渡り鳥

    お久しぶりです。

    最近暑くなってきました。

    3月頃からあまり外に出ていないので、春を感じる事なく夏が来そうです。

     

    家が田舎なので、

    リモートワークをしていると、窓外から数多の生きものの話し声が聴こえてきます。

    主に鳥です。

    中でもこの時期特に活発なのはツバメでしょう。

    コンビニに出掛けると、そこら中の空にツバメの家族が群れで飛んでいるのを見かけます。

    春から夏を日本で過ごし、

    気温が下がる10月、日本で餌となる昆虫が少なくなった頃

    台湾、フィリピン、オーストラリアなど3000~5000kmも離れた南の国に移動します。

    スピードは、時速45~50kmほど出ます。

    1日に最長で300kmも移動します。

    身体能力分けて欲しいです

    そんなツバメの巣が、2年前から我が家の玄関にあります。

    そして毎年5月初旬に親鳥が子作り、子育てをしに戻ってきます。

     

    今年も戻ってきました。

     

     

    1週間後くらいに巣の中を覗かせていただきました。

    小さい卵が5個あるではないですか!

    孵化するまでの期間、いつ見に行っても親鳥が卵に乗っかって優しく温めていました。

     

    その後、無事に全羽孵りました。

    ツバメは天敵が多く去年は蛇に卵を食べられてしまい全滅してしまうなど悲しい出来事もあったので、一先ず安心しました。

    それからは親鳥が朝から晩まで餌を持ってきて食べさせる作業を約3週間続けました。

    みるみるうちに大きくなり、巣が窮屈そうでした。

     

     

    5/30

    いつも通り朝様子を見に行ったら、巣は空っぽでした。

    無事に全羽巣立てたようでなによりです。

    少し寂しいですが、また来年。