投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    漫画のような私

    どうもどうも。
    先日道にあったバナナの皮をふんずけて
    滑って転んでまるで漫画のような体験をしました
    上田です

    ちなみに顔を電柱にぶつけたこともあります。
    しょっちゅう漫画みたいな体験が目白押しです。

    踏切がおりてきたのに線路で転んだり足がつったりして
    見ず知らずの優しい方々に散々助けられて生きてきました

    前の職場では締め切り前は終電まで働いて
    会社で仕事をして
    家に帰ってからも個人で仕事をして、
    ろくに休憩もとってない日もありました。

    イラストやデザインは仕事なんですけど
    好きなことなので卒業制作の延長のような感覚で
    没頭してやってしまうところがあります。。

    終電での家までの帰り道、眠いしお腹も空いてるしで
    頭がろくに働いてない状態でよろよろ自転車に乗っていました

    自分でも謎なんですが
    下り坂でなぜか自ら前輪のみ急ブレーキをかけてしまい
    後輪が浮き、激しく転んで血まみれで倒れ、
    しばらく痛すぎて動けずに道路に倒れていると
    警察が助けてくれて人だかりができてしまい、
    大袈裟に救急車を呼ばれてしまいました

    ただ自ら激しく転んだだけなんですが
    事故にでもあったかのような
    大袈裟な事態になってしまい、
    恥ずかしくって眠気もバッチリ覚めました

    家の近くでの出来事で、
    もう深夜の1じをまわっていたので早く帰って休みたかったのですが
    病院まで行って一応検査をしてもらいなさいと警察に言われ、
    めんどくさいけど自らコケたせいで大袈裟になってしまったのに
    周りの方が優しく、とても心配してくれて
    なんだか後ろめたいので救急車に乗りました。

    レントゲンをとりましたが特に異常はなく、
    さっさとタクシーで帰ろうとしたらちょうど人身事故があったようで
    タクシーが出払っており、
    しかも検査の費用がバカ高くてびっくりして、
    真夜中に徒歩だと20分くらいかかる病院から
    足が痛くて疲れてヨボヨボなのに血だらけで徒歩で帰ることになり、
    あ〜。。。病院なんかにこなけりゃよかったと
    痛さと眠さに耐えながら歩いてて思いました。。。

    そんな感じのことが
    ちょいちょいあるんです。
    あほ丸出しです。
    こんな私ですがどうぞよろしくお願いします

    上田


    関連記事

    • 下北沢で謎解き街歩き

      どもどもー。営業部の稲垣です! つい先日、下北沢で開催されている「下北沢 謎解き街歩き」というイベントに行ってきました!   去年、東京メトロがやっていた同じような謎解きゲームで「地下謎への招待状」っていうのがあって、 それに参加したらすごく楽しかったので、今回も下北沢で同じようなイベントがやっているとの情報を聞きつけ早速参加してきました!!! (これを調べている時に、2019年版がもうすぐ始まる!というのを知って、思わず( ゚д゚)ハッ!っと声が出てしまい回りのスタッフに笑われました・・・w)     今回の下北沢の謎解きゲームも具体的な内容はネタバレになってしまうので言えないんですが、 1800円の謎解き専用キッドを購入して、町のいたるところに隠されたヒントを探しながら、 下北沢を散策するというゲームでした!   ゲームには特に制限時間とかはないので、 合間に自分の大好きなスープカレー屋さん「マジックスパイス」でランチしたり。     途中で疲れたらかき氷を食べたり。   ※かき氷の写真は撮り忘れたので、自分の好きな三茶にあるかき氷屋さん「和Kitchen かんな」のイメージ画像をw   街歩きしてる間にいろんなお店を発見して寄ったりしながらだったので、 結局午前中から夕方までかけて、無事謎解きは全てクリアすることができました!!!   前回のメトロのやつはいろんな街を巡るのが面白かったけど、 今回は下北沢を思う存分堪能することができたので、また違った面白さがあります!     内容も大人向けのむずーーーかしい内容になっているので、 飽きることなく楽しめるはずです!     この手のイベントが好きな人は、是非是非行ってみてください!!!   自分は、10月から始まるメトロの謎解きが楽しみでしょうがない・・・・・(・∀・)ニヤニヤ     それでは、本日はこの辺で失礼します!!! ではまた!!  
      2019/09/04 日常 / プライベート
    • 人生初の〇〇〇!!!

      ども、制作部夏目です。 バイタリフィは毎年8月が期終わりにあたり、9月6日に締め会を行いました。 人生初の叙々苑での焼肉です。 しかも、場所は恵比寿ガーデンプレイス KINTANもあった 今まで焼肉といえば、安楽亭(知ってる人は知ってる)が定番でした。 そんな、僕が、初めて叙々苑で焼肉を食べられる日が来るなんて。 まず店内から見る夜景がすごかったです。 39Fという高層階だけあってか、遠くの方まで見渡すことができました。 そのあとは、食事(今まで見たこともないような)が続々と運ばれてきました。 舌でとろけるお肉とはこういうのをいうんだなって思ったお肉でした その後にはMVPの発表がありました。 今年も惜しくも逃してしまいました。 来年こそ、獲りたいですね。 それと合わせてブログアワードの表彰式があり、 2ヶ月分の賞金もいただきました Switchまで残り1万円... 恵比寿ガーデンプレイスといえば、やっぱりここですね。 見る人が見ればわかるはず 今回の締め会では普段見ることのできない、後輩たちのお茶目な部分が見れて、楽しかったです。 やっぱりみんなで食う飯はうまい!!
      2019/09/08 日常 / プライベート
    • なぜ印刷業界からIT業界に?!成長に貪欲な営業リーダーが語るバイタリフィの魅力とは

      稲垣さんTOP こんにちは。バイタリフィ営業統括部の東田です。今回から不定期でバイタリフィのメンバー紹介をしていきます。初回は、我らが営業統括部のオフショア開発・自社商品・自社ソリューションリーダーこと、稲垣健太さんです!   ■ プロフィール 営業統括部 オフショア・自社商品・自社ソリューションリーダー。前職は印刷会社の営業部で約5~6年間勤務。主に、月刊誌やフリーペーパーなどの雑誌類を担当。新規開拓だけでなく、既存顧客のフォローでディレクター業も兼務していた。2017年12月に株式会社バイタリフィへジョイン。 好きな食べ物はひき肉料理、特に黒酢肉団子が好きとのこと。   ■ なぜバイタリフィに入ったのですか? 稲垣:前職で働いていた時に、世の中の需要に合わせたニーズがある業界で働きたいと思っていました。だって、雑誌がスマホで読めるようになったり、紙媒体もデジタル化がすすんでいるじゃないですか。業界が発展していくにつれて、スキルもどんどんアップグレードされていくのではとも考えていました。 そこでおいしいご飯を食べ歩くのが趣味だったっていうのもあり、「みんなでおいしいごはんを食べれる会社になります」というビジョンであるバイタリフィに一目惚れをしましたね(笑) 調べてみると、これから伸びていくであろうオフショア開発・AI系の会社で、風通しの良い社風だし、責任を持って自由に好きな仕事もやれる、もうここしかないとビビっと衝撃を受けました。   ■ 業務内容を教えてください! 稲垣:今は、オフショア開発とAIチャットボット等の自社ソリューションの営業をしています。元々、専門領域の知識があるわけではないし、人としゃべるのが好きで日々刺激が欲しかったので、営業を続けようと決めていましたね。 東田:どんな営業の仕方をしているのですか? 稲垣:コールや飛び込みなどは行っていません。当社の「問い合わせフォーム」からの引き合いやWebマーケティング(専属の担当者がいる)による集客がメインとなります。また既存顧客へ事例を案内し、興味を持ってご相談頂く事もあります。 東田:なるほど~!主に反響営業なのですね!問い合わせが来るって素敵な会社ってことじゃないですか!!!ちなみに、うちの営業をしていて難しい部分ってあるんですか? 稲垣:ライバル他社が多いのでそことの差別化をいかにうまくできるかですかね。自社の強みをどういう言い回し、表現、提案内容でお客様の業態やサービスに対してフィットさせていくかが難しい部分ではありますね。 オフショア開発についてはこちらから。 AIチャットボット「FirstContact」についてはこちらから。   ■稲垣さんが思う他社にはないバイタリフィの魅力は何ですか? 稲垣:FirstContactに関しては、何よりも、バックグラウンドが開発会社なのでお客様の要望に柔軟に対応できる事! オフショアに関しては、一体化してお客様とひとつのチームになれる事!今お取引させていただいているお客様は、自社でWebやアプリなどのサービスを展開されているようなお客様がほとんどです。一緒にお客様のサービスを成長させていく姿勢とアットホームな空気を大事にし、チーム一丸となり開発を進めています。 また、オフショアというと海外に開発部分だけ外注するというイメージが強いのですが、バイタリフィは100%自社内開発です!だからこそ、バイタリフィのオフショアは競合他社に比べると、より先進的で、一層魅力的です! 会社全体に関しては、開発全体の総合力が魅力です。何でも出来ちゃう各ジャンルのプロフェッショナルの集団って感じですね。デザイナーなのにコーディングができてしまうメンバーがいますし、何言語ものプログラミング言語操れるメンバーもいます。だからこそ、個性的な人やプライベートでもアクティブな人も多く、お互いを刺激し合っています。 稲垣さん2   ■一番印象的だった案件は何ですか? 稲垣:やはりミユキマンの案件が印象的でしたね。 今までは社内の業務改善やインサイドセールスのためのチャットボットの製作依頼が多かったが、今までやってきたのとは全く違う色のエンタメ要素が強い依頼で、改めて、チャットボットを作る上でのおもてなし(チャットボット利用者がいつ、何を考えて、どうやって使うか)を考えさせられた案件でした。 また、先方のやりたいことの幅が広かった分、うちでできることの幅の広さも実感できました。   ■次に挑む目標を教えてください 稲垣:各ジャンルで1番になりたいです。(笑)例えば、AIの会社といえばといえばバイタリフィ、オフショア開発会社といえばバイタリフィ。そんな風に代名詞化されるくらい有名な会社に成長できるように貢献したいです。   ■ 最後に、ここだけの秘密を教えてください(笑) 稲垣:レッサーパンダに似ていると最近入社したばかりの後輩にいじられます。似てないですよね? レッサーパンダINAGAKI 東田:いや似てますって。笑 他に興味のある業務領域とか他に実はやりたい事とかありませんか?笑 稲垣:実はデザイナーもやってみたいです!グラフィックやWebのデザイナー!だから、印刷会社で働くのも楽しかったのかも。元々、絵を描くのは好きで、賞ももらったことありますよ。ちゃんと、スケッチブックだって買いました。 東田:スケッチブック見たいです。見せてくださいよー。 稲垣:まだ何も書いてなくて白紙。これから書くよ(笑) 真っ白なスケッチブックの上に何を書いていくんでしょうか。 これからも稲垣さんの活躍が楽しみです。 (あ、今後ともご指導宜しくお願い致します。)
      2019/09/13 日常 / プライベート