投稿日:

    カテゴリー 技術 / デザイン / 制作

    ELASTIC LEADER SHIP

    制作部の里山です。

    技術系の本をたまに買ったりしますが、たいてい前半で挫折します。

    凝りもせず最近、ELASTIC LEADER SHIPという本を買ってみました。

    今のところ、まだ触りくらいしか読めていませんが、
    概要としては以下の内容です。
    本書は「エラスティックリーダーシップ」というリーダーシップモデルをもとに、チームを学習する力のある自己組織化された状態へと育てる方法を解説します。
    リーダーシップのスタイルをどのように使い分けるべきか。チームに学習することを学ばせるための時間の使い方とは。メンバーが真のコミットメントを示すための言葉遣いとは――。
    チームをより良くする実践的なヒントが詰まっており、チームリーダーやマネージャーだけでなく、チームで成果に取り組むすべての人におくる一冊です。
    ※商品説明より引用※

    管理者だけが対象読者ではないようですが、
    第一印象としては「管理者でありながら自分自身が忙しいと感じている人」にとって、
    結構グサッと来る内容に感じました。

    “リーダー”という言葉が肩書上のリーダーと思いがちですが、
    一般スタッフだけど職種はディレクターやPMをやっている、という人にはリーダーシップが求められるし、
    チーフエンジニアをしている人にもリーダーシップは求められるし、
    ミーティングのファシリテーションをしている人にもリーダーシップは求められるので、
    誰にとっても一読の価値はありそうな本です。

    では。