、ストリートフードだと2~3万ドン(100円~150円)でローカルフードを食べることができます。

(cơn tấmもそのくらいの値段で食べれます)

- ひと月の生活費はいくらですか?

1位 500万ドン
2位 700万ドン
3位 300万ドン

生活費は500万ドン(2万5000円)と言っている学生が圧倒的に多かったです。

 

大体600万ドン~500万ドンくらいかな、と予想していたので、700万ドンと答える学生が2番目に多かったのに驚きました。

 

2.実際に行って見た

2番目人気のレストラン「Baozi」に行ってきました!

おしゃれな店構えです。

メニューはこんな感じ

今回頼んだ料理は、baosとtempla ramenです。

 

 美味しそうです。

 あれ?天ぷら要素…

全体的に、イメージしていたものより少し小ぶりでした。

 

baoは美味しかったのですが、ラーメンは日本で慣れ親しんでる味とは全く違い、少し甘口で日本のラーメンが恋しくなるような味でした(笑)

 

3.感想

全体的にみて、日本人学生の生活と比べてみても、そこまで違いはないかなと思います。

しかし、さすがベトナムお金の面では日本と比べるとベトナムの方が安いです。

ベトナム最高ですね。

 

4.オマケ、日本人のイメージは?

せっかくなので、日本人のイメージも聞いてみました。

「丁寧」「真面目」

というポジティブな意見が出るなか、

「内向的」「一人が好き」

といったネガティブな意見も多く…

そして皆が口にしていたのが

『『『 hard work 』』』

日本人死んでまうで!!

 

ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

様々な課題解決にAIを活用するケースは依然として増えており、今後もその波は継続していくと見られます。

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2018.12.26
「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルデータを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら