これからベトナムへ旅行に行こう、という方やベトナムから日本へ一時帰国しようというとき、どの航空会社がいいのか迷ってしまいますね。日本とベトナムを往復するときの選択肢としては、ANA、JAL、ベトナム航空、ベトジェット、あとは乗り継ぎ有りでjeju airなどがあります。

私は年に3、4回日本に帰りますが、基本的にチケットが取れるときはいつもベトナム航空を使っています。
今回は、ベトナム国営の航空会社であるベトナム航空について紹介します。

1. ベトナム航空の路線

ベトナム空港は前述したように、ベトナムの国営の航空会社です。イギリスの企業による航空会社格付けにて「The World’s 4-Star Airlines」を獲得しており、ベトナムの航空会社の中ではもっともレベルが高いという位置付けになっています。日本でいうANAやJALのようなイメージでしょうか。

日本ベトナム間は下記の路線が就航しています。

東京羽田空港から
・ハノイ
・ホーチミン

東京成田空港から
・ハノイ
・ホーチミン
・ダナン

大阪関西空港から
・ハノイ
・ホーチミン
・ダナン

名古屋中部国際空港から
・ハノイ
・ホーチミン

福岡国際空港から
・ハノイ
・ホーチミン

ダナンに直行するのは東京・大阪からのみですが、ハノイかホーチミンを経由すれば両都市からは1時間くらいです。

2. ベトナム航空の航空券はいくらくらい?

ベトナム航空
時期によって変動はありますが、日本からベトナム往復航空券はだいたい5万円〜12万円程度です。ハイシーズンでなければ6万円前後でしょう。
これには23kg分(ビジネスクラスは32kg分)の受託手荷物が入っているので、LCCのように荷物が増えたから追加で受託手荷物つけたら結局とても高くなってしまった…というようなことは起こりにくいです。
ちなみに、受託手荷物の重さは路線によって変わるので公式ページをご参照ください

*旧正月シーズンは要注意!

テトと呼ばれる旧正月シーズンは、ベトナムの大型連休にあたり航空券の値段が大きく跳ね上がることが予想されます。年によって変更されますが、大抵は1月後半〜2月前半の1週間程度です。
私の記憶では基本的に10万超え、取るのが遅くなると15万円くらいまで上がっていたこともありました。
日本からベトナムへ行く場合、旧正月のシーズンは基本的にお店も開いていないのでおすすめしません。
ただし、フエなどの観光都市はお店も開いている場合があるそうなので、どうしてもこの時期に行きたい場合は都市を変更するのも1つの選択肢ですね。

3. 飛行機が遅れないか気になる…遅延率は?

ベトナム航空
個人的に航空会社を選ぶときに気になるのが「予定通り運行してくれるかどうか」です。
LCCだと遅延率が高く、スケジュール立てたのに全ておじゃんに…ということも少なくありません。
その点ベトナム航空は、通常運行率(2018年)は82.9%。遅延率は10.8%、欠航率は0.2%です。ちなみにJALの遅延率は12.60%、ANAが14.07%だそうなので、ベトナム航空は安定して運行していると言っていいでしょう。

ただし、ベトナム航空は台風や大雪の場合はあまりオペレーションが整っていない様子です。日本からベトナムへ帰るときに大雪で遅延となったが、その後のアナウンスが徹底されておらず辛い思いをした…という声も散見されました。

4. 機内のアメニティ、エンターテイメントは?

ベトナム航空

※写真はイメージです


日本・ベトナム間は5.5時間〜6時間ほど。気になるのは機内のアメニティとエンターテイメント!
アメニティに関しては、ブランケット、小さめの枕がデフォルトでついているのでかなりありがたいです。シートも柔らかめで座りやすいですね。
また、場合によってはスリッパと歯磨きセットが入った袋を配られることもあります。(いつももらえるわけではないので、何かしら条件があるようです)

機内でのエンターテイメントですが、ベトナム航空は映画やドラマのラインナップが充実しており、全然暇をせずに過ごすことができます。ゲームもついていますね。
洋画、邦画もありますし、何よりベトナム映画が入っているのが嬉しいです。ベトナム映画はDVDなどで見られることがとても少ないので、貴重な時間です。
日本語字幕はついていないことの方が多いですが…シンプルな話が多いので、英語字幕でもだいたい理解できると思います。
これは私がベトナム航空をよく使う理由の1つでもあります。

USBの接続口がついていてスマホの充電もできるので、旅行中に充電を使いすぎて…という時でも安心ですね。

5. 機内食

※写真はイメージです


機内食は基本的に洋食、和食から選ぶことができます。
メニューに詳しいラインナップが書いてあるので事前に目を通して選んでおきましょう。だいたい洋食は牛肉か豚肉を使った料理、和食は魚もしくはチキンが多いイメージがあります。麺の時もありますね。
だいたいフルーツとデザートもついていて、かなりお腹いっぱいになります(完食できたことがない…)。
もちろんアルコールも揃っていますよ。
嬉しいのは、機内食がアツアツの状態で出てくること!ベトナム航空の機内食は総じてクオリティが高いと感じています。

6. ベトナム航空のデメリットは…?

デメリットとしては、チェックインのオペレーションがスムーズではないところでしょうか。
日本から乗る場合はあまり感じたことがありませんが、ベトナムから乗るときはwebチェックインをしてもかなり待たされたり(そもそもwebチェックインした人用の列が1列しかなくて、普通にチェックインした方が早かったり)します。
ベトナムから乗るときは時間に余裕を持って行った方が良いかと思います。

また、公式サイトからの予約システムがかなり使いづらい…急に接続が切断されることもしばしば。
別の予約サイトから予約した方がイライラが少ないかもしれません。

7. まとめ

LCCも登場し日本から行きやすくなったベトナムですが、やはり往復6時間はそれなりに体力を使うので、移動の疲労を最小限に抑えて思いっきり旅を楽しみたい方にはベトナム航空をおすすめします!

8.ベトナムでAI開発をするならバイタリフィへ

「自社サービスにAIを導入したい」「AIを導入し自社の効率化・コスト課題を改善したい」
という企業様はバイタリフィバイタリフィアアジアへお気軽にご相談ください。

当社では『AI導入をお考えの方に精度や効果を無料で確認してから開発の判断ができる』サービス「Mobile AI Lab」を運営しております。

NEW!! 2019.7.19

「業務へのAI導入を検討しているが、何からすれば良いんだろう?」
  そんな事業戦略担当者様!
  機械学習、ディープラーニングを用いてAIモデルを無料で作成。
  AIアプリを気軽に開発できるサービス『Mobile AI Lab』のお問合わせはこちら