終わることのない洗濯・・・「染み抜き」って大変😢

    家事と育児に翻弄する小林です。

    梅雨の「洗濯」は悪の連鎖です。
    日頃、寝る前に洗濯機を回し朝起きて干すのですが、このサイクルがちょっと乱れると、帰宅してから干さなければなりません。このシーズンは、帰宅してから干すと洗濯機の中で「臭~く」なっていて、もう一度やり直しになってしまうんです。
    更に、一晩干しても、朝から干しても部屋干しでは乾かないので・・・

    「溜まる→洗濯しても乾かない→臭いが残る→又洗う→溜まる→干す場所がない」

    乾燥機を使うこともありますが、それはそれで、かえって臭くなったり、衣服が傷む、電気代は跳ね上がる・・・

    ア~この臭いと、生乾きの山、部屋中洗濯物を干す風景・・・
    「子供がいるってそういうことなんだな。」って目をつむっています。

    更に、シミを付けた衣服が出てきた日には、思わず見なかったことにして積み上げてしまう日も・・・。

    シミ取りは手順は簡単なのですが、固まってしまったり、時間が経った汚れは頑固そのもの。
    心と時間に余裕がないと、徹底的に綺麗にできないんですよね。

    基本はとにかく早いうちに、食べこぼし類ならその場で「炭酸水」や「大根おろし」「焼酎」でたたき落とす→石鹸で擦って揉み洗い→漂白ですが、頑固な汚れは、洗濯液を入れたお湯に付け置きしたり、汚れにあった染み抜きをしています。

    一部ご紹介します。

    食べ物汚れを落とす材料は簡単

    漂白剤の効果を上げる為に、お湯を入れたマグカップの上に汚れの部分を載せて、洗剤と漂白剤を付けて歯ブラシで擦る。
    汚れにより、手順が若干異なりますが根気よく繰り返せばかなり落ちます。

    =食べこぼし=
    <飲み物>
    ワイン
    コーヒー
    お酒
    果汁ジュース
    紅茶

    <調味料>
    しょうゆ
    ケチャップ
    ※焼肉のタレ、ミートソース、カレーなどもある程度落ちますが、完全にきれいにならないこともあります

    以下は、一筋縄では落ちない汚れ。

    =アクリル絵の具の落とし方=
    ・中性洗剤でもみ洗い
    ・クレンジングオイルで揉み洗い

    =墨汁の落とし方=
    ・マジックリン(台所油汚れ用)+歯磨き粉を混ぜて何度も揉み洗い

    裏に色が落ちることがある為、裏からタオル等の当て布をしたり、歯ブラシ利用をお勧めします。

    =泥汚れ=
    ウタマロ石鹸で擦る

    ついでに、臭いの対策・・・

    =靴下の臭い=
    洗剤と重曹をお湯に溶かして、一晩つけて、臭いと汚れをある程度落としてから洗濯。(お湯につけて何回かすすぎ洗いしてから洗濯機でも効果有)

    こんな事を夜中にやっていると・・・、あっという間に明け方になってしまうこともあるんです。


    関連記事