スマホ専用統合開発環境「AIDE」がないと生きていけない

    こんにちは、神尾です。

    コーディング依存症ないしコーディング好きの人ならば携帯環境で開発したいと思ったことがあるはず。

    私も昔ガラケーに付属のメモ帳でコーディングをしていたことを思い出します。

    今はスマートフォン。いい時代ですね。

    Androidで使えるのは「Android IDE(AIDE)」というアプリで、AndroidSDK、Android NDK、libGDX、HTML5、Java、C/C++、JavaScriptの開発ができる統合開発環境です。

    主にAndroidアプリ作る用ですね。

    ただのエディターではなく統合開発環境だと言い切れる機能を紹介します。

    ※この記事はASPではありません

    機能

    ビルド&実行できる

    Gradleの実行が可能で、ビルドができます。
    もちろんその場で実行可能。Android機でAndroidの開発をするのでエミュレータではなく実機で見れるのはメリットですね。
    コンソールの吐き出しもできます。

    ただエミュレータはついていないので、複数の環境で試すことができないのはネック。

    Git対応

    自分的にはこれが一番ありがたいです。というか必須です。

    スマホで使えるGitクライアントは他にもあるのですが、クローンができなくてリモートリポジトリに直接コミットするなどあまり使えませんでした。

    コマンドはできなくてマージやブランチの作成など最低限の機能だけですが、とっても助かります。

    xmlビジュアルエディタ

    これは私は使っていないのでよくわかりませんが、
    Androidのレイアウトxmlを見た目を確認しながら編集できます。

    軽い

    多機能なのでいろいろ圧迫するかと思いきや軽いです。
    動作も基本はエディターなので軽いですし、
    容量はクローンしているプロジェクトの容量によるので、本体は小さいです。

    その他

    自動整形、ピンチイン・アウト、記号入力のショートカットなど、携帯機ならではの地味に役立つ機能がまじありがたいです。

    注意点

    日本の機種には弱い部分があるのか、不具合がいくつかあります。対策をまとめました。

    フリック入力・テンキー入力ができない

    できません。QWERTYキーボードを使ってください。手先が器用になります。

    日本語入力できない

    できません。メモ帳からコピペしてください。

    ビルドするとAIDEが止まる

    再起動ください。
    ちなみにビルドしてAIDEが止まっちゃった場合は以下の手順でコンソールが吐き出されるようになります。(Android6.0の場合)

    ①AIDEとアプリを閉じる
    ②アプリを開く
    ③AIDEを開く

    外部ライブラリがインストールできない

    外部ライブラリのダウンロードはできません。
    ダウンロードしてプロジェクトに含めて使ってください。

    ありがとうAIDE、そしてこれからも

    ちなみに有料で1200円とアプリとしては高いですが、個人的には安すぎると感じているぐらいです。
    無期限体験版もあります。

    AIDE- IDE for Android Java C++

    AIDE- IDE for Android Java C++

    appfourposted withアプリーチ


    関連記事

    • reactNativeを使ってアプリを作ってExpoで公開してみた

      ども 制作部夏目です。 今回のテーマは、reactNativeを使ってアプリを作ってExpoで公開してみたので、その紹介をします。 流れとしては、軽くreactNative,Expoの説明、最後にアプリの紹介でいきます。

      reactNative,Expoって何?

      reactNativeはfacebookが開発した統合環境ですが、開発環境としてはネイティブに関係するものが多く、エミュレータでは動作していても 実機デバッグをしようとした時に動かないといった問題が発生します。 この問題以外にもテスト用のプログラムを配布するには、iOSとAndroidでそれぞれ手間がかかり面倒です。 そこで登場したのが、Expoというサービスです。 ExpoはreactNativeに様々なライブラリを追加した環境を使った簡易的な アプリケーションの配布を可能とするツール群と、Expoで作成されたアプリケーションをexpo.ioから配布を可能にするサービスです。

      百聞は一見にしかず

      ここまで聞いてみたものの、自分が理解するには程遠いと思っているそこのあなた。 実際に動かしてみましょう。 reactNativeは、開発環境を整えなくても実行できるのです。 それがSnackと呼ばれるものです。 早速開いてみましょう。 すると 何やらゴニョゴニョと書いてありますね。 詳しくみていきましょう!!! まずimport〜 ですが、こちらは必要なモジュールやライブラリを読んでします。 次にexport〜ですが、こちらが表示部分を作っているところです。 最後のconst stylesはcssみたいな役目です。 exportで作った部分をどう見せるのか? スタイルを当て込むところです。 もう気づかれた方もいると思いますが、reactNativeはjava scriptを使って書かれています。 なので、java scriptをある程度書かれている方であれば、使いこなすのにさほど時間はかからないと思います。 実際に動かすには、 画面上部にある「▶︎Run」を押して、出てきたQRコードをお手持ちのスマートフォンで読み取ります。 動かすにはExpo Clientというアプリが必要になるのですが、ただアプリを動かすだけなら無料で使えますので、 インストールしてみてください m( _ _ )m iOSの方はこちら Androidの方はこちら さて、このReactNativeの何がすごいかというと、 iOSとAndroidの両方で動くアプリを作れるということ(クロスプラットフォームであるということ) 今まではiOSならswiftで、AndroidならJavaScriptもしくはGoで書いていましたが、 ReactNativeを使えば、AndroidもiOSもその垣根を関係なく、作れるということ。 今まで、iOSで実現できてたけど、Androidでは実装できない。なんてことがあったかもしれませんが、 reactNativeならそんなことはおきない(はず。。。😅)です。 長くなってしまいましたが、最後に今回作成したアプリの紹介をします。

      どんなアプリ?

      作成したアプリは、ぐるなびAPIを用いて、現在地付近のぐるなび掲載店を地図上に表示するアプリです。 何をいっているか、わからない方のために、実際に動かした画像をみてみましょう。 実装したのは、現在地検索機能、絞込み機能です。 苦労した点としては、既存のそれがそうであるように、地図上を移動した時に、その付近でもお店を検索できるようにしたこと、 現在地検索を押した時に現在地を中心にする処理です。 こちらは無料で公開していますので、下記URLからどしどしダウンロードしてみてください https://expo.io/@tnatsume/gurunavi これをAppStore、Google Play Storeでもダウンロードできるようにするのが次の目標です。 では、また次回の記事でいお会いしまShow🌟
      2019/10/22 技術 / デザイン / 制作