お店やビジネスの情報をSNSで受け取ることももはや普通となっている現在、店舗を持っているビジネスオーナーから人気を集めているのがLINE@です(2019年にLINE公式アカウントと統合しましたが、わかりやすくするためにこの記事ではLINE@とします)。

SNSや広告などで新規顧客を集めても、その後リピーターを作るのに苦労している、ユーザーに効果的に情報を届けたいという人にうってつけなLINE@。今回はLINE@とはなんなのか、どのように使うと効果的なのかをご紹介します。

1. LINE@(LINE公式アカウント)とは?

LINE@とは

日本ではメッセンジャーツールの圧倒的なシェアを誇るLINEですが、LINEのビジネスアカウントとして提供されているのがLINE@です。

LINEといえば、個人間のメッセージやグループを作ってのグループチャット、オンライン通話、タイムラインへの投稿などができるコミュニケーションツールです。LINE@は、主にビジネスシーンで利用されるアカウントのことで、店舗などによって運用されるアカウントになります。

例えば、お店に行って「LINE@に登録してお得な情報を受け取ろう!」と言ったキャンペーンを目にしたことはないでしょうか?LINE@のアカウントを登録することで、その店舗からの情報が届きリアルタイムでセール情報などを受け取ることができます。

2. LINE@に向いているのはどんな業態?

LINE@とは

LINE@は、TwitterやInstagramといったSNSと少し違って基本的にLINE@のアカウントの友達になった人に対して1対1のように見える形で配信されます。プッシュ通知がされる、日常のコミュニケーションで使われるため目にしてもらえる頻度が高いなどの特徴があるため、リピーターを集めるのに向いており、リアル店舗を持つ業態にて使用されていることが多いようです。

例えばアパレルショップ、雑貨店、スーパーマーケットなどでは日々のセール情報や新着商品の紹介を行うことができますし、飲食店や美容室のアカウントでは予約をLINE@を通じて受けることもできるため、お客さんが電話をして予約を行う必要がなく便利です。

最近では有名人がLINE@アカウントを持ち、ファンが本当にその俳優や女優とLINEでやりとりしているかのような体験をできるようにしているアカウントもあります。お店、個人関係なく、リピーターやコアなファンを引きつけるためにLINE@を活用しているところが多いようです。

3. LINE@のメリット

改めてLINE@を使うメリットをご紹介していきます。

3-1. リアルタイム性が強い

LINE@とは

LINE@では、通常のLINEと同じようにプッシュ通知を送ることができます。大抵のユーザーはLINEのプッシュ通知を受け取るように設定していることがほとんどなので、プッシュ通知を送ることで情報をリアルタイムにユーザーに届けることが可能となります。

もちろんユーザーの側で通知をオフにしていることもありますが、普段のコミュニケーションでも使うLINEなのでアプリを開く頻度も多いことから目につきやすいことは確かです。

タイムセールの情報や新着商品の紹介、メディアサイトであれば記事公開などのタイミングに合わせてメッセージを送ることで、集客を行うことができますね。

3-2. 利用者が多い

LINE@とは

LINEの利用者数は2020年3月末の時点で8,400万人を超えています。日本の人口の約6割が使っているとも言われており、これは他のSNSに比べても圧倒的にLINEは普及していると言えるでしょう。

家族や友達とのコミュニケーションをLINEで行っている人が圧倒的に多い日本ではLINE@を使ったマーケティングがより活用されやすい土壌があります。他のSNSではあまり効果が出なかったという場合でも、より利用層が広いLINE@であればうまくいくこともあるかもしれません。

3-3. ユーザーとのコミュニケーションを取りやすい

LINE@には1:1のトークができる機能もあり、ユーザーとのコミュニケーションが取りやすいのも特徴です。定型のメッセージであれば自動返信にも対応しているので、お問い合わせ的な使い方もできますし、またはお店の予約などをするのにも使えます。

メルマガだとメールソフトを開いて開封する必要があり、また場合によっては迷惑メールフォルダに振り分けられてしまい目にされないことも多いですが、LINEだとブロックされない限りはユーザーの元へ確実にメッセージを届けられます。

ユーザーへリアルタイムで情報を届けるとともに、LINE@限定クーポンの配信などを合わせていくことでユーザーを引きつけることができ、より密なコミュニケーションをユーザーととっていくことが可能になります。

4. LINE@の費用は?

LINE@とは

では、LINE@はどうやって登録し、費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

LINE@アカウントは、LINEの公式ページから登録することができます。料金は無料から始められるので、まずは試してみたいという人でも安心です。

フリープランであれば1,000通までのメッセージが送れます。

ライトプランは5000円、スタンダードプランは15000円〜となります。どのくらいメッセージを送るか、どんな使い方をしたいのかでプランを決める必要がありますが、基本的には追加のメッセージ数によって課金料が増えていく仕組みになっています。

5. LINE@運用のコツは?

では、LINE@の運用のコツはなんなのでしょうか?基本的に他のSNSと同じようなことに気をつければ良いとも言えますが、他のSNSよりもより目につきやすい性質があるので頻度や情報の質にはより気をつける必要があると言えそうです。

5-1. 目的と、誰とコミュニケーションを取りたいのかを明確にする

LINE@とは

アカウントの方向性にブレがあると、誰のためのアカウントなのかわからなくなり情報の有益性が薄まってしまう可能性があります。誰のために、どのような目的でどんな情報を発信していくのかを明確にしておきましょう。

例えば、レストランの新規顧客向けであればおすすめのメニューや空いている時間などを発信して行ってみようかなという気分にさせたり、初回来店でクーポンを使えるようにしたりと言った施策が有効になってきますし、リピーター向けであれば2度目の来店から使えるクーポンを発行したりしても良いでしょう。新しいメニューを発信して新たな体験をしてもらいに来るのも効果がありそうですね。

5-2. 定期的に有用な情報を届ける

LINE@とは

SNSやLINE@ではとにかく定期的に情報を発信することが必要です。なかなか情報がこないアカウントをフォローしておこうと思う人は少なく、また情報もあまりに有益な情報が少ないと飽きてしまいブロックされます。

逆に、頻度が多すぎても通知が来るのに疲れてブロックされてしまうということもあるため、ユーザーの邪魔にならないような頻度を探していく必要があります。

LINEを登録してくれている人がどんなものを求めているのかを分析し、適度な頻度で情報を届けていくことがLINE@を継続的に使ってもらうためのコツです。

6. LINE@のまとめ

LINE@はうまく使えばリピーターを獲得するのに効果的な媒体です。最初は無料で使えるため、しっかりとターゲットの分析を行い戦略を立てて使ってみましょう!

7. 企業が失敗しがちなSNS運用ならバイタリフィへお任せください

SNS運用プラン~全て外注なしの自社対応可能~_株式会社バイタリフィ

現代においてSNSにはテレビと同じくらい、もしくは、それ以上の影響力があるといわれています。スマートフォンこそが一番身近にあるインフラといえます。

そんな中、SNS運用を始めてみたという方も多いのではないでしょうか?

「いざSNS運用を始めてみたけど、思った以上の効果が出ない・・」そんな時は、適切なタイミングで興味・関心を持ってもらえる情報を発信することがSNS運用において大切なポイントになってきます!

インターネットの発達により情報過多な世の中だからこそ、適したSNS運用を行いアプローチに繋げていきましょう。

ランディングページの作成や撮影からデザインまで外注なしの自社対応可能なSNS運用代行に興味はありませんか?【ご相談は無料です】

問い合わせ

7-1. 関連記事

▼片手間運用でもフォロワー増!Twitter初心者がヤリ手の企業担当になるまでの7週間

【Twitter】片手間運用でもフォロワー増!Twitter初心者がヤリ手の企業担当になるまでの7週間

▼SNSマーケティングにはUGCが不可欠?!どうやって活用すればいいの?

SNSマーケティングにはUGCが不可欠?!どうやって活用すればいいの?

▼たった1回の投稿で上位表示可能?!インスタグラムのストーリーズの活用方法とは

たった1回の投稿で上位表示可能?!インスタグラムのストーリーズの活用方法とは

▼ファンマーケティングを成功させるには?事例もご紹介!

ファンマーケティングを成功させるには?事例もご紹介!