• Amazon SES の送信制限の変更(AWSのサポートセンターは優しくて早い)

    ses-000

    どうも
    伊藤です。

    とあるサービスのメール配信でAmazonのSESを利用しているのですが、徐々に送信量が増え制限の変更が必要になったため、ここ(http://aws.amazon.com/ses/extendedaccessrequest/)から制限の変更を申請。
    この変更は初期利用時もSandBoxからの利用になっているため、実運用をする場合は必ず必要になる作業です。

    申請内容は以下2点で、リージョンは米国西部(オレゴン)。
    ・送信クォータ(24時間当たりに送信できるEメールの最大数)
    ・最大送信レート(1秒あたりにアカウントから受け付けるEメールの最大数)

    変更を依頼した制限値は、送信クォータは変更前の「20倍」、最大送信レートは変更前の「7倍」の値を申請。

    SESに制限が設けられている理由は「Amazon SESとISPとの信頼関係の構築」や「Eメール送信のボリュームやレートの不意の急増の回避」や「実績を基に送信アクティビティを徐々に増やす」などのため、一度もEメールのブロックや制限オーバーなどの実績がない状態では上記のような変更値が通る可能性は低いのではとも思いましたが、何度も申請するのも手間なため現行サービスから想定される最大値 + リスクを乗せて申請してみました。

    結果、ともにリジェクト・・・

    やはり駄目だったか・・・
    と落胆していたのですが、本文にもう少し詳しい情報があれば再度検討するという内容があったため、仕組みや必要な理由、ならびに熱い気持ちを長文で記載して再度申請!

    すると、ともに見事に認可をゲット!
    しかも時差もあるのに半日程度で回答の連絡がありました!

    AWSが更に好きになりました。

    ではでは。


  • いつでも一般公開日は緊張します

    どうも。
    伊藤です。

    本日、昨年秋頃から制作を進めてきたサービスを公開します。
    (自社サービスではなく請負案件のためサービス名は公開できませんが・・・)

    ユーザーの反響はどのようなものか?公開してから問題は起きないか?などの不安な気持ちや、達成感や期待感などの気持ちなど様々な感情が溢れ出てきます。
    制作期間が長ければ長いほど気持ちは高ぶりますが、期間が短くても、案件が小さくても毎回同様の感情が芽生えます。
    たまにプレッシャーの方が強く胸が苦しくなることもありますが、この感情や気持ちが大切であり、物作りの醍醐味なのかなぁと最近感じています。

    “いつでも一般公開日は緊張します”の続きを読む


  • Amazon EC2でWindowsServerを構築

    windows-server-2016

    どうも。
    伊藤です。

    先月から、AmazonEC2でWindowsServer2016を構築できるようになりました。
    2016から追加となった機能はこちら

    構築までの流れは基本的にLinux系OSと大きく変わらないのですが、以下8点をご注意ください。
    1. メモリは少なくとも2Gib以上にする
    2. 接続プロトコルのRDPの設定は忘れずに
    3. HOST名の設定
    4. Windows Updateの自動更新の無効化
    5. サーバマネージャの起動抑止
    6. 時刻設定
    7. 必要のないサービスを停止
    8. 電源オプションの変更

    1. メモリは少なくとも2Gib以上にする。

    Amazonのオフィシャルサイトのブログでも「2GiBのメモリを確保することを推奨」と掲載されており、実際に1Gibで試してみましたが、カクカクして使い物になりません。
    後述するサービス停止などで改善を図りましたが、やはり2Gibは必要なようです。

    2. 接続プロトコルのRDPの設定は忘れずに。

    Linux系OSを使う場合はSSHで接続して各種セットアップを実施するかと思いますが、Windows系の場合、RDP(3389)接続が主流になるかと思います。
    インスタンス起動後に接続できないという事にならないよう、セキュリティグループ設定時には必ずRDPポートの解放設定をしてください。

    3. HOST名の設定

    Elastic IPアドレス(固定IPアドレス)を設定していない場合、パブリックIPやDNS、ホスト名がインスタンス再起動の度に変わってしまいます。
    HOST名接続時に障害にならないよう、HOST名には予め任意の値を設定しておきます。

    4. Windows Updateの自動更新の無効化

    当たり前ではありますが、個人利用でない限りは無効化しておきましょう。
    AmazonEC2のWindowsServer2016の場合、予めサービスは停止されており、且つ手動更新になっておりました。
    自動更新になっている場合は手動に変更し、サービスを無効化しておきましょう。
    windowsupdate

    5. サーバマネージャの起動抑止

    OS起動時にサーバーマネージャーが起動場合、無効化しておきましょう。

    6. 時刻設定

    EC2の場合、初期設定はUTCのためJSTに変更しておきましょう。

    7. 必要のないサービスを停止

    初期設定のままだと、不要なサービスがいくつか起動されている状態です。
    コントロールパネルからサービス一覧を表示し、不要なサービスは停止してしまいましょう。

    8. 電源オプションの変更

    EC2の場合、初期設定は「バランス(推奨)」になっています。
    消費電力による費用の増減はないため、「ハイパフォーマンス」に変更しておきましょう。

    その他にも仮想メモリの設定やイベントログのサイズや管理方法の指定などありますが、AmazonEC2のWindowsServer2016の場合、概ね想定した値が初期値で設定されています。
    念のため、確認だけはしておきましょう。

    ではでは。


  1. ページ 1

  2. ページ 2

  3. ページ 22