近年は、スマートフォンのアプリの制作を進めている会社が少なくありません。アプリ開発は、個人でも行うことができるためそれほど敷居は高く感じないかもしれません。

しかし、本当にしっかりしたものを作るためにはある程度の技術や経験が必要になるところです。アプリを新しく作るために必要なことの1つは、フレームワークが存在することです。フレームワークがない状態で開発しようと思っても、とてもできるものではありません。

アプリがより身近になった近年では簡単にアプリを制作できるよう、フレームワークを提供している企業も増えてきています。

今回はそんなアプリを作るためのフレームワークの1つである「Flutter(フラッター)」について解説していきます。併せて、開発会社に外注する場合の手順についてもご紹介していきます。

1. Flutterとは?

Flutterトップ画像

「Flutter(フラッター)」とは、Googleが開発したフレームワークの1つになっており、2018年の12月に一般に公開されたものです。

これを利用することで、今まで独自で作ることが難しかったアプリを比較的簡単に作ることができるでしょう。AndroidやiOSに向けて利用することが可能となっており、広く利用されています。コードを1つ書くことで、どちらのプラットフォームでも動くようになっているため注目されています。

このように、有名な会社が作ったことが1つの強みとなっており、しかも幅広く使いやすく利用できるのが魅力の1つと言えるかもしれません。

2. Flutterを使って開発するメリットは?

スマホを持っている人

開発のメリットの1つは、言語がわかりやすいことです。

そのため、このフレームワークを使う人の立場としても比較的簡単に作り上げることができ作業効率も高まります。アプリを制作するときにかかってしまうのは予算もそうですが、完成させるための時間もかなり必要になります。

アプリを制作するまでの時間が省略することができれば、作っている人自身だけでなく、開発者が属している企業にとっても負担が小さくなります。

そして何より、会社がとても信用できることは非常に興味深いところです。Googleは海外の会社でありながら、日本人が最もよく利用している会社の1つと言えるかもしれません。

特に若い人は、スマートフォンであってもパソコンであっても、Googleの検索エンジンを利用している割合が高く、名前を聞いたことがない人はいないと言ってもいいでしょう。そのような会社がソフトを作り出し、しかも多くの人が利用できるように工夫している点はやはり魅力的なポイントです。

3. Flutterのデメリットとは?

赤ペンを持っている人

一方でデメリットもあります。

そのひとつは、全体的に情報が少ないことです。

2018年の12月に一般公開されており、それから利用者も徐々に増えているものの、まだ数年しか経過しておらずそこまで情報が出回っていません。例えば、これを基にしてアプリを作ろうとしている人がこのフレームワークに関してよくわからない場合、ネットで調べるかもしれません。

この際、英語で記載された情報は多数確認できるのですが、日本語で記載された情報はまだあまり多くはありません。わからないことがあった時も、本当に知りたいことを知ることができず、時間だけが無駄にかかってしまう可能性があります。

とは言え、多くの人が利用して様々な情報が出るまで待つ、というのも得策とは言えません。まずはこのフレームワークを使ったことがある人を見つけ出し、その人から事細かに情報を得た方が良いかもしれません。その方法の一つには、知見のある開発会社に相談というのもあるでしょう。これにより、無駄なく合理的に作業を進めることができます。

4. 実際にFlutterの外注するには?

握手をしている2人

このように、メリットとデメリットはあるものの、実際にこれを利用してアプリを作る場合多くの会社や個人では外注することになります。外注をするといっても、具体的にどのようなことをしたら良いのかわからないかもしれません。

そこで、外注の流れを見ていくと、一般的には企画から設計、そして納品までを1つの会社に依頼することになるでしょう。右も左もわからない状態の場合は、フレームワークを指定して最初から丸投げしても問題ありません。ただ依頼する側の会社によっては、ある程度フレームワークの知識を頭に入れておいた方が良いでしょう。

外注依頼にあたって重要になるのは、企画の部分です。企画の部分は、特に専門的な知識がなくても行うことができます。この部分まで丸投げしてしまうと、なかなか作業が先に進まない可能性があります。特に細かい要望を出したい場合には、ある程度自分たちで企画をしておき、その範囲内で業者に外注するのが妥当といえます。

外注をする場合には、よく業者選びをしておくことが重要です。その中でも重要になるのが、今までの実績でしょう。当然ながらその実績の中にはFlutterを使ってアプリを開発したと言うものがあれば安心することができます。

そのような業者ならば、その特徴をよく理解しているため良い結果が出るかもしれません。

5. アプリ開発ならバイタリフィへお任せ!

バイタリフィではスマートフォン向けのアプリ開発の他にも、低価格で簡単すぐにアプリ開発運用ができるパッケージサービス“パズアップス”の提供、AI対応チャットボットの提供ベトナムでのオフショア開発などをご提案から企画、開発、開発後の保守運用までワンストップで提供しております。

Flutterを使った開発をお考えの方も是非弊社にご相談ください!