iPhoneやiPadの進化が続々とみられますが、2021年9月24日にiPhone13シリーズが発売となり、大きな注目を集めています。また、同年9月21日にはiOS15がリリースされました。本日は、発売したばかりのiPhone13について、昨年発売されたiPhone12シリーズとの違い、iOS15でできるようになったことをポイントを絞ってご紹介します!

1. iPhone13シリーズのラインナップ

Apple社公式HP(https://www.apple.com/jp/

まずは発売されたiPhone13シリーズのラインナップをご紹介します。

iPhone13シリーズのラインナップは

  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhone13 mini
  • iPhone13

の計4モデルです。

ハイスペックモデルがiPhone13 ProとiPhone13 Pro Max、スタンダードスペックモデルがiPhone13 miniとiPhone13という構成です。これはiPhone12シリーズと同様です。

2. iPhone13シリーズの比較

white remote control on white table

iPhone13シリーズそれぞれ比較と、iPhone12シリーズから変更になった点を見ていきましょう。

2-1. 画面サイズ

画面サイズ(ディスプレイサイズ)と重さは下記の通りです。

モデルiPhone13 ProiPhone13 Pro MaxiPhone13 miniiPhone13
画面サイズ6.1インチ6.7インチ5.4インチ6.1インチ
重量203g238g140g173g

画面サイズはiPhone12シリーズからそれぞれ変更はありませんが、重さはすべてのモデルで重くなりました。カメラの仕様の変更などが挙げられます。

2-2. 素材

使われている素材についてはiPhone12シリーズから大きな変化はありません。iPhone13 miniとiPhone13のスタンダード2モデルの場合には、いずれも側面が無光沢のアルミフレームが採用されています。背面は光沢仕上げのガラスで、側面のアルミフレームは光沢のない処理が施されています。カメラを囲う四角い部分は背面と一体化されており、無光沢の仕上げとなっています。

2-3. ノッチ

iPhone13シリーズがiPhone12シリーズと比較して違う部分としては、前面カメラのある画面上部のノッチが挙げられます。iPhoneXから採用されているこのノッチですが、今回初めて小型化され、前面のスピーカー位置や形状なども変更されました。ノッチはminiからPro Maxまで全て同じ大きさで、画面幅の小さいiPhone13 miniの場合は、特にこの小型化の恩恵が大きいと言えます。

2-4. カメラ

iPhone12シリーズからの進化した点の中で最も注目すべきは、カメラのグレードアップです。画素数は全て12メガピクセルのままですが、どのモデルも前のモデルに比べた場合には、レンズやセンサーなど機能が強化されています。ソフトウェア面では、静止画のフォトグラフスタイル動画のシネマティックモードなどの機能が追加されました。

iPhone13 miniとiPhone13のメインとなる広角に関しては、iPhone12シリーズの場合にはPro Maxのみが搭載していた大型センサーが採用されています。このようなハードウェアが強化されたことを受けて、iPhone13 Pro、Pro Maxの上位2モデルを含むすべてのモデルで、背面カメラの大きさが、12シリーズよりもサイズが大きくなっています。レンズフレームの直径が大きなくなったことが影響し、iPhone13 miniとiPhone13では二つのレンズ配置も縦一列から斜め配置に変更されています。

2-5. その他

その他の基本的な端末の仕様に関しては、iPhone12シリーズから大きな変更はありません。端子はライトニングケーブルを継続して採用しています。ワイヤレス充電に関しては磁石で張り付くマグセーフをサポートしています。

IP68等級の防水、FeliCa対応のApplePay、5G対応などの仕様もそのままです。発表前に期待されていた指紋認証やイヤホンジャックは採用されず、次回以降のシリーズで再度注目されることとなりました。

iPhone13シリーズの発表に伴い、iOS15のアップデートも同時期にリリースされています。

3. iOS15とは?

silver aluminum case apple watch with white sport band

iOSとは、スマートフォンに搭載されているOSでアップル社が開発したものになります。iPhoneで使われているOSがこのiOSです。iOS15は2021年9月21日にリリースされた最も新しいバージョンです。(2021年11月現在)

最新の機種に限らず、iPhoneSE、iPhone6S以降の機種であればアップデートの対象となり、利用することが可能です。

4. iOS15でアップデートされた点は?

two babies and woman sitting on sofa while holding baby and watching on tablet

アップデート後はFacetimeや通知機能・メッセジャーに大きな変更が加えられています。

4-1. FaceTime

iOS15のFaiceTimeは、従来の仕様のものより大幅にアップデートされて機能性改善や機能の追加・クロスプラットフォームに対応になります。現在多くの企業が取り入れているWEB会議やテレワークに対応した仕様になっています。従来のFacetimeはiPhoneなどのアップル社製品でのみ利用できましたが、今回のアップデートによりFacetimeアプリ内で発行されたリンクから、アカウントを所有していないユーザーも、ウェブブラウザ経由でFacetimeのビデオチャットに参加することができるようになりました。

4-2. 集中モード

従来のおやすみモードが進化して自身で通知の設定をカスタマイズできるようになりました。おやすみモードでは、時間を指定して全ての通知を切ったり、特定の通知のみにしたりを指定して、就寝中の通知を制御するものでした。

これに加えて今回ゲームフォーカスモードや、仕事フォーカスモードが設定できるようになりました。例えばゲームフォーカスモードでは、プロファイルを作成して、ゲーム中のポップアップ通知を遮断したり、仕事フォーカスモードでは、業務中にSNSの通知を切って、業務に必要な仕事用のツールのみを通知するようにしたり、など個人の生活スタイルに合わせて詳細に設定が可能です。

4-3. LiveText

カメラアプリに新しくLive Text機能が追加されて、書類などの文字の読み取りテキストに変換してくれる機能です。請求書のデータ化や英文の書類の翻訳などできるので、うまく利用することで、業務の効率化と業務の幅が広がる機能になります。

4-4.その他

その他にもSafariで検索ボックスがページ下部に移動して操作がしやすくなったり、マップでも経路案内や交通情報が簡単に確認できるようになったりと各アプリでも徐々にユーザーの操作性が向上されています。

5.まとめ

今回は2021年9月に発売されたiPhone13シリーズと同時にリリースされたiOS15について要点を絞って解説いたしました。

是非最新の機種、機能をためしてみてください!

6. アプリ開発ならバイタリフィへ

バイタリフィバナー

バイタリフィではスマートフォン向けのアプリやシステムのスクラッチ開発をはじめとしてWebサイト制作、AI対応チャットボットの提供ベトナムでのオフショア開発などを、ご提案から企画、開発、開発後の保守運用までワンストップで提供しております。

今回ご紹介したiOS15対応の新規のアプリ開発はもちろん、すでに開発されたアプリの機能追加や新OS対応など改修も可能です。ご相談は無料ですので是非お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

6-1. 関連記事

▼Android12の最新情報

▼ウェアラブルデバイスの可能性とは?