投稿日:

    カテゴリー 技術 / デザイン / 制作

    フレームワークの導入

    先陣をきった夏季休暇から帰ってきました、
    ネジを巻き直して残暑を乗り切ります。
    こんばんは、制作部すぎやまです。
    遠出らしい遠出はしなかったですが、
    海行ったり花火行ったり夏らしく過ごしてました。

    さて、フロントエンドエンジニアとして案件をこなしてきましたが、
    ここらで本腰を入れてJSフレームワークの導入を検討しています。
    React.js、AngularJS、Ember.js、Knockout.js、Backbone.js…
    過去に案件で使用したものもありますが、現在のトレンドは何なのかちょっと調べてみました。

    JSフレームワークトレンド2015@Google Trends
    JSフレームワークトレンド2015@Google Trends

    どうやら日本国内ではAngularJSがぶっちぎりのようです(笑)

    比較したもの以外にもPolymer.jsなどがありますが人気度は0でした。

    • React.jsはコンポーネントを極力ステートレスにすることで、コンポーネントを管理しやすくする。
    • AngularJSなどに代表される、いわゆるMVVM系のライブラリの特徴はデータが変更されたら自動的に表示が変わる。
    • Backbone.jsはデータは管理するModelと、表示を管理するViewに分け、さらにViewをコンポーネントごとに分けるという設計を提案します。

    といったそれぞれの特色、大規模or小規模サイト向け、規模によるスピードの差などどれも一長一短。

    特定のものに縛らず必要に応じて使い分けるのが正しそう。
    学習コストは高くなりますが。。。


    関連記事

    まだデータがありません。