アプリ開発やソフトウェア開発が広く一般的になった昨今において、その開発者の多くが使うサービスの一つである「Github」。今回はそんなGithubについて、どんなサービスなのか、何ができるのかをインストール方法や使い方なども併せてご紹介します。

1. Githubとは?

question mark

スマートフォンが普及した事に伴い益々大勢の人達に馴染み深い存在になっているのがアプリやソフト。どちらにも共通しているのはプログラマーが組んだプログラムによって構成されているという点です。

プログラマーはプログラムやコンピュータについて各々高い知識を有しており、多くのプログラマーが常に新しい技術に目を向けて習得し続けています。その中で、できるだけ迅速かつ効率的にプログラムを組んでアプリなどを完成させるためには、プログラマー間での情報共有も欠かせません。

そのように同じ目的を持って日々開発に励んでいる者達が手を取り合う場所として提供されているのが「Github」です。

2. Githubでできること

source code

Githubでは世界各国のプログラマーがデータを保存したり公開する事が可能です。
サービスの利用に際しては履歴を残しつつ更新していく事が可能であり、更には他の人が自らが手がけて公開したプログラムに対し必要に応じて修正が加えられる仕組みもあります。

Githubは、2つの単語が組み合わさって構成されている点からもわかるように2つの仕組みを組合せて作り上げられたサービスであり、Gitというのはプログラムを編集した日時や人物、編集をした部分を明瞭化させる目的で作られて公開された所以があります。

既に同様の管理を目的とした仕組みは存在していましたが、Githubが今日のように強い存在感を示し利用ユーザー数が増えた理由の一つとして追跡や記録、バージョンの管理などにおいて分散型が採用されているという点が挙げられます。
また、アプリやソフトを開発する事はより情報化を進めていく上で世界共通で重要性が高い事柄であるが故に、使用に際してできるだけ負担にならないよう無料で展開されている点も特長です。

個人はもちろん企業もサービスを用いて開発をする事が可能です。どちらにおいても基本機能の部分については無料で利用でき、金銭面における負担もなく思い思いに開発ができます。

3. Githubのインストール方法

PCを操作する人

このようにGithubはGitを纏めて展開されているサービスのため、使用する際はインストールをする事から始める必要があります。インストールについてはサービスを利用するコンピュータのOSによって作業内容が異なります。

3-1. インストーラーが提供されているタイプの場合

専用ページにアクセスするとインストーラーがインストールできる仕組みが整えられているため、インストーラーをコンピュータの中に入れてインストーラーを起動させればわかりやすい流れで環境構築をしてくれます。

3-2. インストーラーが展開されていないタイプの場合

元来インストールされているターミナルを用いてコマンドを入力していく事になります。これによりインストーラーが立ち上がります。手順に従いインストールをすれば環境構築ができます。

4.「ブランチ」とは?

planning

そして、サービスを利用していく際に馴染み深い存在になるのがブランチです。ブランチは英語で”枝”を意味しますが、このことからもわかるように目標に向かって進めていく作業内容の流れの事を指します。

定めてある目標に向かって要する流れをブランチで示す事になりますが、行っている作業によっては分けたり纏めたりといった判断を柔軟にしていく必要があります。

作業により分けたり纏めたりという判断を柔軟にする必要があるものの、基本が決まっているため新機能を開発したり追加する際にはブランチを切って、新たに手がけたものの中で開発をして保存するという基本的な流れを理解していれば、初心者であっても難しく感じる事はありません。

5. アカウント作成方法

workingman

Githubを利用する際にはアカウントを作る事が求められるため、公式サイトにアクセスを行いアカウントの情報を登録しましょう。

登録に際して入力する情報はメールアドレスやパスワード、ユーザーの名前です。情報を入力後はプランの選定をします。

提供されているプランは無料の他に有料もありますが、後から容易に変更する事が可能なため初心者の方はまず気軽に利用しやすい無料のプランから始めるといいでしょう。

無料のプランを選ぶ時にはfreeという選択肢を選択し、continueをクリックするとプラン選択が完了します。選んだ後はすぐに入力したメールアドレスに認証メールが届くため、メールに記載されている内容をよく読みながらユーザーの認証を完了させましょう。これにてアカウント作成は完了です。

6. まとめ

ユーザーの登録が完了しサービスが使えるようになったらすぐにプログラムなどの情報が見られるようになりますが、利用に関しては前もって理解しておくとより良い事もあります。

リポジトリという仕組みはファイルなど保存するスペースとして用いる事ができ、管理を行いたいものと連携をさせておけば対象のディレクトリの中にてファイルに変更を加えた履歴が一目瞭然かつ残し続けられます。

そういったリポジトリは個々のパソコンの中に記録するローカルとネットワーク上に記録するリモートに分類でき、ネットワーク上に記録したものをローカルに記録するといった使い方も可能です。

このように前もって仕組みをいくつか理解しておくと、よりGithubを活用していけるでしょう。

7. 開発ならバイタリフィへお任せ!

vitalify

バイタリフィではスマートフォン向けのアプリやシステムの開発はもちろんのこと、低価格で簡単すぐにアプリ開発運用ができるパッケージサービス“パズアップス”の提供、AI対応チャットボットの提供ベトナムでのオフショア開発などを、ご提案から企画、開発、開発後の保守運用までワンストップで提供しております。

ご相談は無料ですので是非お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら