投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    Forza Street

    まいど。制作部のコダマです。

    公私共に使用する経験年数が長い所為か、プライベートでメインで使うマシンは、仕事と同じ Mac ではなく、Windows を使うことが多いです。

    Windows が一般的でなかった前世紀の頃は、ゲームを遊ぶ手段の一つとしてパソコンを使用することはありましたが、流石に今はゲームはゲーム機で遊ぶので、パソコンでゲームを遊ぶのはほぼ皆無でした。

    が、先日から遊んでいるゲームが、Microsoft Store で入手した「Forza Street」なるフリーのカーレースゲームです。Xbox 用の Forza シリーズの派生ですが、iOS や Android でもリリースが予定されているので、スマホに併せた UI で遊べるようになっています。やはり、歴代シリーズをほぼ遊んでいる車好きのゲーマーとしては、外すわけにはいきません。

    今のところ、大体30時間くらい進めていますが、こんな感じでマシンもそろいつつ、性能も上がってきております。車入手時のガチャで、自分の引きが悪いのか、ストリート系がなかなか手に入らず、シナリオの進行が停滞しており、早く GT-R あたり欲しいです。

    で、肝心のレース部分は、以下のような感じで、対戦相手のところまで進めて、バトルするだけのシンプルさ。移動回数は、成長度合いで増えていくので、育てた分だけ、進められるようになっています。

    それなりに成長させていると、自動レースで一瞬で終わらせることもできますので、時間が無いときでも手軽に遊べます。この辺は、スマホでのリリースを意識していますね。

    折角なので、レースシーンを紹介するため、ランボルギーニ アヴェンタドールで軽くちぎってみましょう。

    今となっては、そんなにスペックの高くない、Microsoft Surface Pro 4 上で、ウインドウ表示させてますが、かなりスムーズに表示されます。カジュアルに遊ぶ分には、何ら不自由はありません。

     

     

     

     

     

     

    今回は、圧倒的な性能差なので、大変ヌルいバトルでしたが、相手との性能差が少なければ、それなりに緊張したバトルが楽しめます。で、勝つと報酬が貰えるので、そいつで新しいマシンを入手したり強化して、新たな敵とバトルが続きます。

    ちなみに、スマホ向けらしいと思ったのが、課金です。現金を使ってゲーム内のコインを購入すると、新しいマシンの購入や性能アップに投資できます。

    課金してもせいぜいシナリオ進行を早められる程度なので、自分は課金しないで遊んでいますが、全く問題ないです。

    先日のアップデートでマクラーレンが車種で増えたり、今後マルチプレイヤーイベント等も開催されるようなので、しばらくは遊べそうな感じがします。

    では。


    関連記事