オフショア開発の増加現象

    WEB制作/スマートフォンアプリ開発会社プロデューサーの山下です。

    最近、オフショア開発のニーズが非常に増加傾向にあると感じます。

    お問い合わせの数も増え、エンジニアを求める声が高まっています。

     

    弊社にお問い合わせ頂く案件の殆どがBtoC向けのエンタメサービスです。

    ・ネイティブアプリの新規開発/保守運用
    (Objective-C、Java、Swift、Unity)

    ・Webサービスの新規開発/保守運用
    (JavaScript、PHP、Ruby、Java)

    また、最近のお客様はリモートでの開発にも慣れており、ChatWorkやSlack等を使ってコミュニケーションを図り大きなトラブルも無く円滑に進めているケースが多いと感じます。

    数年前はコミュニケーションが上手く行かず撤退と言ったお客様も多かったのですが、日本国内でもクラウドソーシングやフレックス制が普及している事も影響しているのか、リモートコミュニケーションによるリスクはかなり減っています。

    また、弊社も10年近くオフショア開発を行っていますので、コミュニケーション手法のナレッジも蓄積され、敷居はかなり低くなっていると思います。

    これからは国籍、場所などに左右されず如何に効率的にプロジェクトを進められるかが、サービス事業者の肝となるのだと思います。


    関連記事

    • AI(人口知能)ビジネス活用セミナー

      こんばんは。 ベトナムでのオフショア開発アプリ開発ラボマガジンアプリ開発会社バイタリフィの板羽です。 先日渋谷にてAI(人工知能)ビジネス活用セミナー及び懇親会を富士通クラウドテクノロジーズ様と共催しました。 注目度の高いAI関連のセミナーとあって多くの方に来場いただきました。 セミナー内容としては3部に渡りAI関連の講演がありました。 <第1部 > 富士通クラウドテクノロジーズ様にてAI活用にあたって重要なデータサイエンスについて ・そもそもAIとは? ・データサイエンスとAI ・AI活用のトレンドと現状 ・まずはここから!データ活用フレームワークのご紹介 <第2部> VitalifyAsiaにてAI×モバイル!ディープラーニングを活用した画像認識追従加工技術について ・スマホ上でディープラーニングが利用しやすくなった ・AI×モバイルでここまでできる! ・なぜベトナムでAIサービスの開発が良いのか? ・エンジニアの採用事情や、現地のスキルレベル <第3部> VitalifyAsiaにてベトナム国内におけるAI活用事例 ・ベトナム国内のAIサービス市場 ・ベトナム国内向けではAIを活用したどのようなサービス事例があるのか? 来場される方の多くは今後AI関連の事業を計画している方が多く注目度の高さがうかがえました。 また懇談会では来場者間でAI関連の情報交換を有意義に行うことができました。 今後も継続してAIセミナーを開催していきますので、ぜひご来場ください。
      2018/02/15 ベトナム / オフショア開発