ベトナムはコーヒーの国だと以前紹介しましたが、中国文化を色濃く受けついだためか、日本と同じようにお茶を楽しむ国でもあります。

ベトナムのストリートや人々の生活を見てみると、お茶を楽しむ人々がすぐに見つかると思います。
大抵はポットでお茶を作り、小さな湯のみへお茶を注いで長い時間おしゃべりに興じています。

日本ではお茶といえば緑茶ですが、ベトナムは緑茶の他にも様々なお茶を楽しみます。
今回は、ベトナムのお茶文化について見てみましょう。

1.ベトナムのお茶の歴史

ベトナムでお茶を楽しもう
ベトナムのお茶の歴史は長く、863年にはすでに中国南部からお茶を輸入していたという記録があります。
その頃は中国からベトナム北部へお茶を仕入れていたようで、その流れで今でも南部ホーチミンよりも北部ハノイの方がお茶文化が盛んです。
禅宗と共にお茶が宮廷に広まっていったというのがベトナムのお茶の歴史です。

19世紀末ごろにはベトナム人によってお茶が生産されていました。フランス植民地になったこともありヨーロッパへの輸出用の茶の栽培も始まり、緑茶や紅茶の他にもベトナムの高地では、中華系の住民によって烏龍茶などの生産も始まりました。

フランスからの独立後にもお茶の栽培は続き、今でもお茶はベトナムの生活に根付いたものになっています。

ホーチミンではそれほどお茶を飲んでいる人は見られませんが、ハノイや中部の方ではまだ伝統的なお茶を淹れるカフェもありますし、一般家庭でも普通に茶器を使ってお茶を入れてくれます。
中高年以上の人々はお茶を淹れて楽しみ、若い世代はミルクティーやレモンティーなどの形でお茶を楽しんでいるのが現代のベトナムのお茶文化です。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ

2. ベトナムのお茶の特徴

ベトナムで楽しまれているお茶の種類はいくつかあります。ベトナム土産でジャスミンティーやロータスティーをもらったことがある人も多いのではないでしょうか?
それぞれのお茶にどんな特徴があり、ベトナムのどこで生産されているのかを紹介します。

2-1. ジャスミンティー

ベトナムのお茶を楽しもう
ジャスミンティーは、日本でもペットボトルで売られていることがあり飲んだことがある人も多いと思います。癖が少なく飲みやすく、リラックス効果があると言われています。
ベトナムでは「Tra lai(チャーライ)」と呼びます。

高地で涼しいクアンナム、バオロック(ダラット)で生産されています。

2-2. ロータスティー

ベトナムのお茶を楽しもう
ロータスティー(蓮茶)もベトナムでよく飲まれているお茶です。ベトナムの王宮の女性たちも愛したと言われているほど美肌や美容に効果があるとされています。リラックス効果の他に、新陳代謝の促進や安眠効果もあります。

ロータスティーには、葉っぱを乾燥させたものもあれば、花を混ぜて香りを移したもの、蓮芯茶と呼ばれる、蓮の実の芯を感想させた苦味が強いものもありますが、ベトナムは主に茶葉に花を混ぜて香りを移したものが多いように思います。

苦味が強いものが多いため、苦手な人も多いかもしれません。

ベトナムでは「tra sen(チャーセン)」と呼ばれるロータスティーは、バオロック(ダラット)でよく生産されています。

2-3. 烏龍茶

ベトナムのお茶を楽しもう
ベトナムの高原地帯の涼しい気候を利用して、烏龍茶の生産も行われています。
ベトナム語ではそのまま「Tra O Long(チャーウーロン)」と呼んでいます。ベトナムの烏龍茶の栽培は、台湾の製茶技師などの指導によって育ってきたようです。

香ばしく飲みやすいので日常でもよく飲まれますが、脂質の吸収を抑え、アンチエイジング効果があるためダイエットや美容に良いと言われています。
カフェインが含まれているので、寝る前は避ける方が良いかもしれません。

烏龍茶もバオロック(ダラット)でよく生産されています。ベトナムでは、烏龍茶の茶葉を紅茶と同じように使った「ウーロンミルクティー」もよく見かけます。私もよく飲みますが、渋みは少なく飲みやすいのでおすすめです。

2-4. 緑茶

ベトナムのお茶を楽しもう
ベトナムでも日本と同じように緑茶が盛んに飲まれており、食事中に出されることも多いです。
緑茶はベトナム語で「Tra xanh(チャーサン)」と呼ばれます。渋みが強いものもありますが、美味しいお茶は渋みの後に甘みが残るような感じがします。

ハノイから車で1時間半ほどの場所にあるタイグエンという場所で生産されている緑茶が有名で、なんと、弱発酵させてあるのだそう。
タイグエンにはお茶文化センターもあるので、一度訪れてみたいですね。

お茶の名産地!タイグエンを訪ねました【前編】

2-5. アーティチョーク茶

ベトナムのお茶
アーティチョークは日本人には馴染みがありませんが、ベトナムではよく見るお茶がアーティチョーク茶です。
ハーブティーの一種としてベトナムでは「Tra Atiso(チャーアティソー)」と呼ばれています。
茶葉ではなく野菜からできているお茶で、デトックス、安眠効果のほか、肝臓にも良いとされ、抗酸化作用があり免疫力向上、美肌、血流改善などなど、とにかくメリットがたくさん。

香りは少し独特ですが味の癖は少ないので飲みやすいです。
ノンカフェインなため、誰でも飲めるのが嬉しいですね。

バオロック(ダラット)で栽培されているものが有名です。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ

3. ベトナム式お茶の楽しみ方

ベトナムのお茶を楽しもう
ベトナムのお茶の入れ方は少し独特です。
日本では、急須にお茶っぱとお湯を入れて蒸らして、湯のみに注いで飲みますが、ベトナムは少し凝った手順でお茶を飲みます。

まず、茶器に特徴があり、急須は日本のものとほとんど同じですが湯のみが非常に小さいです。
片手に収まってしまうくらいの小ささで、それが4〜6つセットで売られていることがほとんど。

ハノイの方にある、陶器をよく生産している村に行くと茶器が多く売られていますが、ほとんどが急須と小さな湯のみのセットで、さらに急須を置くための木の台がついています。

急須にお茶っぱを入れて蒸らすところまでは日本と同じですが、ベトナムはその間に湯のみをお湯につけて温めることが多いようです。

最初に急須に入れたお湯は、5〜10秒後にすぐ湯のみに注いで、飲まずに捨てるというところも。
急須にお湯をかけて温めたり、美味しくお茶をいただくために手間をかけていることが伺えますね。

こちらの動画では、急須の下にお皿をしいてお湯受けとしていますが、このほかに木の台の下に水が貯められるようになっているのもよくみます。

4. ベトナムのお茶文化が楽しめる場所は?

ハノイとホーチミンでそれぞれお茶文化を楽しめるところを紹介します。

4-1. ハノイ:Hiên trà Trường Xuân

ベトナムのお茶
一見するとかなりローカルなお店で、入るのを少しためらってしまいますが勇気を出して入ってみてください。
中は意外に広く、多様なお茶が揃えられています。
店員さんがお茶を淹れてくれるので、ベストな状態のお茶を楽しむことができます。

お茶菓子も、ベトナムの伝統的なものが食べられます。
大抵は、果物などを砂糖で漬けたものや、梅干しに似たようなもの、砂糖漬けジンジャーなどでヘルシーなものがお茶と一緒に楽しまれています。

住所:13 Ngô Tất Tố, Văn Miếu, Hanoi

4-2. ホーチミン:Hatvala

ベトナムのお茶
写真はGoogleより

ホーチミンでお茶が楽しめるカフェは中心部である1区にあります。
ハノイのように伝統的な雰囲気ではありませんが、雰囲気はバッチリ。
ベトナム茶が飲めてかつ入りやすいので挑戦してみてはいかがでしょうか。

お土産用にパッケージされた茶葉を買うことができるのも嬉しいですね!

住所:2B1 Chu Mạnh Trinh, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

5. まとめ

日本と同じようにお茶を楽しむベトナムでは、様々なお茶を楽しむことができます。
ホッとリラックスしたい時、友達とまったりおしゃべりをしたい時、温かいお茶があるだけでとても満たされますよね。
お茶が好きな方は、ぜひベトナムでもお茶を楽しんでください。

6. ベトナム進出がしたい!!!それなら、オフショア開発がおすすめ!

Offshore_1280x720

今や、オフショア開発をおこなっている企業はどんどん増えています。

日本国内ではオフショア開発に対して後ろ向きな先入観を持っている企業もいますが、開発ベンダーが国内であろうが海外であろうがはもう関係がなく、自社にあった選択する必要があります。

バイタリフィでは、弊社では2008年からのオフショア開発のナレッジを元に、仕様の理解を徹底することで安定した品質を担保しています。スマートフォンアプリ開発拠点としては、ベトナムでNo.1の実績を誇っております。

オフショア開発をすることによって、エンジニア単価が国内での開発の1/3まで抑えることが可能です。

無料でご相談頂けますので、ぜひ一度お気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

問い合わせ

ベトナムライフの関連記事

▼ちょっとマニアック?ローカルに愛されるベトナム料理を紹介します!

ちょっとマニアック?ローカルに愛されるベトナム料理を紹介します!


▼【5分でわかる】オフショア開発の準備と必要なこと~オフショア開発初心者向け~

【5分でわかる】オフショア開発の準備と必要なこと~オフショア開発初心者向け~


▼【オフショア開発のメリット】なぜベトナムが人気なのか?

【オフショア開発のメリット】なぜベトナムが人気なのか?


▼ベトナムはクラフトビールの聖地!?ホーチミンでクラフトビールを楽しもう

ベトナムはクラフトビールの聖地!?ホーチミンでクラフトビールを楽しもう


▼コーヒー天国と言えばベトナム!オススメのカフェチェーン店8選

コーヒー天国と言えばベトナム!オススメのカフェチェーン店8選


▼ホーチミンで多国籍料理を楽しもう!おすすめの多国籍レストラン

ホーチミンで多国籍料理を楽しもう!おすすめの多国籍レストラン

出典記事

▼ホーチミンでベトナム茶の飲めるおすすめカフェ3店
https://tripping.jp/asean/vietnam/ho-chi-minh/45741
▼Wikipedia:ベトナムの茶
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AE%E8%8C%B6
▼Vùng Trà Việt Nam
https://www.traviet.com/hieu-ve-tra/vung-tra-viet-nam/?fbclid=IwAR22Aeq-SehIqV56DFolsN_go74hSw2cc_D4SPje1uobaUjfZpjcEvQy_sg