ベトナムでのオフショア開発を行うバイタリフィ日本法人でマーケ担当をしております清野と申します。

今回、弊社のオフショア先にいるメンバーがどんな人か?知っていただきたく、ハノイ拠点であるベトナム法人のスクーティーメンバーTamさんにオンラインインタビューしてきました!

今回は第4弾になります。ぜひご一読ください。

■お名前と仕事内容を教えてください!

清野:はじめまして!お名前を教えてください。

Tam:私の名前はNguyễn Phú Tâmです。ITエンジニアとしてスクーティーで働いています。

清野:具体的にITエンジニアとはどんなことをされてるのですか?

Tam:仕事内容については、現在ですと日本市場に向け、ソーシャルメディア管理ソフトウェア-ソーシャルネットワーク、マネジメントツール又はCMSのようなウェブアプリを開発しています。

清野:そうなんですね!Tamさんが対応できる範囲はどんなものがありますか?

Tam:バックエンド/フロントエンドどちらも対応できます。主な言語はPHPでLaravelフレームワーク使用し、他にはフロントエンドのJavaScriptフレームワークのVue.jsや、React.jsです。

■キャリアに関して教えてください。

Tam:スク―ティ―は、私が大学を卒業してから初めて働いている会社です。(21歳、新卒、来月7月1日で1年間)そのため、スクーティーで働く前は学生をしていました。プログラマーを教育するトップ大学となるFPT大学の情報技術を専攻している学生出身で、学生時代には、コーディングスキルを練習するために幾つかの小規模プロジェクトに参加し、自分で作ったプロジェクトもありました。

清野:新卒入社がスクーティーなんですね!学生時代からプロジェクトを作ってたなんてすごい・・・

■スクーティーに入社した感想は?

Tam:お客様の対応が出来て、とても勉強になっています。スク―ティ―の職場環境は設備が近代的ですし若い社員が多いのでとても働きやすいです。

清野:オフィス写真や動画でみましたがとても綺麗ですもんね!ちなみに、Tamさんのスクーティーでここが好き!みたいなところがあればぜひ教えてください!

Tam:プロジェクトチームの各メンバーと一緒に働くことができてうれしくて自由だと感じています。スク―ティ―で働くことで自分のキャリアパスが明確に見えているところが好きですね。

■なぜエンジニアになったのですか?

Tam:大学へ入る前、技術に関して興味があったからです。また、エンジニアになったのは、ウェブアプリを作成して現代生活における生活の質を向上させるためにプログラミング言語、ソースコードを使うことが好きからです。例えばAmazonのようなアプリを作れたらいいと思っています。理由は、ベトナム人はAmazonを知っている人が少ないからです。

あとは、自分が欲しい物を買うためです。

清野:生活の質向上!すごい!ぜひ、生活を支える素敵なアプリ、作ってほしいです!

■エンジニアの仕事は楽しいですか?それはなぜですか?

Tam:大学時代にプログラミングの仕事を好きだと思っていたので、専門でできて楽しいです。開発チームのメンバーとして自分の価値を見つけられていますし、テクノロジーの変化を毎日理解できている点が楽しいと思っています。

清野:まさに天職ですね!では逆に、エンジニアのお仕事で大変なことはありますか?

Tam:私のようなエンジニアのお仕事は大変なことが多いと思います。例としては、各プロダクトを作ること及び発展することに対して、技術・知識に関する要求がとても高いです。さらに、高品質のあるプロダクトを作るためにいつも細かいことまで認識する必要があります。

■今回合格した資格はどんな資格ですか?

Tam:最近、合格したのは“Laravel”認定試験です。この資格はPHP言語で国際的に認められるものとなります。

■なぜ今回、Lalavelの資格を取ったのですか?

Tam:今の仕事でPHP言語及びLaravelフレームワークを使っているからです。この資格を取ったことで仕事の面において、信頼及び昇進のチャンスを作ることが可能だと思ったというのも理由の一つです。実際、私の知識、経験を証明するものとなりました。

清野:資格をもっていることとても強みだと思います!認定試験自体、どのくらいの期間勉強したのですか?

Tam:仕事においてLaravelフレームワークを使うことは2年間(経験)になっています。勉強自体は1ヵ月間集中して勉強し資格を取得することができました。

■Laravelを用いて、これから挑戦してみたいお仕事(プロジェクト)は何ですか?

清野:資格取得を経て、今後Laravelを用いて挑戦してみたいプロジェクトがあれば教えてください!

Tam:ソーシャル、Eコマース、ロジスティックなどに関するプロジェクトに挑戦したいです。様々なチャレンジ、様々な発展チャンスを取得することで素晴らしいプログラマ又は素晴らしいマネージャーになるモチベーションにしたいです!

■今後のお仕事の目標を教えてください。

Tam:長期目標は、将来管理職になりたいと思っています。さらに、専門スキル又はプロジェクト管理経験が豊富である管理者レベルのスタッフになりたいです。引き続き頑張りたいです!

■まとめ

開発者たち

Tamさんありがとうございました!

弊社ハノイ拠点には技術力の高いTamさんのようなエンジニアだけでなく、コミュニケーション能力に長けた日本語堪能の通訳も豊富にいます。開発相談など、お気軽にご相談いただければと思います。

また、スクーティーのインタビューはこれまでに第3弾まで行わせていただきました!ぜひ、そちらもチェックいただければ幸いです!

お問い合わせはこちら

■関連記事

スクーティ社員インタビュー一覧です。

▼ハノイ拠点インタビュー第1弾: IT通訳リーダー Hangさん

▼ハノイ拠点インタビュー第2弾: テクニカルリーダー Tuan Anhさん

▼ハノイ拠点インタビュー第3弾: ISTQBの資格を持つテスター Utさん