UX から考えたターゲットとコンセプトの考え方

    coffee-cup-mug-desk-large

    ここ最近、UX についてネットの文献などで勉強しています。今までは UI と UX をごっちゃに考えていた部分があったため、ナンチャッテな部分が多かったことを自覚しました。そろそろ本を買ってみたいです。

    まだ勉強途中ですが、勉強の記念に UX の基礎となる、ターゲットやコンセプトといった部分を自分なりに考えたことや、仕事上で実感したことなども記載します。

     

    UXについて簡単なおさらい

    UX とは「User Experienc」の略で、サービスなどを使用した際に得られる「体験・経験」のことを指します。この体験というものは、「使いやすい」「また使おう」といった感情も含めます。よく言われている UX デザインとは、ユーザーが欲しい=価値があると思わせるものを把握し、設計することを指します。この中に調査も含まれていたりします(別の場合もあります)

    こうやって説明すると難しく感じますが、すごく噛み砕くと「使った人が好きになるものを作ろうとする意識」が UX かなと現状は思っています。

     

    ターゲット=誰を好きになるか

    UX で話したユーザーとは、制作者側で言うとターゲットやペルソナといった単語に値します。企画書に「ターゲットユーザー:年寄り」と書いてある部分です。

    このターゲットやペルソナといった単語でユーザーを考えていくと経験上、つごうのいいお客さんしか作れません。というのも、企画書のコンセプトを元に作成してしまうからです。身近に似た人がいたらいいですが、そんな都合よくもありません。

    やっていって実感したのは、ペルソナやターゲットといった誰を指すのかわからない単語を使わず、「誰のために作っているのかを明確にすること」が一番重要かと思います。個人的には更に踏み込んで、「誰を好きになって何をプレゼントするか」ということが大切だと思っています。

     

    好きにさせるためにはまず自分からターゲットを好きになる

    難しく商品やサービスに該当するターゲットはこういう人物像です、と考えるより「自分は○○が好きな人が好きなので、この商品を提案します」と言い切ります。そうすると、そう思うことで「この人は○○が好きだから△△のアイデアはどうだろうか」と創作意欲も沸いてきます。結果ユーザーライクになりやすいため、使ってくれる人にも好感が持たれやすいです。この考え方のいいところは、使っている側が好きと言ってくれるとこちらもユーザーが好きになるので、お互いに良い関係になりやすいことです。好きと言われて好きになるという言葉は一見変に見えますが、友人関係や恋愛関係に置き換えると変なことではない、大事な感情だと思います。

    この考え方になったきっかけは、ニフティさんが提供している「おたよりBOX」の企画・開発の背景を読んで思いました。実際に育児をしながら働く当社のママ社員の意見をもとに「働くママ」のための UX でデザインされた企画案です。

    ニフティ、“働くママ”のサポートアプリ 「おたよりBOX」 iOS版の提供を開始
    http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/150327004414/1.htm

    追記:なんか私は実践しています的な風に語っていますが、実際はできてないところが多いです。ただ私はピカチュウが泣いたら一緒に泣く程度には感受性あるのでそういう目線で制作できていけたらなと今後の方針として記載しています。

     

    コンセプト=自分達の強みはなんだろう

    ターゲットで大まかに話しましたが、具体的な企画案はターゲットを先に決めればおのずと解決できるかと思います。たとえば、クライアントからサイトのリニューアルを担当して欲しいといわれた場合、「このサイトを観る人にどういったメッセージを与えたいのか」「どこを見てほしいのか」など、具体的なヒアリングをしていけば、どういったことがしたいのか、どうターゲットに好かれたいのかが見えてくると思います

     

    コンセプトヒアリングシートを活用してどうしていきたいか聞いていく

    ヒアリングに自信がない人や、ぶっちゃけそうではないひとでも、ヒアリングで聞く項目は必ず絞っておいたほうがよいかと思います。Google の犬らしく検索したらいっぱいでてくるかとおもいますので、一度は検索して外の情報を手に入れると新しい見え方がでてくるかもしれません。

    個人的に良かったのは、「Webデザイナー必見!Web制作を失敗しない為のコンセプトシート」にある、「コンセプトシート」「ヒアリングシート」です。今現状の状態からどう改善したいかのヒアリングから、制作前のコンセプトに繋がる具体的な提案までこの2つのPDFで解決できる内容が多く、すごくいいシートだと思います。

    このシートの中にもありますが、コンセプトで一番キーになるのは「自分達の強みを理解し、どう生かすか」が個人的に重要かと思います。斬新なサービスが思いつくならいいですが、今のネット社会は似たサービスが多く存在します。LINE が人気だから LINE と似たサービスをしても誰が使うのか、という話になってしまいます。

    その中で、自分達しかできない強みは大きな武器になると思っています。具体的にはさきほどいった「○○が好きな人」にはまる内容が良いかと思います。ここが一番難しく、頭をひねる部分だと思います。ここは人によって変わっていく内容なのと、私もどうしたらいいのか手探り状態なので一旦保留にします。ひらめいたらその内書きますがその前にこうじゃない?と意見や宿題があったら欲しいです。お便り待っています。

     

    まとめ

    今回 UX を勉強してすごく感じたのは、私達みたいな制作者は「とりあえず上に言われたからそんな感じで作ろう」「修正きたからそのまま直そう」といった受動的でかつ、とにかく手を動かすことを優先してしまいがちだと思いました。

    もちろん手を動かして良い評価が得れればそれに越したことはないのですが、逆に「うーんなんか違う」といわれたとき、「何がその人の思う”違う”のか」「コンセプトやターゲットから観てその修正依頼は正しいのか」といった提案や思考が大事だと思います。すごくぶっちゃけちゃうとなるべく上のほうにいて意見を聞き流すだけの人にならないように気をつけないと今後マズイんじゃないかって思っています。

    一番大事なのはクライアントの意見ではなく、ユーザーが満足できる結果ではありますが、制作していくうちに忘れてしまうこともあります。私は仕様書大好きウーマンにならないように気をつけていきたいです。

     

    最後にコンセプトとターゲットから解決しようシートを置いて終わります。

    企画案

    今回はなんも触れてない解決案やキャッチフレーズといった内容がありますが、上の二つをクリアしたら大体決まる内容かと思っています。こんなこといってますが考えたことないので、今後やっている案件でできそうだったらやってみたいです。

     

     


    関連記事

    • 会話、対話、交渉(折衝)

      どうも。 伊藤です。 気難しいタイトルですが・・・要はコミュニケーションについてです。 私は大学を卒業してから14年間一貫して制作者、作り手側の立場として仕事を続けてきたため、創造力、企画力、制作力、技術力など作り手としての能力を磨き、日々アンテナを張り生活をしてきました。 ただし、実は最も重要な能力は「コミュニケーション能力」だと思っています。(当然ながら、作り手としての能力も兼ね備えている事が前提です。) モノを作る時、ほとんどの場合、誰かのために作ります。 自分のためだけに作るのであればコミュニケーションは不要かも知れませんが、自分以外の誰かのためにモノを作るのであれば、相手が本当に喜ぶモノ、必要としているモノを作るべきです。そしてそこで重要となるのがコミュニケーション能力です。

      コミュニケーション能力って?

       コミュニケーション能力を大別すると、「話す力」と「聴く力」になると思います。共に重要な力であり、どちらか一方が欠けてしまうとコミュニケーションに問題が生じますが、私の考えでは「話す力」 < 「聴く力」だと思っています。そして、タイトルにもあるように、状況や目的に応じてコミュニケーションの方法(会話、対話、交渉)を使い分ける力も必要です。  冗談を言って場を盛り上げたりする能力があれば、コミュケーション能力が高いという訳ではないので注意が必要です。状況に応じて必要な時に冗談を言い盛り上げているのであればそれはコミュニケーション能力の一つと言えますが、あくまでも一手段でしかありません。  当たり前の事しか書いていませんが、コミュニケーションに関わる様々な書籍にあるような細かなテクニックはさておき、まずは「話す力」、「聴く力」、「状況や目的に応じた使い分け」を意識するだけでもコミュニケーション能力は高まると思います。

      話す力

       アナウンサーのように噛まずに流暢に話しをしたり、ダウンタウンの松ちゃんのようにオチを入れて話しをする能力は、並大抵の努力では身に付きません。お笑い芸人など話しが上手い人を見ると産まれ持っての素養や能力のように感じる人も居ると思いますが、私は基本的には努力や勉強をした結果と考えています(松ちゃんは産まれもっての天才かもですが)。そして、さすがにアナウンサーや芸人などコミュニケーションのプロを目指すのは敷居が高すぎるので、まずは以下のような簡単な所から始めていく事をお薦めします。  ちなみに、会社のブログのため・・・私生活ではなく仕事、且つお客様とのコミュニケーションにフォーカスしています。 ・出だしを否定(でも、ただ、~ですが)から始めない。 ・相手の言葉に理解、興味を示した上で話す。 ・相手の性格や立場を意識して話す。 ・相手を喜ばせたいと思いながら話す。 ・熱心に真剣に話す。 ・自信を持った態度で話す。 ・自信が無い(曖昧、責任が取れない)事は話さない。 ・相手の目や仕草(反応)を見て話す。 ・自分の表情に気を付けて話す。 ・相手が話しをしたく(続けたく)なるように話す。  特別な勉強は必要なく、意識することで簡単に始められるお薦めのトピックス10選です。あくまでも自論のため、ご参考までに・・・

      聴く力

       話す力同様に、聖徳太子のように何人もの話しを同時に聴き分ける力は必要ありません。こちらも同様に意識することで簡単に始められるお薦めのトピックス10選をご紹介します。 ・うなずき、あいづちをしながら聴く。 ・相手の話しを遮らない。 ・相手の目や仕草を見て話しを聴く。 ・自分の表情(微笑みなど)や仕草(反応)に気を付けて話しを聴く。(話しやすい環境を作る) ・内容に興味を持って(または興味を持っている風に)話しを聴く。 ・言葉や文字に捉われず、相手が伝えたい内容に目的を絞り話しを聴く。 ・相手がどのような気持ちで話しをしているのかを意識して話しを聴く。 ・相手の性格を意識して(話し相手がどういう人なのか興味を持って)話しを聴く。 ・相手を尊重して話しを聴く。 ・素直な気持ちになり話しを聴く。  コミュニケーションは相手が居て初めて成立します。という事は、話しを聴く力は非常に重要であり、ここを怠るとどれだけ話す力があってもそのコミュニケーションからは信頼や安心は生まれません。重要だと書きながら私自身もできていない事が多いですが、とにかく相手が話し易い環境を作り、相手の話しを引き出し、そしてそこから安心や信頼を築き上げる対応が重要だと思っています。

      状況や目的に応じた使い分け

       上記の話す力、聴く力は仕事上での「対話や交渉」においてのトピックスに偏っています。日常生活における家族、恋人、友人、同僚などとの「会話」であれば、必要のない項目もあり、逆に「会話」になると別途必要となるトピックスもあります。今回は仕事におけるコミュニケーションにフォーカスしているため、「対話」と「交渉」の違いについて書きたいと思います。  言葉の意味や解釈の違いはあくまでも私の自論のため、間違っていたらすいません。大切なのは、仕事上でのコミュニケーションも状況により手法を使い分け、しっかりとした準備と主張が重要という点です。プレゼンなどの資料を用意する時や成果物を納品する時は誰でも準備を怠りませんが、方やそれ以外のコミュニケーション(特に対話)についてはしっかりとした準備をせず、相手の目的を引き出せていない、目的を相手に伝えきれていない、その場しのぎ、と感じるケースが多いです。  私の解釈では、対話は「お互いを理解、信頼し合うために本音で話し合う事」で、交渉は「利害関係のある両者が互いの要求を主張し、両者の主張が最大になる妥協点を目指して合意形成する事」です。  対話や交渉というキーワードでも多数の書籍が出版されていますが、私が言いたい事は以下です。 ・対話をする前に、相手を知るための準備、自分を理解してもらうための準備をしておく。 ・信頼を得るには、会社や商品とは別に自分自身も売り込む(理解、信頼してもらう)必要がある。 ・対話をしないと信頼は生まれない。(交渉だけしていても信頼は生まれない) ・対話をできていないと交渉が上手くいかない。(両者の主張の最大の妥協点に落ち着かない) ・交渉は両者の主張が必要である。(相手の主張に合わせる事が交渉ではない) ・交渉は両者がWin-Winでないとその後継続しない。(両者の妥協点が一致しないと、その後の関係に繋がらない)  こんな偉そうな事を書きましたが、定期的に妻から「俺は!俺は!って煩いな・・・」と言われています。主張ばかりでは駄目ですね。気を付けます! ではでは。
      2018/02/22 技術 / デザイン / 制作 日常 / プライベート