もはや使っていない人を探す方が難しいほど私たちの生活に溶け込んでいるSNS。毎年のように新しいSNSが登場し、流行が移り変わっています。

今回は、改めてどのようなSNSがあるのかをまとめてみました!今のSNSに飽きている人も、新しく始めたいなと思っている人も参考にしてみてください。

1. Facebook 

SNS一覧

https://www.facebook.com/

アメリカで2004年に始まったのが実名型SNSであるFacebookです。映画『ソーシャル・ネットワーク』でその開発ストーリーを観た人も多いかもしれません。

当時ハーバード大学に在籍していたマーク・ザッカーバーグがルームメイトと一緒に作ったSNSで、最初はハーバード大学の学生によって使われていたものが今や全世界の人に使われています。

世界でのアクティブユーザーは27億人と圧倒的な多さです。

1-1. Facebookの特徴1 : 実名で行う

SNS一覧

元々がハーバード大学内で始まったということもあり、Facebookは実名で登録することがほとんどです。自分の基本的な情報を入れ、タイムラインにはいつ誰と会った、どんなイベントに行った…などを友人をタグづけしたり、スポットにチェックインしたりしてFacebookに投稿します。

1-2. Facebookの特徴2 : ビジネス利用もできる

SNS一覧

個人利用のほかに、ビジネスでの活用も活発です。ビジネスアカウントを作って企業のページを作り、予約やメッセージもFacebook上で受け付けるところも多くあります。

実名で行うという性質上、簡単に予約や商品購入を完了できたり、自分のビジネスを広く宣伝したりと言ったことがしやすいのがメリットです。

2. Twitter

SNS一覧

https://twitter.com/?lang=ja

「つぶやき」を投稿できるSNSがtwitterです。実名でやっても匿名でやってもOKで、日本では1投稿140文字以内に制限されています。

短い文を呟いていくという性質から、リアルタイム性が高く、最新ニュースなどをチェックする時に使う人も多いように思います。

世界でのアクティブユーザー数は3億3000万人です。

2-1. Twitterの特徴: 拡散力が高い

SNS一覧

Twitterには「リツイート」機能があります。リツイートは他の人の投稿を自分のタイムラインでシェアできる機能です。また、最近では「いいね」をした時にも他の人のタイムラインに自分がいいねした投稿が出るようになりました。

これにより、Twitterでは情報の拡散力が高くなっています。誰かがリツイートしたツイートを、そのフォロワーが見てまたリツイートして…という連鎖がおき、いわゆる「バズ」と呼ばれる爆発的に情報が広まる現象が起きやすいのがTwitterです。

Twitterも企業によるアカウント運営が盛んです。詳しくはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

3. Instagram

SNS一覧

https://www.instagram.com/?hl=ja

Instagramは2010年にサービスを開始した写真メインのSNSです。今はFacebookに買収され、Facebook社により運営されています。

メインの機能は写真の投稿で、ユーザー層は女性が多くなっています。「インスタグラマー」と呼ばれる、インスタグラムで発信力を持つ人々が誕生したことでも知られています。

3-1. Instagramの特徴1 : 写真メインのSNS

SNS一覧

Instagramは、写真を投稿することがメインのSNSになります。匿名・実名は問いませんが、基本的に写真投稿をするSNSなのでライフスタイル、ファッション、旅行分野、ペットなど、いわゆる「インスタ映え」しやすい分野の投稿が多く見られるのが特徴です。

3-2. Instagramの特徴2 :ライブやストーリーズも

SNS一覧

インスタグラムでは、ライブ配信や、24時間で消えるストーリーズと呼ばれる機能もあります。写真だけだったSNSから、動画配信も力を入れてきているようです。ストーリーズについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

また、Facebookとの連携も可能なので、Facebookに投稿したものをインスタにも投稿というのも可能です。

4. Mixi

SNS一覧

https://mixi.jp/

Mixiは株式会社ミクシィが運営する日本のSNSです。2004年にサービスを開始しています。元々は招待制のSNSで、招待を受けられないと入れないSNSでしたが、2010年に招待制が撤廃されました。

4-1. Mixiの特徴1 :コミュニティが充実

SNS一覧

Mixiには270万を超える「コミュニティ」と呼ばれるグループがあり、同じ趣味の人とコミュニティを作って話をできるようなサービスがあります。地域ごとのグループなどもあるため、近くの人と気軽に会いたいと言う時にも使えそうですね。

コミュニティでは近くの人と集まりたい時の他、Mixiはゲームプラットフォームとしても発達してきているため、ゲームを一緒にプレイしたいといったときにも使え、ゆるく繋がれるSNSとして人気があります。

5. LINE 

SNS一覧

https://line.me/ja/

LINEもメッセンジャーアプリでありながら、SNSの機能を備えています。

LINEは2011年に登場し、現在もLINE株式会社によって運営されており、日本のメッセンジャーアプリとしては大きなシェアを占めています。

電話やメッセージができるほか、LINE漫画やゲームなどとの連携もでき、できることはどんどん増えています。

5-1. LINEの特徴 : 企業アカウントも豊富

SN一覧

LINEにもタイムライン機能があり、リアルタイムで何をしているかなどを投稿したり、企業アカウントなどの投稿をみたりといったことができます。

メッセンジャーアプリという性質上、企業アカウントなどを相手にお店の予約をしたり、サービスの利用をしたりといったことがLINE上で行えるのが特徴です。LINEは友人とやり取りするときに開くのでユーザーの目につきやすく、宣伝効果も高いと言えます。

また、予約機能などもbotを使って行うことができ、例えば、宅急便の再配達依頼をLINEで行ったり、スパの予約を行ったりといったことが可能です。

6. Tiktok

SNS一覧

https://www.tiktok.com/ja/

Tiktokは、中国のByteDance社が提供するショートムービー共有型のSNSです。サービスは2017年に始まり、現在日本国内でのユーザー数は約950万人、世界でのユーザー数は8億人を超えています。

動画は60秒までの長さを投稿でき、音楽やエフェクトをつけて編集してから共有することが可能です。

共有した動画は、再生数を見たり、コメントをつけたりすることができます。

6-1. Tiktokの特徴 : ダンス動画や面白い動画が豊富

SNS一覧

Tiktokではアプリ内から音楽を選んで、エフェクトをかけながら動画を撮影するということが容易にできるため、ダンス動画や音楽に合わせた面白い動画が多く投稿されています。

Tiktokの中国版の動画は、国際版から見ることができませんが、国境を越えて多くの人が同じ音楽で同じダンスを踊っているのが見られ、国際的なブームを作り出しています。

7. WhatsApp

SNS一覧

https://www.whatsapp.com/?lang=ja

WhatsAppは、アメリカのメッセンジャーアプリで、WhatsApp社によって提供されています。

日本でいうLINEのような存在で、主に米国、欧州で使われているようです。世界でのユーザー数は20億人を超えています。

7-1. WhatsAppの特徴 : 電話帳と同期できシンプル

SNS一覧

WhatsAppの特徴としては、非常にシンプルで使いやすいメッセンジャーアプリであるということが挙げられます。

LINEのように多くの機能はありませんが、スマホの電話帳と連携して使用することができるので、スマホのメッセンジャー、電話は使わずにWhatsAppを使うという人がほとんどなのではないでしょうか?リアルで知っている人と交流する時にWhatsAppがよく使われているように思います。

また、ビジネスアカウントを作成することもできます。

8. Youtube

SNS一覧

https://www.youtube.com/

Youtubeは動画配信プラットフォームで、2005年にサービスを開始しました。無料で様々な動画が見られるプラットフォームで、利用者は10億人を超えています。

近年では日本でも多くの芸能人がYoutubeチャンネルを立ち上げて配信を始めました。テレビの次世代と呼んでも差し支えないほど、動画の配信プラットフォームとしての地位を確立しています。

8-1. Youtubeの特徴 : 豊富な動画

SNS一覧

Youtubeの特徴は、やはり豊富な動画でしょう。TiktokのようにYoutube上での動画編集はまだ自在にはできないものの、それなりに動画を編集して見栄えを整えて動画を編集し、視聴数を稼ぐことで「Youtuber」と呼ばれる存在になれます。

Youtuberになると、ある一定程度の条件を満たせば、視聴数に応じて報酬を受け取ることもできるので、それで生計を立てている人も少なくありません。

9. まとめ

今回紹介した以外にもSNSは数多く存在しており、それこそ国によって独自のSNSがある国もあります。日常でもよく使うようになったからこそ、いろいろなSNSを試してみて、より自分に合うSNSを見つけてみてくださいね。

また、企業でSNSマーケティングを行うのも効果的ですので、自社のサービス内容に合わせた適切なSNSを選んでくださいね!

参考:https://www.uniad.co.jp/260204

10. 企業が失敗しがちなSNS運用ならバイタリフィへお任せください

SNS運用プラン~全て外注なしの自社対応可能~_株式会社バイタリフィ

現代においてSNSにはテレビと同じくらい、いや、それ以上の影響力があるのです。スマートフォンこそが一番身近にあるインフラです。

なんとなくSNSを始めるだけでは、期待していたほどの効果が得られないことも。
インターネットの発達により情報過多だからこそ、適切なタイミングで興味・関心を持ってもらえる情報を発信することがSNS運用で失敗しないためには大切です!

ランディングページの作成や撮影からデザインまで外注なしの自社対応可能なSNS運用代行に興味はありませんか?【ご相談は無料です】

問い合わせ

10-1. 関連記事

▼片手間運用でもフォロワー増!Twitter初心者がヤリ手の企業担当になるまでの7週間

▼SNSマーケティングにはUGCが不可欠?!どうやって活用すればいいの?

▼たった1回の投稿で上位表示可能?!インスタグラムのストーリーズの活用方法とは

▼ファンマーケティングを成功させるには?事例もご紹介!