投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    50年後、老人ホームで・・・あなたは何を歌いますか!?

    こんにちは。元介護士という経歴を持つ新米エンジニアの神尾です。

    介護施設でのお楽しみといえば「歌レク」。
    一人に注目が集まるカラオケとは違い、みんなでわきあいあいと歌うのが特徴です。
    ギターやアコーディオンなどの伴奏がつくこともあります。

    「歌声喫茶」が盛況なことから、五十代六十代の若年層にも人気のレクリエーションです。

    不思議なもので、認知症の方でも小さいころに歌った歌だけは覚えていらっしゃいます。
    たとえ自分で歌うことができなくとも、そばで聞いているだけで楽しくなったり昔に戻った気持ちになられるようです。

    歌の力ってすごいな、と・・・。

    そんな高齢者の方々と一緒に歌いながら、私はたまに考えていたことがあります。

    私がおばあさんになった時、老人ホームやデイサービスでどんな歌を歌うんだろう?

    ラジオ離れ・テレビ離れと言われて久しく、みんなが知っている「流行歌」というのがあまりない昨今。そんな中で、どんな曲が「歌レク」のラインナップに選ばれるのか考えてみました。

    エントリー1.崖の上のポニョ

    心に残りやすい歌といえば子供のころよく歌った歌。
    ジブリアニメのテーマソングはどれも印象深いですが、やはり元気で明るい気分になる歌がいいですよね。
    テンポの速い「となりのトトロ」と比べて高齢者が歌いやすいのもポイントの高さです。

    microphone8_oldwoman

    崖の上のポニョのサビの部分を歌う高齢者になった私たち(イメージ)

    作業療法士主導で「座ってできるポニョ体操」を踊る私たちの姿も容易に想像できますね。

    エントリー2.初音ミク

    音楽を聴くのはもっぱら「ニコニコ動画」などの動画サイト、という人も若い人には多いのではないでしょうか。
    そういう方はテレビでのメジャーな曲よりも、初音ミクの歌の方がなじみがあるかもしれません。
    10代~20代の人がおじいさんおばあさんになった時、ボーカロイドの歌が老人ホームで歌われる可能性も十分あるのではないでしょうか。

    roujin_egao

    「みっくみくにしてあげる」を合唱する高齢者になった私たち(イメージ)

    ただし、ちょっとテンポの速い曲が多いので、やはり息切れしないよう注意が必要です。

    エントリー3.黒夢

    ここまでにエントリーした女性ボーカルの曲は、男性の高齢者には少しキーが高すぎるかもしれません。
    ここで男性ボーカルの曲をエントリーしてもいいですね。

    少し世代がずれますが、少年時代に聞いた忘れられない曲として、黒夢の曲がやはり選ばれそうです。

    karaoke_otoshiyori

    黒夢の「MARIA」を歌う高齢者になった私たち<イメージ>

    なんだか肌もツヤツヤしてきそうですね。

    認知症になっても自分の好きな歌が歌いたい。

    ケアの現場では、「生活史」と呼ばれる、その人がこれまでどのように生きて何が好きで何が嫌いなのか。といった情報が重要といわれています。
    しかし実際には、ケアスタッフは家族から得た部分的な情報だけでケアせざるをえない状況があります。
    食べ物の好き嫌いといった情報すらなかなか入手できないのが現状です。

    現在私たちはSNSなどに気軽にパーソナルな情報を書き込むことができます。
    しかしインターネット上の情報はサイクルが早く、
    何十年も前の情報を見つけ出すのは困難な状況です。

    そんなパーソナルな情報を長く保存して、ずっと先も活用できるシステムが、これから必要になってくるのではないでしょうか。

    と無理矢理ITの話にしたところでシメたいと思います!


    関連記事

    • 雪は良かったのではないだろか - 日本で初めて体験した大雪

      こんにちは 私は日本で冬を迎えるのは2回目でしたが、大雪を見る機会はありませんでした。 しかし、今年1月に大雪が降って、すごくきれいでした。 雪が止んだ後、びっくりしました。 道、屋上、車、木など どこにでも雪を見ることができました。 道で子供だけではなく大人も雪だるまを作りました。 まるで真っ白な絵みたいな景色でした。

      (私と友達は雪だるまを作った)

            きれいな景色でしたが、不便なこともありました。 遅れる電車とすごく寒い空気も大変でした。 特別な大雪なので、雪がだんだんと氷になったのは 妊婦、お年寄りに対して危ないことです。 私にとって最初の大雪を体験出来たのは楽しかったです。
      2018/02/01 日常 / プライベート
    • 東京で一番おいしいベトナムレストラン

      こんにちは! ヴァンです。 私は東京に住んでいます。東京でたくさんのベトナム料理レストランへ行き たくさんのベトナム料理を食べました。 その中で、一番おいしかったのはTHI THI (ティティ)レストランだと思っています。 THI THIレストランの調理師は、よくベトナムへ勉強しに行っているらしいので、 料理の味は本場のベトナムの料理にとても近い味です。 THI THIレストランで食べると、本場ベトナム料理の味を思い出します。 料理がとてもおいしいです。 店名:THI THI (ティティ) ジャンル:ベトナム料理 予約:03-3731-1549 住所:東京都 大田区 蒲田 5-26-6B1 (蒲田駅東口から徒歩約4分) 営業時間:火〜金:17:00~23:00、 土・日・祝:12:00~22:00 定休日:月曜日 席数:36席 駐車場:無 メニューには有名なベトナム料理がたくさんありますので ぜひ行ってみてください。 どうもありがとうございました。
      2018/02/13 日常 / プライベート
    • 会話、対話、交渉(折衝)

      どうも。 伊藤です。 気難しいタイトルですが・・・要はコミュニケーションについてです。 私は大学を卒業してから14年間一貫して制作者、作り手側の立場として仕事を続けてきたため、創造力、企画力、制作力、技術力など作り手としての能力を磨き、日々アンテナを張り生活をしてきました。 ただし、実は最も重要な能力は「コミュニケーション能力」だと思っています。(当然ながら、作り手としての能力も兼ね備えている事が前提です。) モノを作る時、ほとんどの場合、誰かのために作ります。 自分のためだけに作るのであればコミュニケーションは不要かも知れませんが、自分以外の誰かのためにモノを作るのであれば、相手が本当に喜ぶモノ、必要としているモノを作るべきです。そしてそこで重要となるのがコミュニケーション能力です。

      コミュニケーション能力って?

       コミュニケーション能力を大別すると、「話す力」と「聴く力」になると思います。共に重要な力であり、どちらか一方が欠けてしまうとコミュニケーションに問題が生じますが、私の考えでは「話す力」 < 「聴く力」だと思っています。そして、タイトルにもあるように、状況や目的に応じてコミュニケーションの方法(会話、対話、交渉)を使い分ける力も必要です。  冗談を言って場を盛り上げたりする能力があれば、コミュケーション能力が高いという訳ではないので注意が必要です。状況に応じて必要な時に冗談を言い盛り上げているのであればそれはコミュニケーション能力の一つと言えますが、あくまでも一手段でしかありません。  当たり前の事しか書いていませんが、コミュニケーションに関わる様々な書籍にあるような細かなテクニックはさておき、まずは「話す力」、「聴く力」、「状況や目的に応じた使い分け」を意識するだけでもコミュニケーション能力は高まると思います。

      話す力

       アナウンサーのように噛まずに流暢に話しをしたり、ダウンタウンの松ちゃんのようにオチを入れて話しをする能力は、並大抵の努力では身に付きません。お笑い芸人など話しが上手い人を見ると産まれ持っての素養や能力のように感じる人も居ると思いますが、私は基本的には努力や勉強をした結果と考えています(松ちゃんは産まれもっての天才かもですが)。そして、さすがにアナウンサーや芸人などコミュニケーションのプロを目指すのは敷居が高すぎるので、まずは以下のような簡単な所から始めていく事をお薦めします。  ちなみに、会社のブログのため・・・私生活ではなく仕事、且つお客様とのコミュニケーションにフォーカスしています。 ・出だしを否定(でも、ただ、~ですが)から始めない。 ・相手の言葉に理解、興味を示した上で話す。 ・相手の性格や立場を意識して話す。 ・相手を喜ばせたいと思いながら話す。 ・熱心に真剣に話す。 ・自信を持った態度で話す。 ・自信が無い(曖昧、責任が取れない)事は話さない。 ・相手の目や仕草(反応)を見て話す。 ・自分の表情に気を付けて話す。 ・相手が話しをしたく(続けたく)なるように話す。  特別な勉強は必要なく、意識することで簡単に始められるお薦めのトピックス10選です。あくまでも自論のため、ご参考までに・・・

      聴く力

       話す力同様に、聖徳太子のように何人もの話しを同時に聴き分ける力は必要ありません。こちらも同様に意識することで簡単に始められるお薦めのトピックス10選をご紹介します。 ・うなずき、あいづちをしながら聴く。 ・相手の話しを遮らない。 ・相手の目や仕草を見て話しを聴く。 ・自分の表情(微笑みなど)や仕草(反応)に気を付けて話しを聴く。(話しやすい環境を作る) ・内容に興味を持って(または興味を持っている風に)話しを聴く。 ・言葉や文字に捉われず、相手が伝えたい内容に目的を絞り話しを聴く。 ・相手がどのような気持ちで話しをしているのかを意識して話しを聴く。 ・相手の性格を意識して(話し相手がどういう人なのか興味を持って)話しを聴く。 ・相手を尊重して話しを聴く。 ・素直な気持ちになり話しを聴く。  コミュニケーションは相手が居て初めて成立します。という事は、話しを聴く力は非常に重要であり、ここを怠るとどれだけ話す力があってもそのコミュニケーションからは信頼や安心は生まれません。重要だと書きながら私自身もできていない事が多いですが、とにかく相手が話し易い環境を作り、相手の話しを引き出し、そしてそこから安心や信頼を築き上げる対応が重要だと思っています。

      状況や目的に応じた使い分け

       上記の話す力、聴く力は仕事上での「対話や交渉」においてのトピックスに偏っています。日常生活における家族、恋人、友人、同僚などとの「会話」であれば、必要のない項目もあり、逆に「会話」になると別途必要となるトピックスもあります。今回は仕事におけるコミュニケーションにフォーカスしているため、「対話」と「交渉」の違いについて書きたいと思います。  言葉の意味や解釈の違いはあくまでも私の自論のため、間違っていたらすいません。大切なのは、仕事上でのコミュニケーションも状況により手法を使い分け、しっかりとした準備と主張が重要という点です。プレゼンなどの資料を用意する時や成果物を納品する時は誰でも準備を怠りませんが、方やそれ以外のコミュニケーション(特に対話)についてはしっかりとした準備をせず、相手の目的を引き出せていない、目的を相手に伝えきれていない、その場しのぎ、と感じるケースが多いです。  私の解釈では、対話は「お互いを理解、信頼し合うために本音で話し合う事」で、交渉は「利害関係のある両者が互いの要求を主張し、両者の主張が最大になる妥協点を目指して合意形成する事」です。  対話や交渉というキーワードでも多数の書籍が出版されていますが、私が言いたい事は以下です。 ・対話をする前に、相手を知るための準備、自分を理解してもらうための準備をしておく。 ・信頼を得るには、会社や商品とは別に自分自身も売り込む(理解、信頼してもらう)必要がある。 ・対話をしないと信頼は生まれない。(交渉だけしていても信頼は生まれない) ・対話をできていないと交渉が上手くいかない。(両者の主張の最大の妥協点に落ち着かない) ・交渉は両者の主張が必要である。(相手の主張に合わせる事が交渉ではない) ・交渉は両者がWin-Winでないとその後継続しない。(両者の妥協点が一致しないと、その後の関係に繋がらない)  こんな偉そうな事を書きましたが、定期的に妻から「俺は!俺は!って煩いな・・・」と言われています。主張ばかりでは駄目ですね。気を付けます! ではでは。
      2018/02/22 技術 / デザイン / 制作 日常 / プライベート