日本のエン・ジャパン子会社でベトナムにおける求人サービス大手VietnamWorks社が発表したIT人材の給与に関するレポートについて、2017年1月10日付のベトナム紙『VNEXPRESS(ベトナム語)』が報じていましたので共有します。

職位ごとの平均給与

・経験2年未満のジュニア層(IT人材の7%)は、月802ドル(約1,800万ドン)。他の産業に比べると高い
・2年以上の経験のあるIT人材の給与(管理者や経営層を除く。IT人材の80%に相当)は、月1,160ドル(約2,600万ドン)
・管理層(IT人材の12%に相当)は、月1,840ドル(約4,100万ドン)
・役員層(IT人材の1%に相当)は、月2,929ドル(約6,600万ドン)

職種ごとの平均給与と満足度

・品質管理(テスト)エンジニア 月800ドル
・データベースエンジニア 月900ドル
・インフラやネットワークエンジニア 月1,050ドル
・ソフトウェア開発者 月1,300ドル
・プロダクト/プロジェクトマネージャー/スクラムマスター 月1,400ドル
・部長 月2,700ドル

この給与についてのベトナム人IT技術者は、どう感じているのか?

・満足 12%
・やや満足 56%
・不満足 32%

従業員の待遇において、彼らの希望と現実は完全に一致しているわけではなくレポートによると、従業員は、「スキル向上に繋がるような仕事ができる機会」「お金(ボーナス、賞金)」「仕事環境(勤務時間のバランス)」の3点を希望し、会社は、「オフィス設備(パソコン、デュアルモニター、椅子など)」「スキル向上に繋がるような仕事ができる機会」「余暇やフレキシブルな勤務形態」の3点に力を注いでいるとのことです。

今後の見通しについて

81%のIT企業が2017年も従業員の給料が6~20%上がると回答しており、VietnamWorks社によるとビジネス状況が良いので、従業員の新しいスキルや技術の底上げを必要としておりそれが給料引き上げに繋がるとしています。

IT人材の需要は今後も高まる見通しで、過去3年でIT人材の雇用は2倍に増え、現在25万人のIT技術者がいるものの、2年後の2018年末には40万人超になる見込みです。
またVietnamWorks社によると、44%のIT技術者が良い給料や待遇があれば転職をする(準備をしている)と回答しており、企業側は、従業員の離職(優秀な人材を如何に繋ぎとめるのか)に直面しているそうです。

人材会社のレポートを基にした記事ですので、給与計算の仕方(会社負担の社会保険料等や、手取りで給与を保証した場合の税金や保険料を含めるかどうか)や、調査対象となった求人(都市部の外資系企業によるIT人材の求人)による影響で、実際の雇用における人件費とだいぶ差があるかもしれませんが、人件費が年々上がってきているのは事実でもあり、一つのデータ/傾向として参考になると思います。

なおベトナム子会社バイタリフィアジアでは、こういった雇用環境でありつつも過去8年の経験を踏まえ、より生産性の高いベトナム人技術者を選抜し、ご満足いただける価格にて開発リソースのご提供しております。

ベトナム国内へのITサービス展開をお考えなら・・・

バイタリフィでは、ベトナム・ホーチミンにて8年以上運営している子会社バイタリフィアジアを通じて現地情報の提供や、ベトナム向けIT・WEBサービス/アプリの開発支援、ローカライズ、テストマーケティングといった進出支援をしております。もちろん日本や他国向けのオフショア開発やアプリ開発も行っておりますので、下記リンクよりお気軽にご相談ください。