投稿日:

    カテゴリー 技術 / デザイン / 制作

    Excel に新関数 XLOOKUP が追加(今年後半予定)

    まいど。制作部のコダマです。

    Microsoft の Excel ですが、仕事や学業で使われる方、多いと思います。自分も、学生時代に使った Excel 4 からですが、使うのが当たり前くらいになっており、未だ Google の Spread Sheet には慣れないことがあります。

    で、仕事をしていると、よく使う、もしくは使わされる関数の一つに VLOOKUP があります。個人的には、設計思想が古く、使い勝手やパフォーマンスも悪いので、今ひとつ好きにはなれない関数です。どうやら、こいつと HLOOKUP を足したような関数が、新たに登場予定とのことで、ちょっと紹介します。

    関数名は、タイトルにある「XLOOKUP」とのことで、縦方向と横方向を一つの関数で対応しているのと、パラメーターがシンプルになったのが特徴です。

    =XLOOKUP(検索値, 検索対象, 検索結果)

    と言う書き方でいけるようになるそうです。Microsoftとしても、VLOOKUP やHLOOKUP より XLOOKUP の使用を推奨とのことで、正直、あと15年は早く出して欲しかったと言うのが個人的な感想です。

    と、良いことのように書きますが、ここで問題になるのが、しょっちゅう悩まされる互換性ですね。未だ古いバージョンを使用している企業、学校、個人は多く、斯様な関数が入った Excel ファイルのやりとりが発生した場合が非常に面倒臭いです。昔、参画したプロジェクト内で、Excel のバージョンが混在していたことがあり、それはそれは酷い状況でしたので、個人的には仕事の際は、バージョンの統一化を図りたいと常に感じています。

    リリースされて、滞りなく利用できるようになるには、あと何十年かかるのでしょうか。新しい関数に期待しつつも、気軽に使えるようになるのは、まだまだ先の話かもしれません。

    では。


    関連記事