日本の開発現場を取り巻く状況としては、やはり優秀なエンジニアの枯渇ではないでしょうか。
弊社でも外注や、SESで常駐して頂くような機会があります。
即戦力がほしく中途採用するも中々うまく行かない、みなさまも肌で感じているのではないでしょうか。

その課題を打破すべく弊社では2014年よベトナム人エンジニアが日本オフィスにて勤務しております。

今まで弊社では開発案件を遠隔オフショアで回す事が多かったのですが、この施策を行ってから要件定義~デザイン~開発の一式をすべて一拠点で完結する事が可能となりました。
文化の違いはあれど開発実務経験5年選手など、日本では中々採用が難しい優秀なエンジニアがオフィス内にいるのは非常に戦力になります。
sect04_li_01
実はこちらの施策を他社さまにもパッケージとしてご提案しております。
既に各社さまより多くのリクエストを頂いており、数十名単位でエンジニアを日本の現場に常駐させて頂いております。日本国内では不足している技術者を御社に常駐させることでスピーディー且つ日本の開発レベルと同等の品質を提供します。

また更なるメリットとしては常駐単価です。
日本国内では5年経験のエンジニアをSESでお願いすると80万前後となりますが、弊社のベトナム人エンジニア常駐の場合40万~ご提案が可能となります。
sect10_img自社でも行っている施策になり、国内のエンジニア事情を克服する自負が御座います。
常駐サービスにご興味が御座いましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

サービスページもございますので、ご確認下さいませ。

ベトナムエンジニア常駐