投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    漫画のような私

    どうもどうも。
    先日道にあったバナナの皮をふんずけて
    滑って転んでまるで漫画のような体験をしました
    上田です

    ちなみに顔を電柱にぶつけたこともあります。
    しょっちゅう漫画みたいな体験が目白押しです。

    踏切がおりてきたのに線路で転んだり足がつったりして
    見ず知らずの優しい方々に散々助けられて生きてきました

    前の職場では締め切り前は終電まで働いて
    会社で仕事をして
    家に帰ってからも個人で仕事をして、
    ろくに休憩もとってない日もありました。

    イラストやデザインは仕事なんですけど
    好きなことなので卒業制作の延長のような感覚で
    没頭してやってしまうところがあります。。

    終電での家までの帰り道、眠いしお腹も空いてるしで
    頭がろくに働いてない状態でよろよろ自転車に乗っていました

    自分でも謎なんですが
    下り坂でなぜか自ら前輪のみ急ブレーキをかけてしまい
    後輪が浮き、激しく転んで血まみれで倒れ、
    しばらく痛すぎて動けずに道路に倒れていると
    警察が助けてくれて人だかりができてしまい、
    大袈裟に救急車を呼ばれてしまいました

    ただ自ら激しく転んだだけなんですが
    事故にでもあったかのような
    大袈裟な事態になってしまい、
    恥ずかしくって眠気もバッチリ覚めました

    家の近くでの出来事で、
    もう深夜の1じをまわっていたので早く帰って休みたかったのですが
    病院まで行って一応検査をしてもらいなさいと警察に言われ、
    めんどくさいけど自らコケたせいで大袈裟になってしまったのに
    周りの方が優しく、とても心配してくれて
    なんだか後ろめたいので救急車に乗りました。

    レントゲンをとりましたが特に異常はなく、
    さっさとタクシーで帰ろうとしたらちょうど人身事故があったようで
    タクシーが出払っており、
    しかも検査の費用がバカ高くてびっくりして、
    真夜中に徒歩だと20分くらいかかる病院から
    足が痛くて疲れてヨボヨボなのに血だらけで徒歩で帰ることになり、
    あ〜。。。病院なんかにこなけりゃよかったと
    痛さと眠さに耐えながら歩いてて思いました。。。

    そんな感じのことが
    ちょいちょいあるんです。
    あほ丸出しです。
    こんな私ですがどうぞよろしくお願いします

    上田


    関連記事

    まだデータがありません。