投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    学習マンガ大好き

    こんにちは。制作部のキツノです。

    子供の頃図書館・図書室に置いてあるマンガをかたっぱしから読んでた人です。

    そんな公共施設に置いてあるマンガといえばやっぱり学習マンガですが、その学習マンガが今注目されているようです。

    「これも学習マンガだ!」という、新しい世界を発見できるマンガや学びにつながるマンガを選出・発表して、「楽しみながら学ぶこと(=edutainment)」を推進するプロジェクトが2015年から始まっており、公式サイトでは様々な漫画やその活動が紹介されております。

    「これも学習マンガだ!」http://gakushumanga.jp/

    みてみると、いわゆる学習マンガしてる学習マンガ以外にも、普通の少年漫画や少女漫画なども取り上げられております。

    なんでもありに見えますが、実際全てのマンガはなにかしらの学習に繋がっていると思うのでこれを参考にもっと図書館・図書室にマンガを置けばいいと思います!(屁理屈)

    ちなみに私が通っていた小学校には「ハニ太郎です」というマンガが図書室に置いてありましたが、マジで下品なネタばっかりだったので今だにどうしてあれが置いてあったのか今でも謎です。

    でも図書館にも公共施設に置くようなマンガか。。?と思うようなものも沢山あったのであそこの地域はその辺振り切れてたのかもしれません。(でも面白かったからセーフ)

    それは置いといて、学習マンガでおすすめしたいのは「まんがサイエンス」です。気になった方はぜひ図書館で探してみてください!


    関連記事

    • 「話し方」ひとつで人生は変わる

      どうも。 伊藤です。 コミュニケーション能力の中で最も大切なものは何だと思いますか?

      最も大切なものは?

      状況に応じて必要となる能力は異なるため、どれが一番とは断定しにくいのですが、1対1の対面や少人数で話しをする場合、今回のタイトルである「話し方」は非常に重要なポイントになると考えています。 2年くらい前に書いた記事では「話す力」、「聴く力」、「状況や目的に応じた使い分け(会話、対話、交渉)」の3つのポイントを記載しましたが、今回はこの3つの中の「話す力」にフォーカスしています。 シーンとしてはプレゼンなど大勢の前で話すのではなく、少人数での「話し方」です。

      話し方とは?

      今回の話し方は「起承転結で構成して話す」などの話の内容や流れについてではなく、また口から発する言葉でもありません。 言葉を発する前後や言葉に付随する内容を「話し方」として括っており、2年前の記事からよりポイントを絞ってみました。 ちなみに、2年前に書いた記事で意識することで簡単に始められるお薦めのトピックス10選は以下のような内容でした。 ・出だしを否定(でも、ただ、~ですが)から始めない。 ・相手の言葉に理解、興味を示した上で話す。 ・相手の性格や立場を意識して話す。 ・相手を喜ばせたいと思いながら話す。 ・熱心に真剣に話す。 ・自信を持った態度で話す。 ・自信が無い(曖昧、責任が取れない)事は話さない。 ・相手の目や仕草(反応)を見て話す。 ・自分の表情に気を付けて話す。 ・相手が話しをしたく(続けたく)なるように話す。 んー、、、、、、多い! ということで3つに絞ってみました。 ・身振り素振り(表情含む) ・言葉を発するまでの間 ・肯定感(ポジティブ感) 数は減りましたが、具体例がないので何をやればいいか分からないですかね、、、

      あなたが嬉しいと思う事をやり、嫌だと思うことをやらないだけ

      話をする時の「身振り素振り(表情含む)?」「言葉を発するまでの間?」「肯定感(ポジティブ感)?」、、、 具体的に何をすればいいのか分からない。と思ったらまずは自分が話される側の時に、上記3点においてどのような内容であれば嬉しいか、嫌なのかを考えてみてください。 十人十色、個々人で価値は異なりますが、この感覚を大切にしているかしていないかだけで言動は大きく変わってきます。 鈍感?優しい?人など嫌に感じることが少ない人は逆に気配りができていないケースがあるため、多少いつもよりオーバーに、敏感に考えてみてください。 本当に少しだけ意識を変えるだけで大きく変わるのが「話し方」だと思います。 ではでは。
      2019/12/03 日常 / プライベート