スマートフォンアプリの企画・開発やAI事業、ベトナムでのオフショア開発を行っているバイタリフィでマーケ担当をしている清野と申します。
今回は一目見るだけでコンセプト・情報が伝わるクリエイティブなデザイン制作が得意なデザイナー”根岸茜里”にインタビューしてきました!
デザインセンスが光る彼女は文章センスもピカイチ!なんと、過去には文学界で著名な谷川俊太郎氏から直々に賞を貰った経験もあるとのこと・・!様々な確度から芸術的才能が垣間見える彼女は一体どんな人物なのか?ぜひ最後までお読みくださいね!

Q1. 根岸さんの自己紹介をお願いします。

制作部デザイナーに所属している”根岸茜里”と申します。
高校在学中は詩・小説・児童文学など文章表現を得意とし、詩人で有名な谷川俊太郎氏から直々に賞を受け取るなど文学的なセンスを磨いておりました。その後は、武蔵野美術大学に入学。デザイン情報学科で4年間デザインについて学び、卒業制作でこれまでの順番の概念を覆す「順番のない物語」という題材の企画を手がけました。物語は1から読み進めなければ話が通じないという順番の決まりを打ち破り、巻数を気にせずに好きな場所から読んでも楽しめる物語になっています。また、人形劇団の座長としても活躍し人形制作の企画~制作・展示まで全て手掛けるなど様々な角度からデザイン制作を学んでおりました。
大学卒業後は、2020年4月にバイタリフィへジョインし約1年間Webデザイナーとして働いています。

Q2. 普段の業務内容を教えてください

デザイン業務としては主にカンプやWebページのデザイン、バナー制作などを行っています。その他はSNS運用代行案件で発生するSNS投稿の確認作業やFirstContactのシナリオ制作案件を担当しています。

この中でも現在はWebページ制作をメインで行っており、サイトのロゴやイラスト、ファーストビュー、デザイン構成までを一貫し担当しております。また、デザイナーとして商談の同行に行くことも多いのですが、その際は、よりクライアントがイメージしやすいようデモページを制作することもあります。SNS投稿は、別のデザイナーが作成した投稿内容の最終確認や品質向上のための編集を行っています。

Q3. なぜWebデザイナーになろうと思ったか教えてください

時代の流れが早く、流行や媒体など移り変わりのスピードが激しいWebデザインの世界に魅力を感じたことがきっかけです。
私が美術大学で専攻していたのは出版物のデザインだったのですが、出版物のデザインはどちらかというとあらかじめある基礎に、新しいモノを積み重ねていくといった土台ありきのデザインが主流でした。自分は一から新しいモノを作り上げたい気持ちが強かったので、何か異なる感覚を覚えたこともあり、Webの道へ舵をきることにしました。

Webデザイナーとして働いている今は、日々新しいモノづくりへ挑戦できることへのわくわく感でとても充実した毎日が送れています

Q4. これまでどのようなデザインを手掛けてきましたか?

根岸さんのこれまでの実績を見せていただきました。(※一部抜粋)

株式会社アカデミー・デュ・ヴァン

<納品物>
飲んで学べる世界のワインセットテキストブックVOL1~3

<対応範囲>
紙面デザイン

<成果>
表紙のイラストレーションから内容まで、大人の女性や男性向けの上品なレッスンを意識したデザインに仕上げた。次のレッスンに繋がる導線づくりに助力した。

▼株式会社バイタリフィ

<納品物>
ウェビナーバナー制作

DX×AI withコロナ時代を生きる!
モバイル市場で「AI」と「海外進出」が必須な10000の理由

<対応範囲>
デザイン

<成果>
いずれもコンセプト・情報が伝わるデザインを作成。特に、海外進出をイメージした「モバイル市場でAIと海外進出が必須な10000の理由」では世界に飛び出る開放感がありつつインパクトのあるデザインを作成。結果、集客を助長した。

Q5. どのようなデザインが得意ですか?

大多数に紛れても思わず見てしまう、見た人の記憶に残るデザイン制作をするのが得意です。サイズの小さなバナーやSNS画像でも、一目見ただけでコンセプト・情報が伝わるインパクトあるデザイン制作が可能です。

市場ではスマートフォンを持っている人が多いこともあり、様々な情報をスマートフォンから得るのが主流になっていると思います。そのため、Webに掲載するバナーやSNS画像はスマートフォンでも見やすく目立つものでなければ、ユーザーに見てもらえないと感じています。だからこそその点を意識し、情報がたくさん溢れる中でも、クライアントが伝えたい情報をユーザーに届けるべくクリエイティブなデザインづくりを今後も継続していきたいです!

バイタリフィオンライン無料イベント
根岸さん制作のバナー。沢山あるデザインの中でも目を惹くものとなっている。

Q6. デザインするうえで特に意識していることはありますか?

バイタリフィデザイナー写真

視野が狭くならないようにすることを特に意識しています。バイタリフィの環境は新しいモノづくりに敏感なのが特徴だと感じていますが、クライアントの中にも新しいものへ挑戦したいという気持ちでバイタリフィをパートナーに選んでくれる人は多いと思っています。だからこそ、決まった形に囚われるのではなく一緒に新しいものをつくりあげ、クライアントに寄り添えるデザイナーとして動けるよう意識しています。
また、様々な視点からターゲットユーザーについて考えることも心がけています。例えば、若年層ターゲットの動画配信アプリ制作に携わった際は、ターゲットユーザーはどんな情報量であれば見やすく使いやすいと感じるのか?また、そもそも若年層で流行しているものは何か等に着目しデザインの方向性を熟考しました。
これを踏まえて、その時ターゲットユーザーの中で流行っていたゲームのUIやアニメコンテンツのホームページをクライアントへ共有。結果的に、ターゲットユーザーにささるデザイン制作をするための検討材料を幅広くクライアントへ持っていただくことに繋がりました。

デザインを考えるときはどうしても類似したものを参考にしがちですが、一歩引いて全体を広く見ると様々な場所に良いデザインを作るためのヒントが隠れています。なので、そういったヒントを探し出すべくターゲットを取り巻く環境にまで視点を広げた提案を行うようにしています。

Q7. これまでの業務で思い出深いものはありましたか?

バイタリフィデザイナー写真

Webサイト制作案件を担当している時の話なのですが、クライアントからサイトだけでなく若い人向けのロゴを併せて作ってほしいと言われたことがありました。若い人と一口に言っても、活発で力溢れる若い人なのか?やわらかい印象でおしゃれ好きの若い人なのか?など具体的なターゲット像があると思ったので、クライアントへどんな若い人なのか?を細かくヒアリングしロゴを作成しました。いくつか候補を出した結果、1つのものを気に入っていただくことができたのですが、有難いことに「丁度イメージ通りです!」というお言葉を頂戴することができました。自分自身、この言葉を聞いてとても嬉しく感じたので思い出深いです。

また後日談ですが、クライアントからサイト以外の販促物にもロゴを使いたいといったお話もいただくことができました。先方のイメージに寄り添った提案を行うことができた結果が今回の話に結び付いたのかなと思っておりとても嬉しく感じています。

Q8. 今後挑戦してみたいことや目標にしていることはありますか?

年末から担当になったAIチャットボットのシナリオ制作に関する目標ですが、コミュニケーションをデザインすることに挑戦していきたいです。
現在、新しい生活様式となり人と人との距離が遠ざかっていると思いますが、そんな情勢の中で温かいコミュニケーションを求めているクライアントが多いと聞きました。
AIチャットボットは人ができないコミュニケーションを代わりにとることが可能なツールです。なので、シナリオ制作を行う際はユーザーがAIチャットボットでコミュニケーションがしっかりとれるような見た目をデザインすること。ユーザーがAIチャットボットとコミュニケーションをとった時に感じる嬉しい、安心する、楽しいといった気持ち部分もデザインすることを目標にしています!

デザイナーの仕事は、ただ綺麗なデザインを制作して終わりじゃなく、感情もあわせてコーディネートしていくことも大切だと感じているので、はじめは難しいかもしれませんがコミュニケーションデザインに力を入れていきたいと感じています!

Q9. 最後に根岸さんが感じるバイタリフィの魅力とは?

バイタリフィトップページ

会社全体が楽しみながらモノづくりをしているというのが魅力だと思います。制作部だけでなく営業部も、新しいものを作れることに喜んでいる人が多い印象です。例えば、クライアントが作りたいモノを形にしていくことを楽しい!と感じている人が多いので、自分たちで積極的に勉強もしています。仕事だからやるというよりも、自ら進んでモノづくりに取り掛かるプロフェッショナルな人が多いのが魅力です。

またデザイナー陣に関しては、自分だけしかデザイナーがアサインされていない案件であっても、他のデザイナーの意見やアドバイスをもらえる縦横の繋がりがしっかりした環境なのが強みです。1人だけだと偏った視野になってしまうことも、複数人の視野からみることで色んな視点で良いデザインを作ることができます。こういった環境面も魅力に溢れていると思っています。

【番外編!】根岸さんの○○教えてください!

好きな食べ物は?

物心ついた時から好きなので特に理由はないのですが・・たらこスパゲッティが大好きです!

▼趣味は何ですか?

絵を描いたり、読書をするのが好きです。最近では、Vtuberの配信を見るのにハマってます!

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?今回紹介したデザイナー”根岸茜里”の実績は一部となっておりますので、もっと詳しく知りたい!という方はお問い合わせいただければと思います。

バイタリフィは若くてクリエイティブな発想をもったデザイナーが多くいます。また、エンターテインメント系やサービス系、最新技術(AIやIoTなど)を活かした開発や制作を得意としておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。今ならデザイナー実績資料集プレゼント中です

問い合わせ

■関連記事はこちら

▼【著書本の出版経験あり!】超実力派!バイタリフィデザイナー上田とは?

▼【女性の心をグッと掴んで離さない!】バイタリフィデザイナー山中とは?