スマートフォンアプリの企画・開発やAI事業、ベトナムでのオフショア開発を行っているバイタリフィでマーケ担当をしている清野と申します。
今回は、デザインだけでなくコーディングやディレクションも1人でこなせるバイタリフィのカリスマデザイナー”田口翔太”にインタビューをしてきました!
UI/UXの設計に強みをもち、スピードをもった対応力に定評のあるデザイナーとのこと‥!”田口翔太”とは一体どんな人物なのか‥?実績も一部ご紹介しておりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

Q1. 田口さんの自己紹介をお願いします。

バイタリフィデザイナー

制作部に所属している田口翔太と申します。デザイナー歴は4年です。大学在学中にデザインの専門学校に通い、デザインに関する様々な知識を学んできました。在学中にフリーランスのデザイナーから仕事の手伝いを頼まれることが多くあったこともあり、4年程前からWebサイトやバナー制作に携わってきました。2019年にバイタリフィへ入社してからはディレクションからフロントエンドまでこなせるため、上流工程でユーザーのニーズを捉えたアイデアの発案とデザインの設計をすることができます。

Q2. 普段の業務内容について教えてください

デザイン制作に限らず、コーディングやディレクションなど幅広い業務に従事しています。普段自分が担当しているアプリやWebサイトのデザイン案件では、フロントエンドも自ら担っています。

また、2つの案件にディレクターとしてアサインされており、プロジェクトを監督・指揮する立場としてスピード感を意識した対応を行っています。クライアントとは打ち合わせや電話などを通じて進捗の確認やご要望のヒアリングをさせていただき、コミュニケーションを図るようにしています。クライアントが理想とする納品物を生み出すためにもサイクルを細かく回すように努め、なにか改善することがあった場合も迅速に対応し品質を高められる環境を整えるようにしています。

自分自身、デザイナーがメイン業務ではあるのですが、ライティング/コーディング/ロゴ制作/グラフィック/紙媒体/Web,App/UIUXを一括で行えるスキルをもっているということもあり、デザイナー業務の枠を超えてフロントエンドやディレクター業務を任せて貰っています。また、最近では後輩の育成も行っています。自分でいうのもおかしな話ですが、デザイナー、フロントエンド、ディレクター。社内で様々な役割を持って動いているので自分がデザイナーであることを知らない人も社内にいるんじゃないかって思ったりしています笑

Q3. Webデザイナーになろうと思ったきっかけを教えてください

バイタリフィデザイナー

自分自身、最も夢中になれることがデザイン制作だったからです。学生時代将来について考えた時に、自分自身が夢中になれることを仕事にしたいという漠然とした想いがあったのですが、当時の自分に夢中になれることはなく悩んでいた時期がありました。そんな中出会ったのがデザインです。

デザインを学び始めて間もない頃は、デザインなんて簡単にできるものだろうと安易な考えを持っていたのですが…いざ本格的に学び始めてみると想像の何百倍も奥が深く面白いことを知りました。それをきっかけに、デザインの魅力にどっぷりはまることになりました。

あまりにも夢中になりすぎて、学生時代には自分があったらいいなと思うアプリをプロトタイピングツールを使って作ってみたり、社会人になってからは休日関係なくデザインのことを考えるようになりました。デザイナー界隈で有名な人の作品を見た時も自分だったらこうするなというアイデアが湧いて出てきたりもするので、正直のところ「趣味はデザインを考えること!」と胸を張って言えると思っています。もし自分にニックネームをつけるとするならデザインオタクだと思います(笑)そのくらいデザインに夢中です。だから、今”Webデザイナー”として働くことができて毎日楽しく充実しています。

Q4. デザインをそこまで面白いと感じる理由はなんですか?

自分自身が、難しくなればなるほど面白いと感じるタイプだからだと思います。例えば、アプリデザインを行う際はただデザインを考えて終わりではなく、アプリの動作も踏まえて考えなければいけません。そうすると、どういう動きがいいのか?扱いやすい動作はどんなものだろうか?など考えることがどんどん増えて難しさが増していきます。自分自身昔から深く物事を考えることが好きな性格ということもあり、考えることが多く難易度もどんどんあがっていくデザインが面白いと感じるのだと思います。

Q5. これまでどのようなデザインを手掛けてきましたか?

田口さんがこれまで手掛けたデザインを見せていただきました。
※一部抜粋

▼株式会社バイタリフィ

<納品物>
自社開発サービス「FirstContact」「FirstSearch」ロゴ

FirstContactロゴ
FirstContactサービスロゴ①
FirstContactロゴ
FirstContactサービスロゴ②
FirstContactアイコン
FirstContactサービスアイコン
FirstSearchロゴ
FirstSearchサービスロゴ①
FirstSearchロゴ
FirstSearchサービスロゴ②
FirstSearchアイコン
FirstSearchサービスアイコン

<対応範囲>
制作・デザイン

<成果>
AI感やチャット感をロゴで表現。覚えやすいデザインでもあり、チャットボットサービスのブランディングに助力した。


<納品物>
自社開発サービス「ShareDrive」

Share Drive

<対応範囲>
制作・デザイン

<成果>
バイタリフィで新たにサービス展開を開始した「大容量ファイルサービス」。幾何学的な要素を生み出しサービスのブラディングに助力した。

Q6. どのようなデザインが得意ですか?

バイタリフィデザイナー

UI/UXを追求し、ユーザーの使いやすさ・見やすさをデザインするのが得意です。
例えば、高齢者ターゲットのアプリ開発案件を担当した時には、スマートフォンを使い慣れていない人・触ったことがない人でも使いやすいようにUI/UXを作り込みました。具体的には、アイコンを減らして文字に変えてみたり、パッと見て触りやすいようにボタンの位置を変え、要素を大きくしたりなど、高齢者が分かりやすいと感じるUI/UXを徹底的に考えユーザービリティ向上に繋がるデザインを制作しました。また、実際にユーザーが使用する環境に足を運び、太陽光や照明の当たり具合を考慮した配色を用いたり、とことん使いやすさ・見やすさを追求しました。
このアプリがリリースされた後、間接的ではありますが実際に使用しているユーザーから感想を伺うことができました。いただいた感想の中でも「とても使いやすかった」というお褒めの言葉が多かった、と聞いた時はとても嬉しかったですね。自分自身、ユーザーに使いやすいと感じて貰えるUI/UX設計を特に意識したというのもあり、「使いやすい」という評価は自分の意図したものが伝わった証拠だと考えられます。

今後もUI/UXを追求した案件があれば積極的に携わらせていただきたいなと思っています。

Q7. デザインをするうえで特に意識していることはありますか?

シンプル

「keep it short and simple.」という考えを一番大切にしています。KISSの原則と略されるクリエイティブ業界に通ずる考え方のひとつです。keep it simple.と表現されることもありますがこれはApple社のデザイナーが持っている哲学でもあります。色々な捉え方はありますが、良いデザインは「もうそれ以上削れないものである」という考え方を指しています。

KISSの原則に則ったデザインというのは、できる限り余分なものを削いだシンプルなもので、その中にはちゃんと世界感や使いやすさが感じることのできるデザインになっています。Webデザインではないですが、身近なものでいうと原研哉さんがアートディレクションを手掛けた無印良品がいい例です。無印良品は、無駄を省いていくことによって豪華なものよりもっと素敵に見える、という「これ”で”いい」の哲学のもとデザインされていて、余計なものが一切ないシンプルだけどデザイン性の高いものになっています。表現した言葉や分野は違うものの、Apple社と同じ哲学のもとデザインされていると思います。

Q8. KISSの原則(keep it short and simple.を踏まえてどういったデザイン制作をしているのですか?

バイタリフィデザイナー

自分がデザイン制作をする際、まず始めは全部思いつくものを取り入れて作ります。その後、徐々に引いていき最終的にスリムなデザインにしていくという流れで制作しています。最初に多く装飾して削ぎ落しを繰り返してスリム化していくイメージです。
また、無駄なものを省いていく過程でデザイン性が失われないように気をつけており、普段から世界中のトップデザイナーが公開しているデザインリソースを研究するようにしています。例えば、Instagramやdribbbleで積極的に作品を公開しているベトナムのビジュアルデザイナー・Tran Mau Tri Tamさんの表現や魅せ方を参考にしたり、Apple社やAdobe社と仕事をしているUI/UXデザイナー・Aurelien Salomonさんのデザインプロットやモーションデザインからインスピレーションを得たりです。とにかくいろんなものから吸収して業務でアウトプットしています

正直、デザインの勉強を始めた当初は、本能のままにデザインを付け加えた状態で完成させてしまっていたのですが、最終的に完成したものをみた時情報が散らばっていて見栄えが悪いと感じることが多々ありました。こういった経験があったからこそ、余計にKISSの原則を意識しはじめたのだと思います。なので今では、自分がデザイン制作をするときには「シンプル」「使いやすさ・見やすさ」「世界感」を表現できるように心がけています。

Q9. 業務で思い出深いことはありますか

FirstContact

入社2か月目で、自社サービスのFirstContactとFirstSearchのロゴ制作をしたことが思い出深いです。このロゴは「AI感とチャット感が欲しい。またアプリにしても、アイコンとして使えるようなモチーフにして欲しい。」という社内の要望をもとにゼロベースから作ったものです。手掛けた当時、元々あるものに手を加えるのではなくゼロベースから何か作ってみたいと考えていた時期だったこともあり凄く思い出に残っています。だからこそFirstContactとFirstSearchは思い入れが深く愛着があります(笑)

Q10. 今後挑戦してみたいことはありますか?

企画をゼロからデザインすることに挑戦してみたいと思っています。何もないところから考えて、こういう人に対してこういうサービスを提供したい、そのためにはどういうブランディングが必要になってくるか?など、サービス全体を企画・デザインして何か新しいモノを生み出すことに挑戦してみたいです!

人が作ったものに頼るだけでなく、自分で作り上げていきたいという想いがあるので。デザイナーだからこそできる企画デザインに挑戦してみたいですね。

Q11. 最後に田口さんが感じるバイタリフィの魅力とは?

株式会社バイタリフィロゴ-1

制作にスピード感があるところが魅力ではないでしょうか。クライアントの要望を形にするまでが早いと感じます。スピードがあるとスケジュールに余裕が生まれるので、その分多くのフィードバックが行えることに繋がります。そうした結果、納品物のブラッシュアップをこまめに図れるので、質を向上させることが可能です。この考え方は、サイクルを高速で回せば回すほどプロダクトの質があがるというもので、デザイン思考と呼ばれることもあります。

1つのものをじっくり時間かけて進める手法ももちろんありますが、なるべく早く制作して手放す。というのを繰り返すことによって、サイクルが高速に周り質を高めることに繋がります。バイタリフィはデザイン思考をもった取り組みができているのが強いと思います!

【番外編!】田口さんの○○を教えてください!

▼好きな食べ物は?

特にないんです・・が、しいて言うならカレーですかね。一番簡単に作れるので・・(笑)

▼趣味は何でしょうか?

デザインを考えることです。それ以外は本を読むこと、アニメを見たり漫画を読んだりすることが好きですね。あとはアイドルのライブをみることですかね。アイドルは小学生のころから好きで、ハロプロや乃木坂・・今はタイムリーですがNiziUが好きです。

▼休日は何をしていますか?

最近は外に出れないことが多いので、プロトタイピングツールを使い架空アプリを作って遊んだりしています(笑)あとは基本読書をしていることが多いです。読むときは本の世界に入り込んじゃってます。
他はYouTubeで動画を見てますね、ライブ動画とかが多いかもしれません!

まとめ

バイタリフィサイト

いかがでしたでしょうか?今回紹介したデザイナー”田口翔太”さんの実績は一部となっておりますので、もっと詳しく知りたい!という方はお問い合わせいただければと思います。

バイタリフィは若くてクリエイティブな発想をもったデザイナーが多くいます。また、エンターテインメント系やサービス系、最新技術(AIやIoTなど)を活かした開発や制作を得意としておりますのでお気軽にご相談いただければと思います!今ならデザイナー実績集プレゼント中です!

問い合わせ

■関連記事はこちら

▼【見た人の記憶に残り続けるデザイン制作】を得意とするデザイナー根岸とは?

▼【トレンドを抑えたデザインが得意】バイタリフィデザイナーの魅力に迫る。