投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベートタグ

    うちの父がかわいい件 – Oh my father!

    ごきげんよう、入社時、年齢どころか性別不詳だと同僚に思われていたことが判明したモリヤです。
    一度してみたい髪型は金髪坊主です。

     

    Hi there, it’s Koty.

    A colleague said that he wasn’t sure at first that how old I was and which my sex was too!!! I wish I had a chance to be bleached buzz cut. Well, I’m an unique woman and I’m in my late 30’s.

     

    父とは私がオーストラリア留学で日本の回線を解約して以来、Skypeで会話しています。(帰国以来、私のiPhoneはNo SIMで、なんだかテスト用機種みたいです。)

     

    My father and I have been chatting each other on Skype since 2018 when I canceled a contract with a Japanese mobile company, for my short study abroad. (After I came back to Japan, my phone looks like a tester because of No SIM.)

     
     
    初めての○○に戸惑う父 He perplexed his first…



     

    Dad: Blah-blah-blah…

     

    (Me: Reaction for dad’s message)

     

    Dad: I can see a hand mark, but I’m afraid I don’t know how and what I should do

     

    Me: Oh, it’s a just reaction. When you tap a smile mark next to a message, you can add an emotion

     
     
     
     

    言われてみたら、父にリアクションをしたのは初めてでした。
    この後、返事は返って来ませんでした…。私の説明が分かりにくかったのかも知れません。

     

    Come to think of it, it was first time I’ve ever added a reaction for him. After that he’s not replied to me yet… My explanation might haven’t been enough to understand.

     
     
    律儀に訂正する父 Father correcting sincerely


     

    Dad: I’m working. I can call after 6p.m.

     

    Me: I got it

     

    Dad: I’m OK now

     

    —Calling

     

    Dad: I’m sorry. A river which flows in Hamburg is Elbe

     
     
     
     

    電話を切って10分くらいしてから、誤った情報を私に話したことに気がついたようです。

     

    He seemed to notice that he had told an wrong information to me 10 minutes after ending a phone call.

     
     
    決して他を否定しない表現 Never denies others



     
     

    Me: Please text me whether you need or not before the end of the day because a right expires

     

    Dad: Thanks for caring me. My face can’t be holded by small one. I don’t need as I’ve bought masks. Big thank you for caring me. Please take care of myself COVID increases. I can’t say thank you enough

     
     
     
     
     

    シャープさんの小さめマスクが当たった際、いる? と実家に尋ねた時の返事です。
    まあ、小さめマスクは女性用かと思うので普通に母にどうかと思って聞いたのですが、マスクが小さいと責めない表現がいいですね。

     

    It is reply for when I had won a box of small SHARP masks, I asked to my father whether he wants to have it. I was thinking about for my mother, but it’s excellent behavior nothing denies even it’s a mask.

     

    ——————————————————————————キリトリ



     
     
     

    最後に、バイタリフィのブログデビューを報告したら、褒められてちょっと嬉しい。

    Finally, I’m a little glad my dad praised me.

     

    愛すべき父です。

    Beloved father.

     
     
     
     
     

    さて、公式ブログ当番の日なので映画紹介、行きます。

     

    As it’s my turn officially, I’m going to recommend a movie.

    『夢駆ける馬ドリーマー』(2005・アメリカ) / “Dreamer” 2005, The US

     

    骨折した牝馬を幼い娘の目の前で安楽死させることが出来なかった父が、その結果牧場の仕事をクビになっても自分の手元に牝馬を引き取って骨折を治し、紆余曲折の結果、レースに出そうとするお話です。
    娘役をダコタ・ファニングが演じていて、当時、寺田心くんとか芦田愛菜さんのような愛され子役でした。

     

    One day, a man who works at a stock farm couldn’t have a broken filly put down in front of his little daughter. He had the filly and was caring even though he had been fired. A few months later, he and his daughter train it as a racehorse.

     

    まあ、レースシーンでは牡馬が演じているんですけどね。
    Well, it was been acting by a horse(not filly) at race scene in fact.

     

    ストーリーが想像できてその通りに進むにも関わらず、それを押してもなお感動させる、綿密に作り込まれた映画の力を感じさせられました。
    ファミリーにもオススメです。

     

    I was so moved although everybody can imagine how the story goes. That might come from the elaborate power of movie. I can recommend the movie for the whole family.

     
     
     

    ところで現実の話、一時期サラブレッドが好きで、ウオッカの熱いファンであった私はオーストラリアの帰りにウオッカに会いにアイルランドに行こうと計画したものの、その前に亡くなってしまいました。馬房で脚を痛めて安楽死になったのです。

     

    ソーニャドール(映画の馬)は治してもらえたじゃないか!!!とやるせない気持ちになりました。
    その前にアイルランドに行くチャンスは一度ありましたし、現役時代も早めに気付いてさえいればトレセンに会いに行くチャンスもあったのに、自らタイミングを逃してしまいました。私はパドックの柵越しにしか彼女に会ったことがありません。会いに行ってもそんな近くまでは行けなかったろうけれど、ウオッカに触れたかったな。

    会いたい人(人じゃなくても)がいるなら、いつ何があるか分からないから、早く会っておくといいよ。

     

    In reality, I have an experience which I missed a chance to see forever. If you have a person, even it’s not a person, who you want to see, I think you should see as soon as possible, whenever you want. Nobody knows what happens when does.

     

     映画っていいものですよね。

    それでは、またお会いしましょう。

     

     Would you like to watch?

    Bye, see you!

     

    To see my newer blog


    To see my older blog