ベトナムの金魚を放す日

    こんにちは。
    制作部のミンです。

    ベトナムでは、金魚は神聖な生き物(乗り物)です。金魚は天国に行ける神様の乗り物だと言っていました。

    ベトナムで、毎年旧暦12月23日が「オンコン・オンタオ(オンタオが天に帰るお供えをする祭り)の日と呼ばれる「かまどの神様の日(吐君節)」とされます。
    その日に、ベトナムの各家族はかまどの神様に、伝統的お供え行事を行います。家庭内の事情を良く知るかまどの神は、一家の1年の善悪を報告するため鯉に乗って天に昇ると信じられていることから、人々は神が無事に天に昇れるよう、鯉を川や湖にに放したり、紙で作った鯉を燃やしたりします。

    伝説によりますと、鯉はかまどの神が天に行く唯一の交通手段です。神の鯉を供養する家族もありますが、大部分は生きた鯉3匹を供養します(「オンコン・オンタオ」は、女神と男神二人の三人が一組のかまどの神様のことです)。供えてから、紙製の冠、靴、鯉を燃やし、生きた鯉を池や川に放します。この行事が終わると、ベトナム人は掃除をしたり、家を飾り付けて、テトの準備を進めます。