ベトナムでのオフショア開発バイタリフィ日本法人で広報・マーケ担当をしている東田と申します。

先日、オフショア先であるベトナム法人のバイタリフィアジアへ出張に行ってきました。そこで、「オフショア開発を検討中」の方、「オフショア開発は興味ないけどアプリ開発ラボマガジン好きだから読んでるよ」の皆様にも弊社のオフショア先にいるメンバーはどんな人なのかを知っていただきたく思い、現地の日本語が喋れるメンバーの一部にインタビューしてきました!!!

その第三弾として、BPMの理想形と称されており、ベトナム法人の社長から直々に次期社長候補とも期待されているのNhiさんのインタビューの様子をお届けします。

*第二弾のバイタリフィアジアの「ママ」Haさんのインタビューはこちらから
*第一弾の紅一点の営業メンバー Anさんのインタビューはこちらから

■お名前 / 役職

バイタリフィアジアのインタビュー
東田:はじめまして!お名前と部署を教えてください。

Nhi:Nhiです。私はBPMをしております。

東田:BPM…。BPMとはどんなお仕事をするのでしょうか?

Nhi:Bridge Project Mamagerです。ブリッジSE(BSE)が一般的には有名ですが、Vitalify AsiaではブリッジPM(BPM)のポジションがあります。

東田:なるほどー!つまり、ブリッジPMということは、グローバルなプロジェクトにおいてプロジェクトの運営、品質、納期等に責任を持ち、プロジェクトを円滑に推進させる役割を果たすプロジェクト管理者の役割をするってことですね!

■これまでの経歴

バイタリフィアジアのインタビュー
東田:これまでの経歴を教えていただきたいのですが、バイタリフィアジア入る前ってどんなお仕事されていたんですか??

Nhi:私はずっとVitalify Asiaで働いていますよ!

東田:ということは、新卒からずっとですか?!

Nhi:はい、そうです。大学を卒業した後、大学院で更に研究をしました。その後に新卒でVitalify Asiaに入社しました。

東田:大学と大学院ではどのような研究をされていたのですが?

Nhi:経営学について研究をしておりました。具体的には不動産の価格判定についての研究ですね。

東田:Nhiさん、めちゃくちゃ頭良いのですね・・・・!

■バイタリフィアジアに入社した理由

バイタリフィアジアのインタビュー

東田:なぜ、バイタリフィアジアに入社しようと思ったのですか?

Nhi:最初の面談の時の櫻井社長と加藤さんのお話が良かったからです!熱意や会社のビジョンに惹かれました。

東田:そうなんですね、ぜひ私もそのお話聞いてみたいです!

Nhi:でも、入社に関しては、正直、最後まで悩みました。というのも、ITの知識が全くなかったので、いきなり、日系のIT企業で働くのがとても不安でした。ゲームをするのは好きなのですが、プログラミングの読み書きもできなかったので・・・。

東田:それでも、入社を決めたのは、櫻井社長と加藤さんのお二人のお話が非常に良かったからなのでしょうね!

Nhi:そうですね、お二人のお話が後押しになり、挑戦してみようと思いました!

ベトナムオフショアならバイタリフィへ

■コミュニケーションに関して

バイタリフィアジアのインタビュー

東田:Nhiさんはなぜそんなに日本語がうまいのですか?!大学で授業などあったのでしょうか?

Nhi:いえ、大学では学んでいないですよ。日本語の勉強をしたのは全てプライベートの時間です。

東田:どんな方法で勉強したのですか?

Nhi:日本語学校に通ったり、アニメや漫画を見て勉強していました。特に「るろうに剣心」をよく見ていました。

東田:やはり、好きなものからの影響は強いですね!海外の人つまり日本人相手のお仕事って大変じゃないですか?

Nhi:うーん、あまり大変と感じたことはないですね。Googleで調べれば大抵のことは理解できるし、正確な敬語でなくても、お互いに理解できればそれで良いと思っています。

東田:さすがNhiさん!お仕事のやりがいについて教えてください!

Nhi:締め切り前に完了して、達成感を味わえるところが好きです!何か作り上げるって楽しくないですか?

■ベトナムでの暮らしに関して

バイタリフィアジアのインタビュー
東田:Nhiさんはホーチミン出身なんですか?

Nhi:いえ、ダラット出身ですよ~。バイタリフィアジアのあるホーチミンからは200km以上離れているので、行くのに8時間以上かかります。

東田:そうなんですね。そしたら、今は、ホーチミンで一人暮らしなのですか?

Nhi:姉と一緒にホーチミンに住んでます!

東田:なるほど。ベトナムの端から端まで知り尽くしているNhiさんのおすすめなベトナムの場所はどこですか?

Nhi:「フエ」がおすすめです!日本で言う「京都」みたいな場所だと思います。古い建物がたくさん並んでて綺麗なんですよー。

■他社に負けないバイタリフィアジアの魅力

バイタリフィアジアのインタビュー

東田:他社に負けないバイタリフィアジアの魅力は何だと思いますか?

Nhi:ベトナムにある日本企業の中では、最も自由で優しい人が多いと思います。喧嘩することは滅多にないですね。マネージャーやリーダー陣が優しく、仕事が大変でも頑張れます!

東田:そんな、Nhiさんの今後の目標は何ですか?

Nhi:BPMとしてまだ知識が浅いので、業界により深く理解を持てたらいいなと思います。バイタリフィアジアのみんなは、若いのに仕事ができるメンバーばかりなので、負けないで頑張りたいです。

ベトナムオフショアならバイタリフィへ

【おまけ】■櫻井社長にNhiさんの印象を聞いてみた

バイタリフィアジアのインタビュー

東田:櫻井社長と加藤さんの話に感銘を受けて、バイタリフィアジアに入社したというNhiさんの印象を教えてください。

櫻井:とにかく、日本語力とコミュニケーション力が非常に高いです。大学・大学院でビジネスや経営を学んでいた為、どんなお客様の業界でも、キャッチアップがはやいですね。

例えば、医療に関わるコンシューマーサービスの心筋梗塞とか脳梗塞の異常を調べるというような案件においても、すぐに相手の事を把握してコミュニケーションをとっている為、顧客からの信頼が厚いです。

その為、先方の本部長がいらっしゃった時も、「今日は、Nhiさんいないですか?」とご指名を受けるほどですね。

まさにBPMメンバーのエースで、BPMの理想形です。僕は個人的に、バイタリフィアジアの次期社長になるんじゃないかなと思っています。

■コストを抑えて開発がしたい!それなら、オフショア開発がおすすめ!

Offshore

今や、オフショア開発をおこなっている企業はどんどん増えています。

日本国内ではオフショア開発に対して後ろ向きな先入観を持っている企業もいますが、開発ベンダーが国内であろうが海外であろうがはもう関係がなく、自社にあった選択する必要があります。

バイタリフィでは、弊社では2008年からのオフショア開発のナレッジを元に、仕様の理解を徹底することで安定した品質を担保しています。スマートフォンアプリ開発拠点としては、ベトナムでNo.1の実績を誇っております。

オフショア開発をすることによって、エンジニア単価が国内での開発の1/3まで抑えることが可能です。

無料でご相談頂けますので、ぜひ一度お気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

contact-or500

ベトナムとオフショア開発の関連記事一覧

▼【No.1老舗企業が教える】オフショア開発の課題・デメリットとは?

【No.1老舗企業が教える】オフショア開発の課題・デメリットとは?~ベトナム編~


▼ベトナム出張インタビュー第2弾:みんなの「ママ」 信頼が厚いラボマネージャー Haさん

ベトナム出張インタビュー第2弾:みんなの「ママ」 信頼が厚いラボマネージャー Haさん


▼ベトナム出張インタビュー第1弾:紅一点の営業メンバー Anさん

ベトナム出張インタビュー第1弾:紅一点の営業メンバー Anさん


▼オフショア開発とは?

【あなたはどのレベルの理解度?】オフショア開発とは