投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    田舎暮らしってどうよ

    まいど。制作部のコダマです。

    昨日の台風、皆さま被害ありませんでしたか? 我が家はギリギリ無事でしたが、倒木やら冠水で半日ほど陸の孤島と化しておりました。しかも、未だ停電しっぱなしで、ちょっと犬がへばってますので、早く復旧して欲しいです。

    閑話休題。タイトルの「田舎暮らしってどうよ」ですが、田舎暮らしに憧れる方に、一応田舎暮らししている自分からのアドバイス?です。

    そもそも、よく言われる田舎暮らしって、今回のような台風などの自然災害で被害にあった場合、間違いなく最後まで後回しにされるような本当の田舎での暮らしを勧めています。そう言うところは、地元に超積極的に溶け込めるかがポイントになりますから、狭いコミュニティーの中で、高いコミュニケーション能力と環境適応能力がとっても求められるので、閉鎖的なコミュニティーに難なく突っ込んであっさり馴染んていける人でないと、すぐに詰みます。

    自分の知り合いで本当の田舎暮らしが続いている人は、良い意味でコミュニケーション能力が高すぎる、ブラックな労働環境でも平然としている変わり者のような方たちです。反対に、田舎暮らしに憧れて失敗した人たちは、周りと関わりを持ちたくない or 距離をおきたい、自己主張だけは貫くような人ほど、早期に脱落しておりました。

    と、ここまで書いて、間違いなく自身も脱落する側ですね… でも、10年ちょっと前から田舎暮らしして、今も続いております。もっとも、本当の田舎ではなく、程よい田舎ではありますが。

    ん? 程よい田舎って何よ?となりますが、適度に自然があり、本当の田舎ほど閉鎖的でもなく、人付き合いの密度も濃くない、ある程度交通網とかも整理されているようなところ、とでも言いましょうか。まあ、分かりやすく、都心に1時間程度で行けるくらいの、そこそこ距離と自然があるところ、とします。実際、自分が住んでいるところも、そんな感じの低い山の中です。

    別に都心で仕事を持っていても通勤でき、町内会とかに入るのは特に強制されないし、住人たちは変に都会に憧れやコンプレックスもなく、集落に単身や夫婦だけと言うのがいても(表向き)嫌な顔されない。何より自然に囲まれている。恐らく田舎暮らしに憧れるパターンとして、周りと関わりを持ちたくない or 距離をおきたいような人なんかは、間違いなく斯様な条件を求めているでしょうから、程よい田舎くらいにとどめておいて、変に奥まで行かない方が良いのです。

    都心から1時間くらいでも、割と自然は残っていますので、本格的ではない田舎暮らしをしたい人は、そう言ったところを狙ってみては如何でしょうか?

    では。

     

    追伸)

    個人的には、半年前に犬(雌)を飼い始めてから、今まで挨拶程度だった近隣の人たちが急に話しかけてくるようになったり、野菜を分けてもらったりしたのは、周りに犬を飼っている農家さんが多いとは言え、正直予想外の出来事です。もっとも、そのおかげで、今回の台風では被害状況の情報とか、クレーン車を出していただいて自宅内の倒木の撤去とかで非常に助かったことを考えると、それなりに周囲の方々とコミュニケーションは取っておく方が良いと非常に痛感しました。こんなこともあってか、自宅や車にギリギリセーフで被害がなかったことも考えると、犬は我が家にとっての女神様なんじゃないかと、妻と笑って話しをしております。


    関連記事

    まだデータがありません。