RunCat


    まいど。制作部のコダマです。
    最近、ちょっと気に入っているアプリの紹介です。アプリ名は RunCat と言って、タスクバー上で、猫が走っているアプリです。

    ただ走るだけでなく、CPU 使用率に応じて、走るスピードが変化するだけでなく、メモリなどの情報が確認できる、地味に便利なやつなんです。

    課金することで、色々とキャラクターを変更したり、自作で登録したりと幅が広がりますが、とりあえず無料でもシステム情報が見られるのが気に入ってます。

    ちなみに、Windows 版なんてのもあり、C# で作られたものが GitHub に上がってます。自分も10年くらい昔までは、作業効率化の為に、VC++ 等を使って Windows 用のタスクトレイアプリを作っていたものですので、暇を見つけて mac用に何か作ってみるのも楽しいかもしれません。

    では。