ITエンジニアは夢のある職業!?新卒時から3年前後の業務経験を積むまでの給与水準について、それぞれの業界や職種ごとにランキングされたデータが出されていますが、その中でも特筆すべきはITエンジニアの給与格差でした。

Youtubeチャンネル「教えて!!石黒先生!!」も是非チャンネル登録してご覧下さい。

※本記事内の画像や数値は、各ニュース記事・レポート・サイトなどを元に引用や作成をしたものであり、その権利は各社に帰属します。また各社のサービス内容は調査時点でのものであり、予告なく変更となる可能性もあります。

経験や業種によってどれだけ給与事情は変わるの?

業界・職業・職種から給与水準の違いについて、ベトナムの求人メディア「JobStreet.com」より2018年1月〜6月にかけての下記のようなデータが出されています。

■新卒時の給与水準TOP5
・不動産関係 378~629ドル
・ITエンジニア 296~479ドル
・秘書 286~415ドル
・食品関係 280~406ドル
・金融営業 280~449ドル

以外にも金融関係が低かったことが驚きです!

■1~3年の業務経験者の給与水準TOP5
・ITエンジニア 443~711ドル
・ITセールス? 403~637ドル
・法律関係 383~582ドル
・不動産関係 381ドル~579ドル
・秘書 380~570ドル
■3年以上の業務経験者の給与水準TOP5
・IT(ハードウェア関係?) 851~1,307ドル
・ITエンジニア 759~1191ドル
・法律関係 721~1016ドル
・ITセールス? 664~1016ドル
・化学業界 636~1016ドル

新卒時から3年の経験を積むまでにIT関係の職種がトップになっています。このデータは給与アップ幅が他業界よりも高く(日本と比べると更に開きがある)、高いパフォーマンスを発揮し成果を出せれば若くして稼げる職業であるというのがわかります。

ベトナムではITエンジニアが夢のある職業であり、他業種と比較しても若くして稼げる=優秀な人材が入ってきやすい、ということを示しているのではないでしょうか。

 

 

ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2019.4.19

「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら