人手不足に悩む日本企業のソフトウェア開発リソース確保にあたって、ベトナムでのオフショア開発は欠かせない存在となってきています。

ベトナムでは国策としてITに力を入れていると言われていますが、具体的な数字で状況を確認したいと思います。

1. ベトナムで圧倒的な存在感の情報通信産業

ベトナム情報通信省による発表及び各種ニュース記事などによると、2019年ベトナムのICT業界(情報通信業界)における総売上は、1,123億5000万ドルといった規模になります。2019年の平均為替レートが109.56円なので、日本円換算だと12兆2,300億円となります。

これは、どのくらいの規模かというと2019年の日本企業売上高ランキングで、4位の日本郵政が12.7兆円、5位のNTTが11.8兆円ですので、仮に会社にするとその間くらいにランクインするイメージでしょうか。

一方で2019年ベトナム全体のGDPが約2,590億ドル(28兆2400億円)ですので、ベトナムにおける情報通信産業の存在感の大きさが分かるかと思います。

また総売上の成長具合で見ても

・2016年:680億ドル(1522兆ドン、当時1ドル=22,360ドン)
・2017年:758億ドル(1723兆ドン、当時1ドル=22,711ドン)
・2018年:1,023億ドル
・2019年:1,123億ドル

とあるので年々増加していることがわかりますね。それに伴い、情報通信産業がベトナム政府に収める税金も

・2018年:8500万ドル(2兆ドン)
・2019年:23億ドル(54兆ドン)

へと大幅に増加しました。なお急激に増えたのには、進出に伴う優遇税制、減免が一部の大手企業などで終了したものと考えられます。

ちなみに2020年の国家予算の歳入は651億ドル(1512兆ドン、1ドル=23,227ドン)ですので、国としても情報通信産業の拡大は、ぜひ推し進めていきたい政策であると言えます。

2. ベトナムのオフショア開発市場規模

しかしこの情報通信産業の総売上には、「輸出」と「ハードウェア」といった2つの大きな特徴があります。

2019年の情報通信産業における輸出総額は、2018年に比べて+10%増加した915億ドルとあるので、総収入の81.5%が国外向けの輸出で稼いだものです。

また情報通信産業のうちソフトウェア業界の総売上は2018年に比べて5億ドル増加した50億ドルに達したとあるので、総収入に占める割合はまだ4.5%と大変小さくまだ大半がハードウェアによる売上であることもわかります。

2019年のソフトウェアの輸出(オフショア開発)については直接の数字が出ていなかったので、いくつかの数字を元に推定してみましょう。


(1)ソフトの輸出がハードも含めた全体と同じ輸出割合だと推定すると、50億ドルx81.5%=40.75億ドルとなります。2019年の平均為替レート109.56円を元に計算すると、4,464億円です。

(2)2017年のソフトウェアの輸出額は、58.5兆ドン(25.8億ドル)でしたので、当時の総売上758億ドルからすると全体の3.4%となります。現在も同じ比率なら、1,123億ドルx3.4%=38.2億ドルで円換算すると4,187億円です。

(3)こちらの記事では、2018年のソフトウェアの輸出は37億ドル以上とあるので、当時の総売り上げ1,023億ドルからすると全体の3.6%となります。現在も同じ比率なら、1,123億ドルx3.6%=40.6億ドルで円換算すると4,450億円です。


よって以上(1)~(3)から、ベトナムのオフショア開発市場規模は、4,187~4,464億円と考えられ、仮に保守的に見ても4,100億円以上のマーケットサイズがあると言えるのではないでしょうか?

3. ベトナム企業が稼ぐデジタルコンテンツ市場

ちなみにベトナム企業は、デジタルコンテンツでどのくらい稼いでいるのでしょうか?先ほどの記事では、全体(1123億ドル)の0.76%とあるので8億5120万ドルと考えられます。

しかしベトナム国外への輸出が93%(7億9161万ドル)とあるので、わずか5,959万ドル(約65億円)が、ベトナム企業によるベトナムの国内で稼いだデジタルコンテンツの売上となります。

ここで重要なポイントは、「ベトナム企業による」の部分です。つまり外国企業がネットを通じて提供する分の売上は含まれていません。

ニュース記事でもGoogle、Apple、Facebookをはじめとする企業にほとんどの収益を取られてしまっていると報じられており、政府もベトナム企業がデジタルコンテンツで稼ぐ収益を今後2~3倍に高めるために支援していくと報じています。

余談ですが、ITハードウェアの輸出でも同じで総輸出額98%は、外資系企業(ほぼサムスン)によるものとありますので同じ構図ですね。

4. ベトナムのIT産業はさらに伸びる見込み

なお別の記事では、ベトナムの国策として2025年までに情報通信産業の輸出総額を1200億ドル、IT企業数5万、情報通信産業の従業員数130万人にする計画と報じられてます。

engineer | ベトナムでのオフショア開発のバイタリフィ

さらに拡大するベトナムのIT産業、この時流をうまく活用してビジネスを拡大していきたいですね。

5. ベトナムオフショアをビジネスに活用しよう

オフショア開発を活用している企業はどんどん増えています。
Offshore_1280x720
バイタリフィでは、2008年からのオフショア開発の経験を元に、新規サービスの立ち上げや、コストを抑えた保守対応を提供しております。

無料でご相談頂けますので、まずはお気軽にご連絡ください

問い合わせ

本記事内の画像は、表記の各サイトより引用したものであり、その権利は各権利者に帰属します。