訪れた場所や口にした食事や、一緒に過ごした人達をいつまでもずっと綺麗に残し続けられる上に自分以外の人達とも気軽に閲覧して楽しめるのがSNSです。

最近では、あらゆるサービスで写真が気軽に投稿できるようになっていたり、写真の投稿に特化したサービスもあります。

今回はSNS映えする写真の撮り方に関して説明していきます。

1. なぜSNS映えが必要なのか

メディア

今日では思い出を残す術やコミュニケーションを取る術としてSNSの存在感が高まっています。

美しく撮影したり、自分が理想とする世界観が表現できるようにSNS映えに拘っている方も少なくはないでしょう。

また、SNS 写真 撮り方において大事なポイントを抑えている作品を残す事ができれば、既に交友関係がある方から良い反応をしてもらえるのはもちろん、まだ交友関係を持った事が無い方とも繋がれるようになったり、メディアからも着目されてますます活躍の場が広げられますよ。

2. SNS映えする写真の特徴

スナップ

2-1. 配色

SNS映えする写真に共通している特徴は、一見してお洒落な印象が感じられる雰囲気です。雰囲気と一言で言っても難しいですよね。その場合は、配色が重要になります。

撮影しアップロードした写真において主役として見てもらいたいのが洋服であるのなら、主役の洋服が目立つように背景などにもこだわりましょう。例えば、洋服などを目立たせたい時には、背景などにこだわり、黒色や白色など落ち着いた色を選べば良いです。

しかし、場合によっては、洋服などの雰囲気に合っているのならカラフルであっても問題ありません。次に説明していきます。

2-2. 被写体の位置とバランス

SNS 写真 撮り方を意識する時にいつも念頭に置いておく必要があるのは、投稿した画像を閲覧するのはスマートフォンを使用しているユーザーがとても多くて、スマートフォンのディスプレイに表示されている画像を目にするということです。

パソコンなどのモニターに比べるとスマートフォンのディスプレイはコンパクトであるが故に、SNS映えをする作品にするには表示されているサイズがそう大きくなくても目を引く印象にするのが大切です。

そのため、SNSとの相性が優れている作品を残したいのならできるだけカラフルな被写体を見つけるようにしつつ、シャッターを切る時には周囲を見渡して他に同様にカラフルな物の有無を確認し、カラフルな物があるのなら一緒に画角に入れてみましょう。

3. SNS映えする写真の共通点

ファッション

SNSの写真がスタイリッシュな印象や先進的な印象が持たれているのは、これまではブランドなどが撮影する写真を誰もが気軽に撮影しアップロードできるようになっているためです。

スタイリッシュかつ先進的な印象の作品は、普段の日常とは一線を画する非日常感を覚えるのも共通点なので、普段の生活では目にする機会がそう多くない広い空間を背景にしたり、多くの人々が写真集などで目にした機会がある場所に訪れて記念撮影を撮影してみると良いです。

他にも馴染み深い食べ物などであるものの、イメージしている物や慣れ親しんできている物よりも突出して大きさが大きい物などもSNS映えする写真なので、大きさが大きな食べ物などを名物として提供しているお店に出かけて舌鼓を打ちつつ、写真撮影に挑戦してみるのも着目してもらえるきっかけになります。

4. 写真の撮り方の基本テクニック

写真撮る風景

このように、目を引く被写体を選定する事と共に、SNS 写真 撮り方で欠かせない基本的なテクニックを次に述べていきます。

作品として残したり、整理された印象を与える時に大切なのが被写体における直線的な線をそのままの状態で記録する様子なので、真っ直ぐなままシャッターが切れるように目標となる物を表示させるようにしましょう。

真っ直ぐに表示できるようになるのはスマートフォンに元来搭載されている線の存在が挙げられ、表示させる設定にすると縦と横に向かって細い線が表示されるようになるため、線に被写体の真っ直ぐな部分を被せるようにすれば自然に整った印象になります。

また、縦と横の線が交わっている部分が4つあるので、線が交わっている所に意識的に物を配置すれば構図を意識した仕上がりになる様子から、写真に精通しているプロが手がけたような仕上がりになるのも特徴的です。

さらに、咄嗟にスマートフォンを取り出して撮影した時などはバランスが乱れてしまう事例も稀有ではないですが、バランスが乱れた状態のままシャッターを切ってしまった時には、後から編集をすれば内部に内蔵されている機能が働いて自動的に正しいバランスに直してくれます。

5. フィルター加工のテクニック

雲

同じく編集によってSNS映えに繋げられる方法もあり、編集の画面では既に撮影が完了している画像に対してフィルターを掛けて加工をする事が可能です。

フィルターは明るさや色味を強調させるタイプの他に全体的に爽やかな印象になるタイプや暖かい雰囲気になるタイプなども用意されているので、被写体や表現したい世界観に合わせて自由に選べばSNSらしさがある様子になります。

加えて、加工を目的にしているアプリなども豊富に提供されていますし、撮影する段階から既に独自の世界観を作り出してくれるタイプもあるため、スマートフォンでありつつもフィルムカメラで撮影したように仕上がりますよ。

6. まとめ

SNS運用バナー

いかがでしょうか。

バイタリフィでは、投稿の写真撮影はもちろん、アカウント立ち上げからデータ分析まで幅広くサポートします。また、ランディングページの作成までワンストップで自社対応可能で、チームになって価値のあるものを作り上げていきます。

ボタン
▲詳細はこちらよりご確認ください。

関連記事

▼SNS、どんなものがあるの?【2020年版SNS一覧集】

▼あなたは何個知ってる?Twitterの無料分析ツール一覧!

▼LinkedInとは?ビジネスに活用できるSNS?